3D Touch。
次世代のMulti-Touch。

iPhone 6sでは、iPhoneを操作するためのまったく新しい方法を生み出しました。あなたがディスプレイに加えた圧力の大きさを、iPhoneが初めて感知するようになったのです。タップ、スワイプ、ピンチといったおなじみのMulti-Touchジェスチャーに加えて、3D TouchではPeekとPopが登場。これによりiPhoneの体験に新しい次元の機能性がもたらされます。3D Touchを使うとiPhoneが微かなタップを返してくるので、プレスによってできることを目で見るだけでなく、感じることができます。

PeekとPopのデビューです。

PeekとPopを使うと、あらゆる種類のコンテンツを実際に開くことなくプレビューでき、さらにそこから操作もできます。例えば、受信ボックスにあるEメールを軽くプレスすると、それぞれのEメールをPeekで覗いてみることができます。そのEメールを開きたい時は、少し深めにプレスしましょう。Popでパッと開きます。

開く前にEメールをPeekで覗いてみる。

実際にアクセスする前に、
ウェブサイトを見てみる。

新しい写真を撮っている最中に撮り終えた写真確認する。

住所をプレスして、その場所をPeekで覗いてみる。

クイックアクション。
あなたが頻繁にすることへの近道。

クイックアクションを使うと、あなたが最も頻繁にすることを、より速く、より少ない手順でできるようになります。よくやり取りする相手とメッセージを始める。瞬時にカメラを起動してセルフィーを撮る。帰りの道順をすばやく調べる。こうした操作の多くを、たった1回のプレスで、ホーム画面から直接行うことができます。

クイックアクションの多くはホーム画面から直接行えます。必要な操作は、たった1回のプレスだけ。例えば、電話アイコンをプレスするだけで、よくやり取りする相手の一人にすばやく電話をかけることができます。

3D Touchの奥にあるイノベーション。

ビデオを見る

3D Touchを覗いてみよう。

ビデオを見る

Live Photosへようこそ。ワンタッチで思い出いきいきと動き出します。

Live Photosは、まったく新しい写真の楽しみ方です。単なるスナップショットを超えて、その瞬間を動きとサウンドとともにとらえます。Live Photosの写真をプレスすると、思い出がいきいきとよみがえります。こぼれる笑み、砕け散る波、しっぽを振る犬。ここから新しい写真体験が始まります。

テクノロジーのまったく新しい次元。

3D Touchを使うことは簡単です。しかしその奥にあるエンジニアリングは、極めて先進的です。ディスプレイをプレスすると、容量性センサーがカバーガラスとバックライトの間の微細な距離の変化を瞬時に測定します。iOSはこれらの測定データを使って、指の圧力に対して、すばやく、正確で、連続的な反応をもたらします。これはソフトウェアとハードウェアが深いレベルで統合されているからこそできることです。iPhone 6sは微かなタップによる反応も返してくるので、あなたが加えている圧力を感知していることがわかります。

iPhone 6sのテクノロジーについてさらに詳しく
カバーガラス
3D Touch搭載Retina HDディスプレイ
容量性圧力センサー
Taptic Engine

アプリケーションにこれまでとは違う感触を。

3D Touchにより、iOS 9でできることはこれまで以上に広がるでしょう。でも、それだけではありません。あなたがApp Storeからダウンロードした、お気に入りのアプリケーションやゲームの体験もより深いものにします。デベロッパのみなさんは、感圧スケッチ、PeekとPop、クイックアクションなどの3D Touch対応のアクションを、自分たちのアプリケーションに組み込めるようになります。

3D Touch対応のアプリケーションをApp Storeで見る