OS X Recovery.

OS Xには、クリック数回でMacのシステムソフトウェアを修復できる新機能が用意されています。手間のかかるインストールディスクやドライブを使う必要はありません。

Macの新しいセーフティネット。

OS Xの復元機能を使えば、物理インストールディスクを使わずに、ハードドライブを修復したり、OS Xを再インストールすることができます。OS Xの復元機能はMacに内蔵されているので、必要になったらいつでもその場で使えます。たとえ必要がない時でも、いつも手元にあるとわかっていれば安心できるはず。Macを元の状態に戻すために、買った時の箱の中からインストールDVDを探し出す必要もありません。

レスキューはCommandキーとRキーで。

Macを起動しながらCommandキーとRキーを同時に押し続けると、OS Xの復元機能が動き出し、一般的なユーティリティが選べるようになります。ディスクユーティリティの実行によるハードドライブのチェックや修復、もしくはハードドライブのデータ消去とOS Xの再インストールができ、Time MachineのバックアップからMacを修復する方法も選べます。さらにSafariを使って、Appleのオンラインサポートを受けることもできます。もしOS Xの復元機能が問題を発見した場合は、インターネットを経由して、自動的にAppleにつなぎます。

インターネット復元機能。場所を問わずに助けます。

ハードドライブが正しく機能しなくなった時や、OS Xが入っていないハードドライブをインストールしていた場合など、Macの問題が少し複雑になったら、インターネット復元機能が自動的に引き継ぎます。この機能はブロードバンドインターネット接続を利用し、AppleのサーバからOS Xの復元機能を直接ダウンロードして起動します。だからあなたのMacは、まったく同じOS Xの復元機能にオンラインでアクセスできる、というわけです。インターネット復元機能は、新しいMac miniとMacBook Airを皮切りに、今後リリースされるすべてのMacに標準で搭載されます。

自分で復元できる復元ツール。

OS Xを搭載しているすべてのMacでインターネット復元機能が使えるわけではありません。そのためAppleは復元ディスクアシスタントを用意しています。あなたのUSBドライブを使って、ブートできるOS Xの復元用ドライブを作れるので、AppleのサーバからOS Xを再インストールするなど、あらゆる方法でMacを復元することができます。 復元ディスクアシスタントについてさらに詳しく

AppleCareがいつでもそこにいます。

復元がうまくいかない時や、ほかの方法が必要になった時は、AppleCareにお電話をください。手順をわかりやすくご説明しながら、Macを修復するために必要なあらゆるサポートをお届けします。AppleCareについてさらに詳しく