生態系

二次遷移

二次遷移は、そこにあった生態系がダメージを受けたあと、徐々に再生していく
過程で発生します。このレッスンにあるリソースを活用して概念を学んだら、
学習の場を野外に移し、身の周りにある実例を探します。

生態系の変化を観察する。

二次遷移の典型的な例の一つに、耕作放棄地があります。人が耕作をやめると、その土地はやがてもとの自然の状態に戻っていきます。「E. O. Wilson’s Life on Earth」の40章3節を読み、ビデオ40.3の「Starting Over」を観て、遷移の様々なルールについて学び、現実の世界では遷移がどのように起こっているかを探ります。

Life on Earth Unit 7

iBooksで無料ダウンロード

放棄地の生態系を探る。

あなたの地域にある放棄地や造成地にはどんな植物が現生しているか、また遷移の影響がどのように現れているのか、自然学習のための資料、公園の事務局、野生動植物の保護団体などを通して調べてみましょう。Pagesを使って遷移の影響を説明するためのストーリーを作成したり、RWT Timelineアプリケーションを使ってタイムラインを作成し、今後そこにどのようなことが起こるかを想像してみましょう。空き地にはどのような動植物が棲みつくことが予想されるのか、時とともに植物群がどのように変化していくのかを表してみましょう。地域を巡って、写真や情報を収集し、以前はどのような姿の土地だったのか、その変化にはどんな要因があるのか、今の状況と何がどのように変わっているのかを見極めましょう。

遷移の法則を応用して考える。

あなたの住む市や町で進められている高速道路や建設プロジェクトを例に取って、それが野生動植物の生息地にどのような影響を与えているか考えてみましょう。生息地がどのように分断されたり、環境が変化したかなどを、Sketchbook Expressアプリケーションを使ってイラストで説明してみましょう。

機能している生態系において、二次遷移は
終わることなく続くプロセスです

E. O. WilsonのLife on Earth

アースデイは、地球のことを考える日。

教材

アプリケーションや本など、アースデイの様々なコレクションをiTunesでご覧ください。

レッスンをカスタマイズする
Apple Renew

使い終わったあなたのデバイスを下取りに出したり、リサイクルすることができます。

さらに詳しく
Appleと環境

より良い世界を未来へ渡すためにAppleが
行っている活動をご覧ください。

さらに詳しく