Apple Press Info

アップル、人気のiBook G4シリーズを改良

性能をアップし、SuperDriveをオプションで選択可能に

2004年4月19日−アップルは本日、家庭および教育向けで人気の高い「iBook® G4(アイブックジーフォー)」シリーズの新しいラインアップを発表しました。最高1.2GHzのPowerPC G4プロセッサ搭載モデルをラインアップしたほか、新たにDVDの作成ができるSuperDrive™(スーパードライブ)もオプションで選べるようになっています。新しいiBook G4シリーズは先進のAirMac® Extreme*1(エアマックエクストリーム) 54Mbps 802.11gワイヤレス接続機能とBluetoothをサポートし、CDの作成とDVDの鑑賞ができるスロットローディング方式コンボドライブが標準搭載されています。新しいiBook G4では最大で2倍速いスピードのDDRメモリが搭載可能になり、さらに性能を高めています。

「iBook G4はどこでもデジタルライフを実践したいコンシューマや学生に向け、完全に新しく設計された製品です。iBook G4の新モデルには、より速いG4プロセッサとメモリの倍増に加え、デジタル写真、音楽、ムービーの作成、管理ができるアップルの定評ある統合ソフトウェアパッケージ、iLife™ '04を標準搭載しており、大変価値ある製品となっています。」と、アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長、フィリップ・シラーは述べています。

新しい12インチと14インチのiBookは、より高速のPowerPC G4プロセッサと、教室や外出先で1日中使える最長6時間駆動可能なバッテリーを搭載し、携帯性、性能そして手頃な価格のすべてを見事に実現しました。クラス最高のグラフィックス能力を持つiBook G4は、32MBの専用DDRメモリを搭載し、AGP 4Xで動作するATI Mobility Radeon 9200グラフィックプロセッサを標準搭載し、最高の品質でゲームやDVDムービーを楽しむことができます。なめらかなポリカーボネートプラスチック製の筐体の重量は12インチモデルがわずか約2.2kgで、スロットローディングのオプティカルドライブの採用によりさらに耐久性を高めています。

iBookシリーズでは、最新のワイヤレス接続機能である先進のAirMac Extreme 54Mbps 802.11gワイヤレスネットワーク機能が1.2GHz 14インチモデルに内蔵されるほか、これ以外の各モデルではオプションで搭載することが可能です。また、Apple Wireless KeyboardやApple Wireless Mouseなどの周辺機器に無線接続するためのBluetoothモジュールを内蔵することもオプションで可能です。すべてのiBook G4モデルには、FireWire® 400、USB 2.0、内蔵56K v.92モデムそしてEthernet(10/100BASE-T) などのI/Oポートが標準搭載され、現在普及している様々な周辺機器に接続することが可能です。

すべてのiBook G4には、アップルの数々の賞に輝くデジタルライフスタイル・アプリケーション、iLife '04が付属しています。iLife '04には、デジタルミュージックの管理に「iTunes®(アイチューンズ)」、デジタルフォトの整理と共有に「iPhoto™(アイフォト)」、デジタルムービー作成に「iMovie®(アイムービー)」、ハリウッド風のDVD作成と記録に「iDVD™(アイディーヴィーディー)」、Mac®をプロレベルの楽器およびレコーディングスタジオに変える新しい音楽アプリケーション「GarageBand™(ガレージバンド)」が含まれています。

iBook G4にはアップルの最新オペレーティングシステム、Mac OS® X v10.3 "Panther"が搭載されます。Pantherが提供する150以上の画期的な新機能には、使いやすいビデオ会議ソリューションの「iChat AV(アイチャットエーブイ)」、最新のセキュリティ規格と128ビット暗号化技術を採用してホームディレクトリのデータの安全と機密を常時守る「FileVault(ファイルボールト)」、開いているすべてのウインドウを一瞬にして一覧できる革新的な機能である「Expos?(エクスポゼ)」、 iBookをスリープ状態から瞬時に復帰させるインスタントオンのほか、Ethernet、AirMac Extreme、内蔵モデム間でネットワーク接続を自動的に切り替える自動ネットワーキング機能などがあります。また、Windowsとの互換性が向上しており、ファイル、プリンタ、ネットワークサービスをWindowsユーザと簡単に共有することができます。iBookはまた、AppleWorks、 Tony Hawk's Pro Skater 4などのソフトウェアを標準搭載しています。


【価格と販売について】
新しいiBookシリーズは2004年4月20日(火)より出荷開始予定で、アップルのオンラインストア、Apple Store® (アップルストア、 http://www.apple.com/japanstore )、アップルの直営店(Apple Store, Ginza)およびiMac/iBookデモ展示販売店を通じて、以下の3つの標準システム構成で販売されます。

本リリース中の価格は、すべてメーカー希望小売価格です。

iBook G4 12インチモデル:125,790円(本体価格:119,800円)

iBook G4 14インチモデル:146,790円(本体価格:139,800円)

iBook G4 14インチモデル:167,790円(本体価格:159,800円)

このほかにもBTOオプションとして、最大1.25GBまで拡張可能なDDR SDRAM、4倍速のSuperDrive (DVD-R/CD-RW) オプティカルドライブ(14インチモデル)、40GBまたは60GB Ultra ATA/100ハードディスクドライブ、内蔵Bluetoothモジュール、AirMac Extremeベースステーション、AirMac Extremeカード、そしてAppleCare® Protection Planが用意されています。

*1 実際の通信速度は、ベースステーションからの距離、接続環境その他の要因によって異なります。
*2 S-Videoおよびコンポジットビデオ出力には別売オプションのAppleビデオアダプタが必要です。

※実際の重量は構成および製造工程によって変化します。

【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロのクリエイターそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

© 2004 Apple. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Macintosh, Mac, Mac OS, SuperDrive, AirPort, Apple Store and iBook are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000