Apple Press Info

アップル、Final Cut Expressを発表

プロのようなビデオ編集が誰にでも可能に

2003年1月8日−アップルは本日、定評ある「Final Cut Pro®(ファイナルカットプロ)」をベースに、DVフォーマットに最適化された新製品「Final Cut® Express(ファイナルカットエクスプレス)」を発表しました。34,800円(メーカー希望小売価格、税別)という積極的な価格設定により、中小企業ユーザ、教育関係者、学生、上級ホビーユーザは、プロのビデオエディターのようにビデオを編集することができます。Final Cut Expressは、Final Cut Proと同じインターフェイスおよびワークフロー、パワフルなビデオ編集ツール、多数の特殊効果、DVD、Web、テープなどへの容易な書き出しの機能など、ビデオ編集に必要な主要な機能をすべて備えています。

「フルタイムのビデオ編集者ではないがデジタルビデオ編集に夢中になっているユーザの市場はますます拡大しています。このような市場にとって、Final Cut Expressは完璧な製品です。我々は、Final Cut Proで積んだ驚くべき成功の経験をもとに、この新しい市場においてユーザの求める機能と価格を提供することにより、さらにそれを拡大していくことを非常に嬉しく思っています。」とアップルのC®EO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは語っています。

ユーザはFinal Cut Expressを使用し、デジタルビデオのキャプチャ、管理、編集、リアルタイムでのトランジション、フィルタ、エフェクトの適用、タイトル作成、レイヤ合成、高品質なグラフィックスおよびアニメーションの作成、カラーコレクションが可能です。 Final Cut Expressのプロジェクトは、書き出してiDVD™あるいはDVD Studio Pro®で使用したり、テープに保存したり、MPEG-4を含むあらゆるQuickTime®フォーマットに書き出すことができます。

Final Cut ExpressのプロジェクトはDV、SD、HDといったすべてのプロフェッショナルな編集フォーマットをサポートするアップルのノンリニア編集システム、Final Cut Proに直接読み込むことができます。Final Cut Proは、専用のハードウェアを追加することなくプロフェッショナル品質のリアルタイムエフェクトを提供できる業界初のビデオ編集ソリューションでした。またFinal Cut Proはリアルタイムのカラーコレクションツール一式、統合された大容量オフラインフォーマット、および、他に類のないメディア製作のワークフローを実現するための、シームレスに統合された編集、合成、エフェクトのツールも備えています。

価格と販売について
Final Cut Expressはアップルのオンラインストア、Apple Store(アップルストア、http://store.apple.com/jp)を通じて本日より注文を受け付けます。 日本語版Final Cut Expressは、アップルのオンラインストア、Apple Store(アップルストア、http://store.apple.com/jp)およびアップル製品取り扱い販売店を通じて2月中に販売を開始する予定です。価格は34,800円(メーカー希望小売価格、税別)です。

Final Cut Expressを使用するには「Mac® OS X(マックオーエステン)バージョン10.2」、300MHz以上のPowerPC G3またはG4プロセッサを搭載したFireWire®内蔵のMacintosh®コンピュータ、256MBのRAM(リアルタイムエフェクトには384MBを推奨)、インストールのための40MBのディスクの空きスペースが必要です(なお、リアルタイムエフェクトにはPowerPC G4 500MHzシングルプロセッサまたは450MHzデュアルプロセッサが必要です。またモバイルでリアルタイムのDVエフェクトを実現するにはPowerBook 667MHzが必要です)。

【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロのクリエイターそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

© 2003 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, AirPort, Rendezvous, PowerBook and Apple Store are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000