高い安全性を内蔵しています。

macOSは数々の先進的なテクノロジーを使って設計されています。そのすべてが連係しながら
絶え間なく監視、暗号化、アップデートを行い、あなたのMacの安全性をさらに高めます。
macOS Sierraへのアップグレードは無料なので、あなたのMacを保護する
最新のセキュリティ機能を手に入れるのは簡単です*。

Appleはソフトウェアアップデートによって、
あなたのMacの安全を常に守れるようにしています。

あなたのMacの安全を常に守るための最良の方法は、ソフトウェアを最新の状態にしておくことです。新しいアップデートが利用できるようになると、macOSがあなたに通知します。アップデートの受け入れはワンクリック。受け入れるとすぐに自動的にダウンロードされます。macOSはアップデートを毎日確認するので、macOSの最も新しく最も安全なバージョンをいつでも簡単に手に入れることができます。

Gatekeeperで、アプリケーションの
ダウンロードをより安全に。

Gatekeeperは、あなたのMacに意図せずに悪質なソフトウェアがインストールされるのを防ぐことで、アプリケーションをより安全にダウンロードできるようにします。Mac用のアプリケーションを最も安全にダウンロードできる場所はMac App Storeですが、AppleはMac App Storeでの提供を許可する前にアプリケーションを一つひとつ審査しており、万が一問題が見つかった場合はストアからすばやく削除します。インターネット上のほかの場所からソフトウェアをダウンロードする時は、Gatekeeperがその安全性を高めます。ソフトウェアの開発者はAppleから固有のDeveloper IDを取得でき、自分が作ったアプリケーションにこのIDを使って電子署名を加えることができます。GatekeeperはこのDeveloper IDをもとに、マルウェアの開発者が作ったアプリケーションをブロックし、アプリケーションが改ざんされていないことを確認します。もしそのアプリケーションがDeveloper IDを持っていない未知の開発者によって作られたものである場合、GatekeeperはそれをインストールできないようにしてMacを保護します。

インストールするものを、Gatekeeperでより厳密に管理できます。

Gatekeeperには三つのセキュリティオプションが用意されています。一つ目は、アプリケーションをウェブ上のどこからでもダウンロードしてインストールできるようにする設定。二つ目は、あなたのMacにとって最も安全なMac App Storeのアプリケーションに限定する設定。三つ目は、Gatekeeperの初期設定。これは、Mac App StoreにあるアプリケーションとDeveloper IDで署名されたものだけをダウンロードできるようにする設定です。アプリケーションに署名がない場合、Gatekeeperはそのアプリケーションのインストールをブロックし、認証済みの開発者が作成したものではないことをあなたに警告します。アプリケーションの安全性に確信がある場合は、Controlキーを押しながらアプリケーションをクリックして開いてください。Gatekeeperを手動で無効にすることができます。

FileVault 2があなたのデータを暗号化します。

万が一あなたのMacが悪意のある人に渡ってしまっても、あなたのデータはFileVault 2でしっかりと守られます。FileVault 2はMacのドライブ全体を暗号化し、XTS-AES 128暗号化を使ってデータを保護します。最初の暗号化は、すばやく、かつ作業を妨げない方法で行われます。あらゆる着脱式のドライブも暗号化できるので、Time Machineのバックアップやほかの外付けドライブのセキュリティの確保も簡単です。さらに、Macを再び新しい状態に戻して使いたい時や誰かに譲りたい時は、FileVault 2があなたのMacにあるデータを手間をかけずに削除できるようにします。まず、インスタントワイプ機能がMacから暗号鍵を削除。データにまったくアクセスできないようにした上で、ディスクにあるデータを完全に消去します。

プライバシーを保護する
プライバシーコントロール。

システム環境設定には、位置情報と診断情報を共有するかどうかを指定できるプライバシーコントロールがあります。Safariの環境設定に用意されているプライバシーパネルを使って、Cookieを制限またはブロックしたり、位置情報サービスにアクセスするウェブサイトを制限することもできます。

破られにくい、より堅牢なパスワードを。

パスワードは、長く、大文字と小文字、句読記号、数字を組み合わせたものが最も強力です。強いパスワードをサイトごとに個別に作るのは面倒なもの。そこで、Safariのパスワードジェネレータが、あなたのオンラインアカウントのために強力なパスワードを提案します。

iCloudキーチェーンが、
あなたのパスワードを保存します。

強力な固有のパスワードを作ったら、iCloudキーチェーンがあなたの代わりにそれを記憶します。iCloudキーチェーンはあなたのユーザー名とパスワードを保存し、Mac、iPhone、iPad、iPod touchのうち、あなたが選んだデバイス間で同期させます。ウェブサイトにアクセスする時には、iCloudキーチェーンがあなたのログイン情報を入力し、オンラインアカウントにアクセスできるようにします。オンラインで商品を購入する際にはクレジットカード情報を自動で入力することもできます。あなたの情報は堅牢な256ビットAESで暗号化され、常に保護されます。

サンドボックス化が、
悪質なコードをブロックします。

macOSのApp Sandboxは、アプリケーションが意図された動作だけを行うようにする機能です。アプリケーションのサンドボックス化は、アプリケーションをあなたのMacの重要なシステムコンポーネント、あなたのデータ、そしてほかのアプリケーションから分離させます。もしアプリケーションに悪意のあるソフトウェアが含まれていたとしても、サンドボックス化が自動的にそれをブロックするので、あなたのコンピュータと情報は守られます。macOSでは、内蔵されたPDFビューアや、Adobe Flash Player、Silverlight、QuickTime、Oracle Javaなどのプラグインをサンドボックス化することで、Safariにサンドボックス保護機能を持たせています。さらにmacOSは、メール、メッセージ、FaceTime、カレンダー、連絡先、写真、メモ、リマインダー、Photo Booth、クイックルックプレビュー、Game Center、辞書、Font Book、Mac App Storeなどのアプリケーションもサンドボックス化します。

システムの中心では、
ランタイムプロテクションが守ります。

高度なテクノロジーを持つmacOSのランタイムプロテクションは、Macの中核で機能することであなたのシステムを守ります。プロセッサにはXD(Execute Disable)機能が組み込まれていて、データに使うメモリと実行可能な命令に使うメモリとの間に頑丈な壁を築きます。これにより、あなたのMacにプログラムを扱うのと同じようにデータを扱わせることでシステムを攻撃しようとするマルウェアを防ぐことができます。ASLR(Address Space Layout Randomization)は、アプリケーションの様々な構成要素が保存されるメモリ上の位置をランダムに変更します。これは、悪意のある者がアプリケーションの構成要素を見つけ出して組み替え、本来の意図とは違う悪質な動作をさせることを難しくします。macOSでは、オペレーティングシステムの中心部にあるカーネルが使うメモリにASLRを採用しているので、あなたのMacはあらゆるレベルでしっかりと均等に保護されます。

アンチフィッシングが、
詐欺的なサイトからあなたを守ります。

フィッシングとは、銀行やソーシャルネットワークサイトなどの合法的な企業を装ったウェブサイトを作り、ユーザー名、パスワード、クレジットカード情報などの個人情報を不正に入手しようと試みる、オンライン詐欺の一種です。Safariのフィッシング対策テクノロジーは不正なウェブサイトを検出することで、あなたを詐欺から守ります。疑わしいサイトにアクセスした場合は、Safariがページの表示をブロックし、警告を表示します。

Macはいつも警戒中。

インターネットからダウンロードした一見無害なファイルに、危険なマルウェアが潜んでいることもあります。そのためMacは、Safari、メール、メッセージを使ってダウンロードしたファイルにアプリケーションが組み込まれているかどうかの検査を自動的に行います。もしアプリケーションが見つかったら、まずmacOSがあなたに告知し、さらに初めてアプリケーションを開く時にあなたに警告します。それを見て、そのアプリケーションを開くか、キャンセルするかを選んでください。もしファイルにマルウェアと認められたソフトウェアが含まれている場合は、macOSがそれをゴミ箱に入れるようおすすめします。

macOSとiCloudが、
なくしたMacを探すお手伝いをします。

Macをどこかに置き忘れてしまった時も、macOSとiCloudがしっかり守ります。別のコンピュータからiCloud.comにサインインするか、iPhone、iPad、iPod touch上の「iPhoneを探す」アプリケーションを使えば、なくしたMacがある場所をマップ上に表示させることができます。探しているMacがオフライン状態かもしれない。そんな時は、Macが再びWi-Fiネットワークに接続された際にEメールで通知するように設定しておきましょう。Macをあなたに返す方法を画面に表示させ、見つけてくれた人に知らせることもできます。Macが手元に戻ってくるまでは、パスコードロックを遠隔操作で設定し、Apple Payの使用を一時的に止めておきましょう。リモートワイプを実行して個人情報を消去し、Macを初期設定に戻すこともできます。

Macを守る方法はほかにもいろいろ。

すべての脅威を100パーセント防止できるシステムが存在しないのは事実です。でもmacOSには、大切な情報を最大限に保護するための方法がより多く用意されています。このようなセキュリティ機能のほとんどは、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」パネルにあります。ここではそのうちのいくつかを紹介します。

  • ファイアウォールを「入」にすると、ほかのマシンがあなたのMacで実行されているサービスにアクセスできなくなります。
  • 操作しない状態が一定時間続いた後に画面がロックされるように設定して、あなたのMacへのアクセスを管理できます。
  • 安全なファイル共有を設定できます。
  • パスワードアシスタントを使うと、「ユーザとグループ」のようなローカルユーティリティのための、より強力なパスワードを作ることができます。
  • 共有サービスは、本当に必要なものだけを実行するようにしてください。

先進的なセキュリティを、あなたの指で。

新しいMacBook Proに搭載されたTouch IDは、シームレスな操作であなたの指紋をパスコードとして使ったり、Apple Payでのショッピングができるようにします。Touch IDは安全上の予防手段として、あなたの指紋の画像を決して保存しません。解析による復元が不可能な数値情報に指紋を変換し、この情報を保存するだけです。さらにあなたのMacの中にあるチップには、Secure Enclaveと呼ばれる先進的なセキュリティアーキテクチャが組み込まれています。このSecure Enclaveはチップのほかの部分から隔離されているため、macOSがあなたの指紋データにアクセスすることは決してありません。また指紋データがAppleのサーバに保存されたり、iCloudにバックアップされることもありません。