Apple Press Info

アップル、Xsanストレージエリアネットワークファイルシステムを発表

高性能エンタープライズクラスのSANソリューションを98,000円で

2004年4月19日−アップルは本日、高性能エンタープライズクラスのストレージエリアネットワーク(SAN)ファイルシステムを、業界で最も意欲的な小売価格である102,900円(本体価格98,000円)(1システム)で販売することを発表しました。「Xsan(エックスサン)」ソフトウェアは、ビデオ制作ワークフローやストレージコンソリデーションなどの集中管理されたデータへのスケーラブルで高速なアクセスが必要なお客様のために、画期的な性能に加えてアップルの定評ある使いやすさが組み合わされたものです。さらに数々の賞を受けたアップルの「Xserve(エックスサーブ)®」および「Xserve RAID(エックスサーブレイド)」ハードウェアにも最適なソリューションです。

「アップルのプロビデオおよびIT分野のお客様に、Mac OS X上で利用できる手頃な価格で高性能なSANファイルシステムを提供できるようになりました。Xsanは、簡単で、見えないコストのない、強力なエンド・トゥ・エンドのSANソリューションを、AvidやIBM、SGIの半分以下の価格で提供するものです。」と、アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長、フィリップ・シラーは述べています。

XsanはMac OS® X用の64ビットクラスタファイルシステムで、ストレージリソースを統合し、ファイバーチャネルを介して複数のコンピュータが共有ボリュームに同時にファイルレベルの読み書きアクセスができるようにするものです。アップルのエミー賞受賞編集ソフトウェアの「Final Cut Pro® HD」、そしてプロフェッショナルなモーショングラフィックス制作の概念を塗り替えるほどの革新的なアプリケーション「Motion」を含むアップルのプロフェッショナルアプリケーションに対応しています。Mac OS Xでは初めて、最大64人の映像制作者が、複数ストリームの高帯域ビデオをサポートする一つのストレージボリュームに同時にアクセスすることが可能となり、ビデオ/フィルム編集、オーディオ編集およびエフェクト、そしてモーショングラフィックス制作において効率的なワークフローを実現します。

「Xsanはこれまで我々がFinal Cut ProやXserveそしてXserve RAIDに行なってきた投資を活かす形で、その上にビデオ制作ワークフローのための高性能なエンド・トゥ・エンドのSANソリューションを実現するものです。我々が映画の予告編や次世代の大ヒットムービーを制作するために必要となる性能、機能性、安定性そして安全性を提供できるソリューションはこのプラットフォームにはこれ以外ないですから、Xsanに本当に期待しています。」と、ハリウッド最大のエンターテイメントマーケティングエージェンシーの一つ、 Cimarron GroupのCEO、ボブ・ファリーナ氏は述べています。

Xsanは高負荷が要求されるプロフェッショナルビデオ制作ワークフローをはじめ、企業、行政機関、教育分野そして高性能コンピューティングにおけるストレージコンソリデーションに最適なソリューションです。メタデータコントローラフェイルオーバやファイバーチャネルマルチパスといった先進の機能が高い可用性を保証します。ファイルレベルでのロック機能は複数のシステムが同一ボリュームへの同時読み書きを可能にし、複雑なワークフローに適しています。帯域確保機能は、高解像度ビデオなど高帯域データストリームの取り込みに効果的です。また、柔軟なボリューム管理ができるため、ストレージリソースをより効率的に利用することができます。

セットアップ、管理そして監視機能は、Xsan Admin toolに組み込まれており、ボリューム管理、SANファイルシステム設定、そしてリモート監視を使いやすい一つの統合アプリケーションで行います。ユーザごとの領域割り当てとアクセスコントロールにより、管理者はストレージの利用とファイルアクセスを制限することができ、最高レベルのデータの安全性を確保しています。XsanはADICのStorNext File Systemとの相互運用が可能なため、Windows、UNIXそしてLinuxサーバオペレーティングシステムのプラットフォームを含む異なる環境で利用することができます。さらに、XsanにはADICの業界をリードするデータ管理ソフトウェア、StorNext Management Suiteが対応しています。

「XsanがStorNext File Systemおよび当社のポリシーベース・データマネジメント・ソフトウェア全製品と相互運用が可能であることを嬉しく思います。Mac OS Xのデータを一体化されたストレージ環境の中に統合することで、当社のお客様はストレージの利用を最適化し、データ管理を簡素化し、情報ライフサイクル管理(ILM)の基礎を構築するでしょう。」と、ADICソフトウェア社副社長のビル・ヤマン氏は述べています。


【価格と販売について】
Xsanのベータ版は、対象となるお客様に本日より、http://www.apple.com/xsanから提供されます。Xsanの正式版は2004年秋より、アップルのオンラインストア、Apple Store(アップルストア、http://www.apple.com/japanstore)およびアップル製品取扱販売店を通じて、メーカー希望小売価格1システム当り102,900円(本体価格98,000円)にて販売されます。アップルでは、XsanがXserve G4、Xserve G5、Power Mac® G4、Power Mac G5、Xserve RAIDおよびApple Fibre Channel PCIカードで動作することを確認しています。Xsanの利用には、Mac OS XまたはMac OS X Server v.10.3がインストール済みであることが必要です。Xsanは、Brocade、QLogic、Emulexなどアップルが認定したベンダ製のファイバーチャネルスイッチをサポートします。

【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロのクリエイターそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

© 2004 Apple. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Macintosh, Mac, Mac OS, Xserve, Final Cut Pro and Apple Store are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000