iOSとNew IT。

世界中の革新的なIT組織は、iPadとiPhoneで社員の生産性を高めることを
最優先にしています。企業ネットワーク上のiOSデバイスは簡単に管理できるため、
IT部門はユーザーの可能性を広げ、革新を推進するという最も重要な仕事に
集中することができます。

あなたのモバイル戦略にパワーを。

iOSのためだけに用意されている幅広いツールの数々を活用すれば、IT組織はアプリケーションの配布、デバイスの保護、ユーザーを中心とした取り組みによるデータ管理に必要なすべてが手に入ります。

セキュリティ

設計時から考慮された安全性。

iOSデバイスは箱から出してすぐに安全に使えます。そして、優れたユーザー体験をもたらします。こうしたことが可能なのは、AppleがすべてのiOSデバイスを動かすハードウェア、ソフトウェア、サービスを開発しているからです。すべての要素がセキュリティについて考えたうえで設計されています。

後付けではない、初めから組み込まれた
セキュリティ機能。

iOSの先進的な機能はシステム全体とデバイス上のすべてのアプリケーションを保護し、企業と個人のデータをシームレスに暗号化します。iOSはデバイスをオンにした瞬間から、安全なブートプロセスを開始します。通常のソフトウェアアップデートで、どんな新規のセキュリティの問題からもiOSを守ります。また、他社製のアプリケーションでも、社内アプリケーションでも、認証された方法でなければデータにアクセスできないようにする保護機能が組み込まれています。さらに、iOSデバイスは企業のネットワークにスムーズかつ安全に接続することにより、データ送信中もデータを保護します。

働き方を自由に。

効果的なセキュリティは生産性を犠牲にすることなく、適切なレベルでの制限を設定します。ユーザーは自分のアプリケーションやコンテンツでデバイスをパーソナライズし、所有者として責任を持ちます。iOSの管理フレームワークは企業データとアプリケーションを個別に管理するスマートな方法を提供するので、企業データと個人データをシームレスに分けることができます。その結果、IT部門はビジネスのリソースを管理し、個人データはユーザーのプライバシーとして保護されます。

プライバシーについてさらに詳しく

システム、アプリケーション、データを安全に保護するiOSの機能

  • MDM経由のソフトウェアアップデート
  • 信頼できるアプリケーションのセキュリティ
  • システムソフトウェア認証
  • Touch IDとデバイスのパスコード
  • アプリケーションのエンタイトルメント
  • アプリケーションの機能拡張
  • ファイルレベルのデータ保護
  • 暗号化
  • キークラス
  • Per-app VPN
  • シングルサインオン

ユーザーの生産性をサポートするiOSの機能

  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • メモ
  • リマインダー
  • Siriと音声入力
  • マップ
  • メッセージ
  • Safari
  • FaceTime
  • iBooks Store
  • App Store
  • iCloud

iOSのセキュリティ

iOSデバイスの高度なセキュリティ機能について紹介します。

PDFをダウンロード

管理

仕事を妨げない管理。

iOSにはパワフルで拡張性の高いMDMフレームワークが組み込まれています。そのため、IT部門は企業データを簡単に管理することができます。一方、社員は自分のデバイスを自由に、柔軟に、思い通りに使うことができます。iOSはすべての人の生産性を高めます。

コンテナを必要としないデータ管理。

iOSは、ユーザーにストレスを与え、生産性向上の妨げとなっていたコンテナやデュアルワークスペースの必要性をなくしました。iOSが提供するネイティブ管理フレームワークを使うと、アプリケーション間でデータフローを管理するのが簡単になります。Per-app VPNにより、個人データと企業データはネットワークの経路が確実に分かれます。さらに、Managed Open Inにより、会社の添付ファイルが個人のアプリケーションやクラウドサービスに保存されることを防ぎます。これらはすべて、ユーザーから見るとシームレスに行われます。そのうえ、MDMを経由してインストールされた企業のアカウントやアプリケーション、コンテンツはiOSから管理することができるので、IT部門は個人のデータに影響を与えずに、これらの削除やアップグレードを行えます。

より進んだBYOD体験。

New ITの世界では、ユーザー所有のデバイスは企業のデバイスとシームレスに共存します。MDMはビジネスのリソースを社員個人のデータやアプリケーションから切り離し、企業のデータを保護すると同時にユーザーのプライバシーを安全に保護します。MDMにオプトインすると、ユーザーはWi-Fi、メール、カレンダーなどにアクセスできるようになり、何が管理の対象になっているかを確認することもできます。サービスの利用が不要になったら、ユーザーはいつでもデバイスからプロファイルを削除してオプトアウトすることができます。

ビジネスと個人データを管理するためのiOSの機能

  • AirDropの管理
  • スクリーンレコーディングの管理
  • アプリケーション、本、ドメインの管理
  • アカウントの管理
  • Managed Open In
  • ドキュメントプロバイダーの管理
  • キーボードの管理
  • アクションの管理
  • ウィジェットの管理
  • 共有シートの管理
  • 写真編集の管理

ユーザー所有のデバイスに対応するiOSの機能

  • オプトイン登録
  • Over The Air構成
  • アプリケーション、本、ドメインの管理
  • アカウントの管理
  • 機能拡張の管理
  • より透明性をもたらすMDMのユーザーインターフェイス
  • 選択した企業アカウント、アプリケーション、文書の消去

Managed App Configuration

iOSはネイティブフレームワークを提供しているので、MDMソリューションを使えば、配布したあとでもアプリケーションを
構成することができます。Managed App Configurationを使えば、社員はすぐにアプリケーションを使い始めることができ、
IT部門はアプリケーション内のデータの適切な操作を確実なものにできます。

アプリケーションを構成する標準的なアプローチ。

EMM(Enterprise Mobility Management)ソリューションプロバイダが確立した標準スキーマを使えば、すべてのデベロッパはManaged App Configurationに対応できます。

ウェブサイトを見る(英語)

iOSデバイスとデータの管理

iOSデバイスとデータの管理についてさらに詳しく。

PDFをダウンロード

導入

どんな規模でも、
効率的に導入。

ユーザーがわずか数分で設定をすませ、デバイスを使い始めるのは、これまで以上に簡単になりました。iOSとAppleプログラムがあれば、組織はより柔軟で優れた管理のもと、デバイスとコンテンツを導入できるようになります。さらに、IT部門は主要テクノロジーの内蔵サポート機能を使って、iOSデバイスを既存のインフラにすばやく統合することができます。こうしたスムーズな設定はIT部門にもユーザーにも、メリットがあります。

企業のデバイスの設定を完全に自動化。

Device Enrollment Program(DEP)に参加すると、IT部門は他社製モバイルデバイス管理(MDM)ソリューションへの登録を自動化し、iPadとiPhoneにまったく触れずに構成ができるようになります。デバイスをワイヤレスの監視モードにすると、グローバルプロキシや、VPNの常時接続など、追加のコントロールを有効にすることができます。

Device Enrollment Programについてさらに詳しく

シンプルになったアプリケーションの配布。

IT部門は社員が必要としているアプリケーションを提供することにより、すべての事業部門の生産性をさらに高めることができます。Volume Purchase Program(VPP)を利用すると、App Storeのアプリケーションの検索、購入、ユーザーへの配布や割り当てがより簡単になります。また、iOS 10を使って、アプリケーションを直接デバイスに割り当て、配布することができます。Apple IDを事前に用意する必要はありません。VPPアプリケーションは、そのアプリケーションが利用できるすべての国のユーザーやデバイスに割り当てることができます。

Volume Purchase Programについてさらに詳しく

会社所有のデバイスを管理するためのiOSの機能

  • 登録の最適化
  • DEPによる効率的な設定
  • MDMのロック、監視モード
  • グローバルプロキシ
  • VPNの常時接続
  • 高度なコンテンツフィルタリング
  • デバイスの大規模クエリと完全なリモートワイプ
  • ホーム画面のレイアウト管理

アプリケーションとコンテンツを管理するためのiOSの機能

  • デバイスベースのアプリケーション配布
  • VPPの多国間対応
  • エンタープライズアプリケーションの信頼性向上
  • ネットワーク利用ルール
  • VPPによる管理対象アプリケーションの配布
  • Over The Airでの社内アプリケーションの配布
  • アプリケーション構成
  • 配布を最適化するキャッシュサーバ
  • 監視対象デバイスへのアプリケーションの自動インストール
  • ホーム画面で特定のアプリケーションの表示/非表示
  • アプリケーションごとの通知設定

iOS導入の概要

この文書では、iOS導入を最大限に活用するために重要な注意事項をご紹介します。

PDFをダウンロード

iOS導入リファレンス

大規模な組織でのiOSデバイスの導入や管理については、こちらのリファレンスガイドをご利用ください。

ガイドを見る