Apple Press Info

(米国報道発表資料抄訳―2003年6月24日)

iTunes Music Storeのダウンロード数、500万曲を
超える

アップル、100万台目のiPod を今週出荷

2003年6月23日—アップルは本日、8週間前にサービスを開始したiTunes® Music Store(アイチューンズ・ミュージックストア)から、音楽ファンがダウンロードした楽曲の数が500万曲を超えたことを発表しました。また、楽曲の46%以上がアルバムとして購入され、またオンラインストアで揃えている20万曲以上の楽曲の80%強が、少なくとも一回は購入されました。また、アップルは、100万台目のiPod™を今週出荷することもあわせて発表しました。アップルはウルトラポータブルのデジタルミュージックプレーヤーであるiPodの第3世代を4月に発表し、iPodは、全世界の音楽愛好者の間で大ヒットしています。

「iTunes Music Storeは、人々の楽曲の購入方法を変えます。最初の8週間で500万曲以上もの販売を達成したことは、予想をはるかに超えました。これは明らかに、多くの顧客がオンラインで音楽を入手するための合法的な方法を渇望していたということを示しています」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。

「iTunes Music Storeは、人々が指先一つで音楽を即座に−また合法的に−入手できるということの意味を定義しました。iTunes Music Storeは私たちに、音楽の製作方法や消費方法の未来に向かわせているのです。」と、Universal Music GroupのCEO、Doug Morrisは語っています。

「アップルは、音楽業界やアーチスト、消費者に対して、インターネット上で楽曲を配信したり購入するための簡単で合法的な方法があるということを示してくれました。音楽業界では皆が解決策を探しており、アップルはiTunes Music Storeでその先導をしているのです。」と、Warner Music Groupの会長兼CEO、Roger Amesは述べています。

iTunes Music Storeでは、顧客は20万曲以上もの広範な音楽カタログの中から、曲名やアーチスト、アルバム名で簡単かつ迅速に楽曲を検索することができます。そして、クリック1回だけで、1曲わずか99セントで好きな音楽を購入して、各自のiTunes 4ライブラリに直接ダウンロードすることができます。定期的な会費などは支払う必要がありません。楽曲はオリジナルのデジタル音質でダウンロードでき、個人利用を目的としている限りは追加料金を払うことなく、枚数無制限でCDに記録することができます。また、最大3台のMacintosh®コンピュータで再生できるほか、台数無制限のiPodで曲を聴くことができます。さらに、「iPhoto™(アイフォト)」、「iMovie™(アイムービー)」、「iDVD™(アイディーウ゛ィーディー)」など他のMac®のアプリケーション上で使用することもできます。iTunes Music Storeには毎週、何千もの新曲や新アルバム、オリジナル曲が追加されています。今年末にiTunes Music StoreがWindowsプラットフォームに対応するようになれば、PCユーザも音楽をダウンロードする楽しみを味わえるようになります。

新しい超薄型のiPodは、CDパッケージ2枚分よりも軽量薄型という驚異的なエンクロージャーに、最高で7500曲もの楽曲を記録することができます。iPodはアップルが特許申請中のAuto-Sync機能を搭載した唯一のポータブル音楽プレーヤーです。Auto-Syncは、音楽ライブラリ全体をiPodに自動的にダウンロードし、iPodがMacやWindows PCに接続されるとライブラリを更新するという画期的な機能です。iPodは完全にソリッドステートで「動く部品のない」ナビゲーション・ホイールとボタンを備えています。音声出力のついたエレガントなドックは、コンピュータやステレオにすばやく容易に接続できます。また、プレイリストは「常にオン状態」のため、ユーザはプレイリストをiPodに直接構築することができます。メインメニューはカスタム化が可能で、ユーザは最も使用頻度の高い機能をメニューの上位に表示することができます。iPod製品ファミリーには、価格が299ドルの10GBモデルと、399ドルの15GBモデル、499ドルで最高で7500曲を記録することができる大容量の30GBモデルがあります。

日本での補足事項
日本でのiPodの価格は10GBモデルが36,800円、15GBモデルが47,800円、30GBモデルが59,800円です。(いずれもメーカー希望小売価格、 税別)

【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロのクリエイターそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

© 2003 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac,Mac OS, Macintosh, iTunes, iPod, iPhoto, iMovie and iDVD are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000