Apple Press Info

アップル、Final Cut Pro HDを発表

DVCPRO HDネイティブの編集およびエフェクトをリアルタイム処理する初のビデオ編集ソフトウェア

2004年4月19日−アップルは本日、エミー賞に輝くビデオ編集ソフトウェアの最新版「Final Cut Pro HD(ファイナルカットプロエイチディー)」を発表しました。DVとSDのリアルタイムサポートに加え、DVCPRO HDネイティブで高品質にリアルタイム処理ができるようになりました。Final Cut Pro HDは、ほかのハードウェアを一切追加することなく、FireWireケーブル1本で放送品質のHD映像の取り込み、編集、出力が行なえる業界初の製品です。Final Cut Pro HDはDVCPRO HDネイティブ編集に対応しているので、再圧縮や画像劣化の心配がありません。また、Apple Cinema HD Displayによる、HD映像のプレビュー表示もサポートしています。

「アップルはDV編集とFireWireによって、ビデオ業界に革命を起こしました。本日新たに提供するFinal Cut Pro HDは、HDのリアルタイムなネイティブ編集を画期的な価格で実現する製品です。」とアップルのアプリケーションマーケティング担当副社長、ロブ・シェーベンは述べています。

Final Cut Pro HDは、Power Mac G5とMac OS X v10.3 "Panther"の驚くべき性能とアーキテクチャを利用して、DVCPRO HDネイティブ映像を最大4ストリーム、また Xserve RAIDを使用するとプレビュー品質で最大10ストリーム再生できます。DVCPRO HDにネイティブで対応するFinal Cut Pro HDはメディアの変換が不要なため、撮影したオリジナルの品質を損なうことがありません。また、フレーム精度の高いネイティブなDVCPRO HD編集環境によって、PowerBook上など、好きな場所で自由に、放送品質のHD映像の取り込み、編集、出力といった作業を行なえるようになりました。

Final Cut Pro HDのDigital Cinema Desktop機能を使って、基本的なSD映像およびHD映像を直接Apple Cinema Display上で表示できるため、HD編集に多大な初期投資をする必要がありません。また、QuickTimeのオープンアーキテクチャを基盤としているため、DVからSD、HD、フィルムへとスムーズに拡張できます。Final Cut Pro HDは、主要な業務用テープフォーマットへの出力が可能なほか、DVD、インターネット、第3世代(3G)携帯電話用にMPEG-2、MPEG-4、 QuickTimeファイルをエンコードできます。

Final Cut Pro HDは、プロによるモーショングラフィックス制作の概念を塗り替えるほどの画期的なアプリケーション「Motion(モーション)」、プロ仕様のDVD オーサリングツール「DVD Studio Pro(ディーヴィーディースタジオプロ)3」、業界最高レベルの合成およびビジュアルエフェクトを作成できる最新版ソフトウェア「Shake 3.5」、コンピュータベースの音楽制作の標準ツールである「Logic Pro(ロジックプロ)6 」など、アップルの各種プロ向けアプリケーションと、これまでにないスムーズな連携を実現しています。

Final Cut Pro HDには、高精度かつモードフリーの編集およびトリミングツール、強力なインターフェイス・カスタマイズ機能、リアルタイムの先進的なカラーコレクションおよび画像制御機能、マルチトラック・オーディオ・ミキシングやマルチチャネルオーディオ出力など、さらに強化されたオーディオ編集機能が含まれています。またRT Extremeによって、レンダリングなしで再生可能なフィルタ、エフェクト、トランジションを150種類以上提供しています。さらに、解像度に依存しないアニメーションタイトルを生成する「LiveType 1.2」、ループベースの音楽制作を行う「Soundtrack 1.2」、HDエンコード用の「Compressor 1.2」、35mmまたは16mmフィルムの映画制作者に不可欠な「Cinema Tools」などが付属しています。


【価格と販売について】
Final Cut Pro 4の登録ユーザは、ただちにFinal Cut Pro HDをご利用いただけます。
Final Cut Pro HDリテール版はアップルのオンラインストア、Apple Store(アップルストア、http://www.apple.com/japanstore)、アップルの直営店(Apple Store, Ginza)およびアップル製品取扱販売店を通じて、102,900円(本体価格98,000円)で2004年5月下旬より販売開始予定です。Final Cut Pro 1、2、3のユーザは、アップグレード版を44,100円(本体価格42,000円)でご購入いただけます。文中の価格はいずれもメーカー希望小売価格です。

Final Cut Pro HDのシステム条件や認定互換ハードウェアおよびソフトウェアを含む詳しい情報は、 http://www.apple.co.jp/finalcutpro *でご覧いただけます。

*このWebサイトは、4月19日(月)21:30以降の公開を予定しています。

【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロのクリエイターそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

© 2004 Apple. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Macintosh, Mac, Mac OS, Final Cut Pro, Logic, FireWire, Power Mac, Xserve, PowerBook, Apple Cinema Display, QuickTime, Shake and Apple Store are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000