Apple Press Info

アップル、Motionを出荷

モーショングラフィックスの概念を変える新しいアプリケーション

2004年8月10日−アップルは本日、モーショングラフィックスを高性能かつリアルタイムでデザインできる革新的な新しいアプリケーション、「Motion(モーション)」の受注を開始したことを発表しました。Motionの直観的な操作は、アーティストに自由な創造性を与え、プロフェショナル・クオリティの作品を制作が一層容易になります。また、リアルタイムプレビューやプロシージャル・ビヘイビア・アニメーション機能を備えています。さらに、「Final Cut Pro® HD(ファイナルカットプロ・エイチディー)」と「DVD Studio Pro®(ディーヴィーディスタジオプロ)3」の両方と統合することができます。価格も画期的な31,500円(本体価格30,000円)で提供します。

「Motionは全米放送協会(NAB)コンベンションにて、”Best of the show award“受賞と共に、脚光を集めました。その画期的なテクノロジー、飛躍的な使い勝手の良さ、31,500円(本体価格30,000円)という低価格で、MotionはFinal Cut Proがノンリニア編集の分野ですべての人に提供したプロクオリティの作品作りの能力を、モーショングラフィックスの世界でも実現するものです。」と、アップルのアプリケーションズ・マーケティング担当副社長、ロブ・シェーベンは述べています。

「Motionはリアルタイム機能とBehaviors(ビヘイビア)機能を備えているため、デザイナーの思考と同じスピードで作業を進めることができます。Motionは私たちの作業方法を変えました。Motionによって新しいアイディアを試せるようになったため、より創造的になれるとともに、クライアントにより早く成果を届けて喜んでもらえるようになりました。」と、サンタモニカに拠点を置く放送デザイン&制作スタジオ、Belief社の設立者兼クリエイティブデザイナーのMike Goedeckeは述べています。

Motionはプロシージャルアニメーションの手法を利用して、重力や風などの自然現象を表現したり、誘引や反発など複数の物体間の複雑な相互作用を作り出す、Behaviors機能を採用しています。Behaviors機能を利用すると、ユーザは最小限の努力で、なめらかなモーション効果を簡単なものから複雑なものまで自動的に作り出せ、簡単に変更を加えることができるようになります。しかも、キーフレームを扱うときの複雑さやオーバーヘッドに頭を悩ますこともありません。キーフレームに慣れたユーザであれば、「Keyframe Editor(キーフレームエディタ)」機能を使って特定のフレームで正確なパラメータ値をプロットすることもできます。

Motionはまた、最新のパーティクルエンジンが含まれており、アーティストは、煙、閃光、火といった現実的なパ−ティクルプリセットをどんなアニメーションにも素早く簡単に適用することができます。さらに、複数のフィルタやパーティクル効果を即座にプレビューすることができます。Motionを使うと、スクリーン上のほとんどすべてのグラフィックエレメントをパーティクルに変換することができます。またそれらのエレメントを加えることで、特殊効果を無限にカスタマイズすることができます。

Motionの画期的なユーザインターフェイスは、アーティストがウィンドウやパレットを操作する時間を軽減し、よりクリエイティブな作業に集中することを可能にします。Motionに含まれる「Dashboard(ダッシュボード)」は、スクリーン上で動いているオブジェクトのツールとスライダーパラメータを表示するコンテクスチュアルな半透明フローティングパレットを提供します。BehaviorはDashboard上に現れるグラフィカルなコントロールを使って素早く簡単に適用することができ、さまざまなアニメーションを簡単にインタラクティブに試してみることができます。Motionにはまた、25種類の「Gestures(ジェスチャ)」が含まれており、ユーザはキーボードコマンドやメニュー項目を探すことに時間を費やすことなく、クリエイティブなプロセスに集中することができます。Motionの「Project Pane(プロジェクトペイン)」では、プロジェクト内のすべてのレイヤ、フィルタ、Behavior、マスクそしてオブジェクトを一度に素早く表示させて管理するということが容易にできます。

Motionは、エミー賞を受賞したアップルの編集ソフトウェアの最新版である「Final Cut Pro HD、プロフェッショナル向けDVDオーサリングアプリケーションのDVD Studio Pro 3、業界をリードする合成、視覚効果ソフトウェアの最新版である「Shake®(シェイク)3.5」、革新的な音楽合成ツールの「Soundtrack(サウンドトラック)」、そしてコンピュータベースの音楽制作のスタンダード、「Logic Pro(ロジックプロ) 6」とともに、アップルのプロフェッショナル向け統合アプリケーションの一角を構成する新しいソフトウェアです。

【価格と販売について】
Motionは本日より受注を開始し、8月末よりアップルのオンラインストア、Apple Store®(アップルストア、http://www.apple.com/japanstore )、アップルの直営店(Apple Store, Ginza)およびアップル製品取扱店を通じて、メーカー希望小売価格31,500円(本体価格30,000円)で順次店頭販売されます。 Motionの利用に必要なシステム条件および詳しい情報は: http://www.apple.com/jp/motion でご覧いただけます。


【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。数々の賞に輝く革新的なデスクトップおよびノートブック型コンピュータ、Mac OS Xオペレーティングシステム、iLifeデジタルライフスタイル・アプリケーション、そしてプロ向けの各種アプリケーションで業界をリードし続けています。これに加えて、ポータブルミュージックプレーヤー市場をリードするiPodファミリーと、オンラインのiTunes Music Storeにより、アップルはデジタルミュージックの分野でも先頭に立ってその革命を推し進めています。

© 2004 Apple. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Macintosh, Mac, Mac OS and iTunes are either registered trademarks or trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000