Apple Press Info

(米国報道発表資料抄訳―2004年6月29日)

アップル、新機能を搭載し、性能アップしたXcode 2を
プレビュー

2004年6月28日、サンフランシスコ、WWDC 2004—アップルは本日、革新的なMac OS® Xアプリケーションの開発をこれまで以上に簡単かつ迅速に行なうためのアップルの強力な統合開発ツール、「Xcode™(エックスコード)」の次期メジャーリリースをプレビューしました。

これまでOracle、Sybase、AliasといったMacのデベロッパは、高性能UNIXベースの開発環境、画期的なユーザインターフェイス、そして群を抜く性能を実現する技術の組み合わせを用い、次世代のMac OS Xアプリケーションの開発をおこなってきました。この度のXcode 2のプレビューにより、アップルは64ビットアプリケーション開発をサポートするメジャーアップデートと、Mac OS Xのアプリケーション開発の期間をさらに短縮可能にします。

「12ヶ月前のリリース以来、XcodeはMac OS Xの開発者コミュニティの間で大変好評をいただいています。これらの素晴らしいツールをさらに改良することで開発者が新世代の素晴らしいMac OS Xアプリケーションを開発されることをとても嬉しく思います。」と、アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長、フィリップ・シラーは述べています。

「Mac OS Xでの開発のためにアップルが用意してくれたツールは最高です。当社ではXcodeを使って、既存製品の次世代バージョンとともに新製品も開発する予定です。非常に生産性の上がるインターフェイスであるため、当社の開発スタッフも非常に速いスピードでMac OS Xのアプリケーションを開発することでしょう。またXcodeは、アップルの新しいテクノロジーを利用するための最短の道でもあります。」と、Quark 社の製品開発担当上級副社長、Jürgen Kurz氏は述べています。

「Xcodeは我々の生産性を劇的に高め、Mac OS Xの製品開発、特にAlias SketchBook Proおよび最新版のMayaの開発において重要な役割を果たしています。XcodeはUNIXおよび業界標準をベースにしているため、14,000以上のソースファイルや何百万行ものC++コードを使った当社独自のシステムや、200MBの最適化された実行ファイルやライブラリから構成される最終的な Maya製品に完全に統合させることが可能です。」と、Alias社のMaya Engineering担当ゼネラルマネジャー、Kevin Tureski氏は述べています。

Xcode 2では、Fix and Continue、Zero LinkおよびDistributed Buildといった強力なテクノロジーと、Xcodeの画期的なユーザインターフェイスをベースに、Dead Code StrippingやVisual Modeling and Designといった新機能を提供することで、デベロッパの生産性をさらに向上させます。Dead Code Strippingは、未使用の実行可能コードをコンパイル済みアプリケーションから取り除くことにより、コードサイズを縮小し、ユーザによるダウンロード時間が短縮されるなど、そのメリットをすぐに実感できます。また、アプリケーション構造の視覚化が可能なVisual Modeling and Designによって、アプリケーションの設計、開発、保守がより簡単に行えます。

Xcode 2は、このほかにも以下の機能や特長を備えています。


【価格と提供について】
Xcode 2は、Mac OS X 10.4 "Tiger"に含まれます。Tigerは、2005年上半期より、Apple Store®、およびアップル製品取扱販売店を通じてメーカー希望小売価格129ドル(米国)で販売します。Xcodeに関するより詳しい情報については、www.apple.com/xcodeをご覧下さい。

【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロのクリエイターそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。

© 2004 Apple. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Macintosh, Mac, Mac OS, Xcode and Apple Store are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000