プロ仕様のビデオ編集を、
さらに先へ連れて行きます。

新しいマグネティックタイムライン2を使った革命的なビデオ編集。自動メタデータと
カスタムキーワードによってクリップを見つける、パワフルなメディア管理。
新しいMacBook Proを最大限に活用する驚異的なパフォーマンス。
ポストプロダクションの効率を、さらに高いレベルへ引き上げます。

革命的なビデオ編集

ポストプロダクションの未来のために作られたFinal Cut Proは、従来のトラックベースの編集の束縛からエディターを
解き放てるよう、タイムラインを一変させました。美しくダイナミックな編集インターフェイスがもたらす驚異的な
速さと正確さを活かして、様々な編集を自由に試していけます。

マグネティックタイムライン2

これまで以上に、すべてが収まるべきところに収まります。ショットの組み立ては簡単です。クリップがまるでマグネットのようにぴったりとくっついて、タイムライン上にギャップを作りません。同じくマグネットのようにクリップ同士がよけあって、衝突や同期の問題を防ぎます。さらに自動カラーコーディング機能により、ダイアログ、音楽、エフェクトなどの異なる種類のオーディオを識別しやすくなりました。タイムラインインデックス内のパワフルなコントロールを使うと、タイムラインのルックを一瞬のうちにカスタマイズして、特定の種類のオーディオの編集に集中することができます。

マルチチャンネルオーディオ編集

タイムラインの中でサウンドをもっと細かく見ていきましょう。キーを1回押すだけで、オーディオファイルをその場で展開し、個々の要素を表示できます。チャンネル全体を有効、無効にしたり、範囲を選んでタイミングや音量を微調整するのも簡単です。組み込まれているオーディオフェードハンドルを使えば、トランジションをすばやくスムーズにすることができます。オーディオファイル全体を表示させる場合は、インスペクタにアクセスしましょう。ここでは個別のチャンネルの名前を変更したり、非表示にすることができます。マルチカムクリップで作業をしている時は、複数のオーディオソースの切り替えや統合がワンクリックでできます。

マルチカム

Final Cut Proでは、業界で最先端のマルチカム編集を行えます。64ビットエンジンを採用しているので、様々なフォーマット、フレームサイズ、フレームレートをネイティブで、かつリアルタイムで扱えます。マルチカムクリップの制作では、オーディオ波形を使って最大64アングルのビデオを同期させることができ、カスタム同期オプションを選べば、時刻、タイムコード、マーカーをもとに、撮影したビデオを正確に配置することができます。マルチカムクリップを調整する時は、アングルエディタのタイムラインの中でクリップをダブルクリックして開きましょう。それぞれのソースクリップを移動、同期、トリムしたり、それらにエフェクトを追加したり、カラーグレーディングを行うことができるようになります。編集を始める時はマルチカムクリップをプロジェクトにドロップするだけ。カスタマイズできるアングルビューアでクリックするか、キーボードショートカットを使えば、ビデオとオーディオをすばやくスムーズに切り替えていけます。複数のカメラで録音された複数のオーディオチャンネルも、ワンクリックで結合できます。

クリップ接続

クリップ接続は関連するクリップを1つにまとめます。Bロール、サウンドエフェクト、音楽などのクリップをタイムライン上で簡単に配置できるので、すべてを一緒に移動させることができるようになります。クリップを個別に移動させたい場合は、修飾キーを一回押すだけでクリップ間の接続が解除されます。クリップのつながりも一目でわかるので、プロジェクトをほかのエディターに引き継ぐ時も、編集作業をあとで再開する時もスムーズです。

複合クリップ

複合クリップを使えば、散らかったタイムラインを整理できます。複合クリップはライブラリに自動的に保存されるので、ほかのプロジェクトでも簡単に再利用できます。例えば、レイヤー化されたオーディオを使ってユニークなサウンドエフェクトを作る時などに活躍するでしょう。複合クリップはマルチカムクリップと同じように機能するため、あなたが加えた変更はすべて、あらゆるプロジェクトに含まれている同じ複合クリップに瞬時に反映されます。

オーディション

ユニークなオーディション機能を使えば、異なるショットを比較しながらパーフェクトなものを簡単に見つけられます。タイムライン上の一か所に候補となるクリップの複数のオプションを集めて、コンテクスト内ですばやく回転させながら見ていくことができるからです。様々なBロールショット、同じセリフの別テイク、エフェクト違いなどを自由にテストしてみましょう。ショットを入れ替えるごとにマグネティックタイムライン2がすべてを同期します。納品の形式や再生環境に合わせて1つのプロジェクトの別バージョンを複数作る場合も、オーディション機能を活用できます。

3Dタイトル

スタジオ品質のタイトルをクリック数回で作成できます。アニメーション化されたシンプルな3Dテンプレートから選ぶことも、背景が組み込まれた映画のようなテンプレートを使って、目を奪うタイトルを簡単に作ることもできます。数百もの素材、リアルなライティングオプション、テキストスタイルのオプションから選んでカスタマイズしましょう。どのタイトルもMotionで瞬時に開いて、思いのままにコントロールできます*。

カラーグレーディングとマスク

色補正エフェクトを使って個別のビデオスコープを最大4つまで同時に表示させながら、映像のカラーグレーディングをすばやく行えます。シェイプマスク、カラーマスク、そしてカスタム描画マスクを適用すれば、フレーム内の特定のエリアを狙ってカラーグレーディングを行ったり、そのほかのエフェクトを加えることができます。エフェクトは、あとから簡単に再利用できるように、プリセットとして保存しておけます。

高度なクロマキーイング

Final Cut Proの高品質なワンステップクロマキーに加え、カラーサンプリング、エッジ調整、ライトラップなど、さらに高度なキーイングコントロールも使えます。そのためモーショングラフィックアプリケーションに書き出さなくても、複雑なキーイング作業を進めていけます。しかも結果は瞬時に再生できるので、編集に関わる重要な決定をその場で下せます。

バランスカラー機能

すべてのカラーグレーディングの第一歩は、カラーバランスを整えることです。映像をバックグラウンドで解析したあとは、ブラウザかタイムライン上でクリックするだけで各クリップのルックを調整できます。バランスカラー機能は、高度なアルゴリズムを使って、肌色をより自然に見せながら、コントラストを高めたり、色かぶりを取り除きます。

スムーズに効率良く共有

カスタマイズできる共有インターフェイスを使えば、Final Cut Proの高品質なファイルをすばやく簡単に納品できます。iPhone、iPad、Apple TV、ウェブを含む幅広い書き出し先に合わせて最適化された書き出しプリセットを使うことも、Compressorを使って簡単にカスタム設定を作成し、そこにFinal Cut Proから直接アクセスしたり、ほかのエディターに送ることもできます。プロジェクト、クリップ、範囲の書き出しや、タイムラインへのチャプタマーカーの追加は簡単そのもの。同じメディアを複数の場所に書き出すためのカスタムバンドルの作成もワンステップで行えます。Final Cut ProはGPUのパワーを活かしてバックグラウンドでの書き出しを高速化するので、書き出し中でも編集作業を続けられます。ProResメディアの編集中にQuickTimeムービーをスピーディーに作成したり、マルチトラックオーディオを含むMXF OP1aマスターを作成することもできます。ProResファイルの書き出しにはレンダリング済みのエフェクトファイルを使うため、再レンダリングの必要がなく、出力がファイルをコピーする時と変わらない速さになります。

パワフルなメディア管理

ビデオエディターが対応しなければならないフォーマットや映像は増える一方です。でも効率の良い読み込みインターフェイスを持ち、
メタデータにもとづくパワフルな方法でメディアの整理ができるFinal Cut Proなら、そのすべてを簡単に扱うことができます。

ライブラリ

ライブラリには、ソースクリップ、カスタムMotionエフェクト、そして編集したプロジェクトを1つのバンドルに統合したものが入っています。あなたのコンテンツを別々のライブラリに整理して、アクセスしたいコンテンツだけが入ったライブラリのみを開くこともできます。Final Cut Proではライブラリ内にも外部の場所にもメディアを保存しておけるため、管理が簡単です。共同で作業をする時は、ライブラリをXsanボリュームまたはSMB 3ボリュームに保存しておけば、ほかのエディターも簡単にアクセスすることができます。

メディア管理に関するホワイトペーパー(英語)を見る

読み込みの統合

統合された読み込みウインドウは、様々なビデオカメラ、デジタル一眼レフカメラ、ドライブからシンプルな方法ですばやくメディアを読み込めるようにします。すっきりと整理されたインターフェイスには、メタデータの確認に理想的なカスタマイズできるリスト表示や、大量の素材を簡単にブラウズできるフィルムストリップ表示が用意されています。サイドバーを使えば、メディア管理、トランスコード、キーワードの割り当て、画像解析を、見やすく統合された1つのパネルで行うことができます。

コンテンツの自動解析

Final Cut Proは、編集中にバックグラウンドでソース素材を解析することで、メディアを準備する時間を大幅に削減します。コンテンツの自動解析機能は、撮影した映像をスキャンし、エディターが好む作業スタイルをもとにメタデータを生成します。そしてメディアの属性、カメラデータ、ショットタイプ、映っている人数に関する範囲ベースのタグをつけます。このタグを使うと、クリップの並べ替え、フィルタ、検索も簡単になるので、探しているものが見つかりやすくなります。

範囲ベースのキーワード

自分で作ったキーワードをクリップ全体またはクリップ範囲に割り当てて、映像を驚異的な速さで準備することができます。スキミングにより長時間の素材でも効率良くチェックでき、キーボードショートカットを使えばすばやくキーワードを追加できます。メディアを複製したりサブクリップを作成することなく、同一のクリップの複数の範囲にキーワードを割り当てることもできます。範囲ベースのキーワードと、コンテンツの自動解析によって生成される充実したメタデータを組み合わせれば、いくつか文字を入力するだけでどんなショットでも見つかるでしょう。従来の静的なビンと比べると、とても大きな進歩です。

スマートコレクション

スマートコレクションは、条件セットに従ってコンテンツを集めるインテリジェントな検索方法です。キーワードとクリップのプロパティを自由に組み合わせて検索条件を作り、スマートコレクションを1つのイベントの中、またはライブラリ全体に保存しましょう。スマートコレクションはメタデータにもとづいているので、ファイルをコピーすることなくコンテンツを整理できます。あなたがメディアを追加したり、より多くのメディアにタグ付けすると、スマートコレクションが自動的にアップデートされます。さらにすべての新しいライブラリには、あなたのために作られた便利なスマートコレクションがあらかじめ用意されているので、あなたの素材は作業を始める前から整理された状態になっています。

コンテンツライブラリへの
ダイレクトアクセス

大きなコンテンツブラウザが内蔵されているので、写真、音楽、サウンドエフェクトなどのプレビューや検索もFinal Cut Proの中で行えます。あなたの写真ライブラリから画像をすばやく選ぶのも、iTunesライブラリにあるオーディオファイルにアクセスするのも、Final Cut Proの中に用意された1,300以上のロイヤルティフリーのサウンドエフェクトを試すのも思いのままです。この大きなブラウザには、バンドルされたタイトルや、グラフィックスの背景とテクスチャを含むジェネレータも幅広くそろっています。使いたいコンテンツを見つけたら、ドラッグ&ドロップするだけであなたのライブラリに加えたり、タイムラインに直接追加することができます。

驚異的なパフォーマンス

Final Cut ProはmacOS Sierraと最新のMacBook Proのパワーを最大限に活用します。
だから最高の画質で作業をしている時でも、その速さは驚異的です。

MacBook Proのために最適化

Final Cut Proは、最新の高性能グラフィックス、高速のフラッシュストレージ、広色域のRetinaディスプレイなど、新しいMacBook Proに組み込まれているテクノロジーを最大限に活用します。そのため、より多くのビデオストリームをマルチカムで同時に再生しても、より鮮やかな、より現実の世界に近い色で見ることができます。より多くの画像やフィルタをリアルタイムで適用することもできます。ウェブへの書き出しも、これまでのどんなノートブックよりも高速です。

MacBook Proについてさらに詳しく

64ビットアーキテクチャ

より大きなプロジェクト、より大きなフレームサイズ、より多くのRAM内フレーム、よりディープなマルチレイヤーエフェクトにも対応します。

Cocoa基盤

Retinaディスプレイ用に最適化された反応の良いインターフェイスで、ダイナミックなフィードバックを見ることができます。

Grand Central Dispatch

すべてのCPUコアをインテリジェントに使った高速処理により、時間を節約できます。

ColorSyncで管理された
カラーパイプライン

Final Cut Pro、Motion、Compressor、QuickTime全体で、カラーの一貫性を維持します。

ネイティブフォーマットのサポート

Final Cut Proは、REDCODE RAW、Sony XAVC、AVCHD、H.264、AVC‑Ultraなど、これまでよりも多くのフォーマットにネイティブで対応します。MXFおよびMXFラッピングされたProResのサポートも内蔵しているので、MXFファイルの読み込み、編集、納品も簡単です。しかも解像度に依存しないため、4K以上のフォーマット、フレームレート、フレームサイズの組み合わせにも対応します。放送用の納品のためにProRes、AVC-Intra、XDCAMを共有しながら、ロールを使ってオーディオチャンネルを割り当てることもできます。MP3やAACを含む圧縮オーディオフォーマットを使った作業にも対応します。

GPUの有効利用

Final Cut Proは、エフェクトのプレビューやレンダリングにグラフィックカードのGPUを利用するため、より表現力豊かなプロジェクトの作業をリアルタイムで行えます。GPUの有効利用により、一段と高速なオプティカルフロー解析、RED RAWの処理、Compressorへの送信もできるようになります。さらにバックグラウンドでの書き出しも行えるので、編集を続けながらプロジェクトを納品することもできます。

共有レンダリングエンジン

Final Cut Pro、Motion、Compressorのすべてでオリジナル品質のレンダリングができるので、一貫性のある結果が得られます。

ProRes

Apple ProResは、ポストプロダクションを最大限に高速化し、解像度を最適化するように設計された高品質ビデオコーデックファミリーです。ProResならFinal Cut Pro Xで、ARRI ALEXAとAMIRAカメラのProRes Log Cを含む、フルフレーム4:2:2および4:4:4:4 HD、2K、4K、5K、またはそれ以上に大きなサイズのビデオソースを、リアルタイムでマルチストリーム編集できます。標準のOP1aフォーマットでMXFラッピングされたProResを、放送またはアーカイブ用に納品することもできます。

ProResは複数のプロセッサを活用し、バックグラウンドレンダリング、トランスコード、ウェブや放送用の書き出しを高速化します。ARRI ALEXAおよびAMIRAカメラなどのProRes Log Cファイルを使う場合、Final Cut Proは自動的に標準Rec. 709、またはRec. 2020のコントラストとカラーレベルで素材を表示します。

ProRes対応デバイスについてさらに詳しくProResに関するホワイトペーパー(英語)を見る

REDカメラのサポート

Final Cut Pro Xでは、REDCODE RAWファイルを直接読み込み、追加されたGPUの処理能力を利用して、すぐに編集をスタートできます。.r3dファイルをネイティブで扱うか、バックグラウンドでProRes 4444とProRes Proxyのどちらかにトランスコードするかを選びましょう。Final Cut Proを開いたまま重要なディベイヤーやカラー設定を調整して、望み通りのイメージにすることもできます。すべてのコントロールにアクセスしたければ、REDCINE-X PROアプリケーションを起動しましょう。RED ROCKETカードにも対応しているので、このカードを使ってREDビデオファイルの再生やトランスコードを高速化することもできます。

解像度に依存しない編集

編集作業では、SDから4K以上のイメージサイズに柔軟に対応します。iMac Retina 5Kディスプレイモデルでは、ブラウザとタイムラインのためのスペースを残しながら、フル4Kのビデオをピクセル単位まで正確に表示させることができます。

バックグラウンド処理

メディアの解析、レンダリング、トランスコード、移動の際に編集を中断する必要はありません。

プラグイン、デバイス、コンテンツ。
あなたのワークフローを
流れるように。

パワフルなアプリケーション、時間を節約できるユーティリティ、美しいグラフィックテンプレートなどがそろった他社製品の膨大なエコシステムを使って、Final Cut Proの能力と可能性をさらに広げることができます。

さらに詳しく