最もパワフルな
ツールを、すべての
人の創造力へ。

マウスやトラックパッドを使わずにビデオを編集することも、画面を見ることなくプレゼンテーションを作成することも、あなたの声だけで次のプロジェクトの重要なファイルを見つけ出すこともできます。Macは、驚くようなものを誰もが作り出せるように設計されているからです。

スイッチコントロール

Macのスイッチコントロール

スイッチコントロールは、身体機能に広範囲に及ぶ障がいがある方向けのパワフルなアクセシビリティテクノロジーで、macOSに直接組み込まれています。一般的にスキャンと呼ばれるシステムを使い、オンスクリーンキーボード、メニュー、Dockを操作できるようにします。Macに最も効率良くアクセスできるように、システム全体もしくはアプリケーションごとに適用させる独自のパネルやキーボードを作って使うこともできます。スイッチ、ジョイスティック、キーボードのスペースバーといった様々な適応デバイスも使えます。Multi-Touchトラックパッドをワンタップするだけで簡単に操作できるように設定することもできます。

macOS Sierraの新機能 スイッチコントロールのためのPlatform Switching

スイッチコントロールがPlatform Switchingに対応するようになりました。この機能を使うと、あなたのiCloudアカウントで同期させているほかのすべてのデバイスを一つのデバイスで操作できます。そのため、例えばあなたのMacをあなたのiPhoneやiPadから直接コントロールできるので、新しいデバイス上で個別にスイッチを設定する必要がありません1

Macのスイッチコントロール

macOS Sierraの新機能 滞留コントロール

macOSの新機能である滞留コントロールを使えば、ヘッドトラッキングまたはアイトラッキングハードウェアを使っている方がカーソルを動かしたり、画面上の項目を選択またはドラッグすることができるようになります。Dockにあるアプリケーションアイコンやウェブページ上のリンクなど、特定の場所にカーソルがとどまるとタイマーが現れます。そのまま一定時間が過ぎると、マウスのクリックなどの操作が実行されます。この操作はカスタマイズすることもできます。

オンスクリーンキーボード

macOSのキーボードビューアは、物理的なキーボードを必要としない、もう一つの文字入力方法を提供します。キーボードの画像がほかのアプリケーションの手前、つまり常に操作しやすい場所に表示され、画面に合わせて大きさをカスタマイズすることもできます。あとは、マウスなどのポインティングデバイスを使ってキー入力しましょう。複合キーを有効にすれば、オンスクリーンキーボードからキーボードショートカットを入力することもできます。

複合キー

複合キーは、複数のキーを同時に押す代わりに、あなたが一つずつ押した複数のキーを組み合わせてコマンドにします。CommandとS(保存)などのキーの組み合わせを入力すると、macOSがサウンドエフェクトとともに押されたキーを画面に表示するので、正しいキーが入力されたかどうかを確かめることができます。

スローキー

スローキーは、キーボードの感度を調整して、意図したキー入力だけが処理されるようにします。この機能は、キーを押してから入力が行われるまでの間に時間差を作ります。時間差の長さは調節でき、キー入力が認識されたことを音で知らせる設定も選べます。

マウスキー

マウスやトラックパッドを使うのが難しい場合は、マウスキーを使えばカーソルをテンキーで操作できます。テンキーの一つをマウスボタンとして使用し、ほかのキーは画面上を移動したりドラッグ&ドロップを行うために使います。メニュー、Dock、すべてのウインドウ間の移動も簡単です。

macOS Sierraの新機能 Siri

MacのSiri

Appleが作った賢いアシスタントのSiriを、macOSでも使えるようになりました2。Siriは、あなたがデスクトップでより多くのことをできるようにサポートします。インターネットを検索する、メッセージを送る、書類を探す、リマインダーを作成するなど、Siriにできることはいろいろ。様々なアクセシビリティの設定のオンとオフを切り替えることさえできます。

音声入力コマンド

macOSは、編集と書式設定のための50以上のコマンドを持っています。音声入力を有効にし、これらのコマンドをMacに声で伝えれば、段落を太字にしたり、文章を削除したり、言葉を置き換えることができます。Automatorワークフローを使って、独自の音声入力コマンドを作ることもできます。

MacのSiri

関連情報

サポート

ユーザガイド

スイッチコントロールおよび滞留コントロールガイド

スイッチコントロールおよび滞留コントロールガイドでさらに詳しく

このほかのApple製品にも身体機能のためのアクセシビリティ機能が
組み込まれています。
そのすべてを紹介します。