日本におけるAppleの雇用創出

Appleは誕生以来、イノベーションを中心に置きながらまったく新しい製品を生み出し続け、
同時にまったく新しい産業を作ってきました。そして自らが行うべきことに集中し、ひたすら打ち込むことで、Appleは日本全国で71万5千を超える雇用の創出を後押ししてきました。Apple社内での雇用や、
Appleが支援する事業での雇用だけでなく、iOSアプリケーションを作るアプリケーション開発者、
ソフトウェアエンジニア、起業家のコミュニティもあります。これらの仕事は、私たちが8年前に
革命的なApp Storeを立ち上げる前は存在しませんでした。

私たちにとって重要なサプライヤーや、長く取引を行っているサプライヤーのいくつかは
日本の企業です。日本のサプライヤーに対する昨年度の支出額は300億ドルを超え、
これにより日本中で数十万の雇用を支援しました。こうした企業の多くはAppleとともに
成長を遂げ、Appleの事業にとって重要な役割を担っています。

71万5千

Appleが日本で創出または
支援した雇用の数

データの概要

44万5千

iOSとApp Storeの
エコシステム関連の雇用1

26万9千

Appleの支出と成長の結果、
他企業で創出された雇用2

2,900

日本における
Appleの社員の数

アプリケーションエコノミー

200万のアプリケーションがそろったApp Storeは、iOSアプリケーションのデザインと開発という、まったく新しい産業を生み出しました。

私たちがアプリケーションの革命に火をつけた2008年以来、AppleはiOSのエコシステムの一環として、日本で45万近くの雇用の創出を後押ししました。そして、全世界で500億ドル近いApp Storeの売上のうち、90億ドルを超える額が日本のデベロッパの皆さんに支払われました。

プログラマー、デベロッパ、起業家などの職業における雇用の増加は、Appleのイノベーションとテクノロジーなしには起こり得なかったでしょう。

データの概要

44万5千

iOSとApp Storeの
エコシステム関連の雇用

53万2千

日本のデベロッパの数

96億ドル

日本を拠点とする
デベロッパの収益

Appleでの雇用

Appleの日本国内での雇用は、これまでに2,900名近くまで増加しました。
Appleでの仕事には、営業、サプライチェーンとリスク管理、オペレーション、
顧客サービスなど、幅広いスキルを持つ人材が求められます。

現在求人中のAppleの職種をすべて見る

2,900

日本における
Appleの社員の数

600

日本を拠点にした、AppleCareを
サポートするアドバイザーと
カスタマーサービスの社員の数

Apple Store

米国外で初めてのApple Storeは、2003年にオープンした東京・銀座のストアでした。
現在、日本全国に8つのApple Storeがあり、どれもがショッピングエリアや目抜き通りに立地しています。
これらのストアは毎年何百万人ものお客様をお迎えしているため、同じ地域にある店舗や商業施設にも
経済効果をもたらしています。それぞれのApple Storeでは、平均で100名の従業員が働いています。

日本におけるAppleサプライヤー

Appleにとって最も重要なサプライヤーのうちの数多くが日本にある企業です。
Appleがこれらのサプライヤーと行う取引は、日本中で雇用と経済成長をもたらしています。
このような企業は、Appleが画期的な製品、サービス、経験を世界中のユーザーの皆さんに
毎日届けるために欠かせない役割を担っています。

865

日本にある
サプライヤーの数

サプライヤーパートナーの事例

Appleは日本全国にあるサプライヤー各社と連携しています。そして、エレクトロニクスやディスプレイの
分野で日本をリードする数多くの企業と、長年にわたって密接なパートナー関係を築いてきました。
Apple製品の最も重要な部品のいくつかは日本で製造されています。これには、ディスプレイ、
カメラ、回路基板、コネクタ、ケーブルなどに使われる高度なテクノロジーだけでなく、
Apple製品の美しい筐体を形作る素材の一部も含まれています。

Appleは栃木県矢板市にあるカンタツ株式会社と提携し、iPhone用のカメラ部品の製造を支援しています。カンタツ株式会社は、エレクトロニクスをはじめとする業界で使われる高精度な部品や装置の設計と製造において、数十年の経験を持っています。Appleは新しい光学テクノロジーを開発するため、2013年に同社との取引を始めました。同社が持つ技術的な専門知識と機敏さによってスピーディーな増産ができるようになり、同社の事業も世界中に広がっています。

京セラ株式会社は、ファインセラミックスのメーカーとして1959年に京都で創業されました。創業以来、同社はファインセラミック技術を応用し、環境に配慮した部品を提供するなど、広範な分野への事業の多角化を進めてきました。京セラの高い信頼性と精度は、数多くのApple製品に組み込まれた部品を支えています。現在、京セラグループは200社以上の関連会社と約7万人の従業員を擁し、グループ全体の売上は約1.5兆円です。京セラグループのグローバルな事業展開には、素材と部品、デバイスと機器、システムとサービスなどが含まれます。

帝国インキ製造株式会社は、インク製造業者としては日本で最も長い歴史を持つ企業の一つです。同社は2007年のiPhoneの登場以来、その製造に携わり続けています。iPhoneのディスプレイを取り囲む枠の一部は同社が製造したもので、あなたがiPhoneを使い始めた瞬間から目にする美しく鮮やかなコンテンツを縁取っているのは、比類のない隠蔽性と透明度を持つ同社のインクです。iPhoneを見る時にバックライトがフレームの外側に漏れ出るのを防ぎ、力強く美しいディスプレイだけが見えるようにするためには、このインクコーティングの品質が極めて重要になります。帝国インキ製造株式会社はまた、有毒な溶剤を一切使わない水性インクの開発においてもパイオニア的存在であり、Apple製品から有毒物質を除去、排除したり、それを削減することで土壌、大気、水の汚染を防ぐAppleの取り組みを支えています。

カシュー株式会社とAppleの連携は、10年以上にわたっています。iPhoneには、環境にも配慮した同社の革新的なコーティングが使われています。そのコーティングは極めて優れた耐久性があり、デバイスに傷をつきにくくします。大宮を本拠地とする同社は250名以上の従業員を擁し、近年、久喜工場の設備を増設しました。東京、大阪、名古屋、広島にもオフィスを持っています。