Apple Press Info

アップル、Final Cut Express HD 3.5を発表

Universalアップグレードでパワフルな機能とより多くのリアルタイムエフェクトを提供

2006年5月18日、アップルは本日、「Final Cut® Express HD 3.5(ファイナルカットエクスプレスエイチディー3.5)」を発表しました。映像制作を趣味とするハイエンドアマチュアの方、学校そしてSOHO向けに定評あるソフトウェアソリューションであるFinal Cut Express HDの最新版であり、IntelおよびPowerPCベースの両方のMacでネイティブに動作するUniversalアップグレードです。Final Cut Express HD 3.5で新しくなった機能として、マルチストリームエフェクトをリアルタイムに再生するDynamic RT、プロフェッショナルレベルのオーディオ制作ツールを数多く集めたSoundtrack® 1.5、そしてさらに魅力的なアニメーションテキストやタイトルの作成を可能にするLiveType 2.1などがあります。

「Final Cut Express HD 3.5はプロが使用するツールの多くを搭載しながら、プロを目指す人たちにも魅力的な価格を提供している総合的なムービー制作パッケージです。複数のストリーム、プロフェッショナルなオーディオツール、あるいはアニメーションテキストやタイトルであれ、Final Cut Express HD 3.5は自分たちが作るムービーに情熱を持っているあらゆる人に最適なツールであり、アップルの新しいIntelベースMacで最高の性能を発揮します。」と、アップルのアプリケーションズプロダクトマーケティング担当バイスプレジデント、ロブ・シェーベンは述べています。

Final Cut Express HD 3.5は、DVおよびHDVビデオフォーマットのための高度な編集ツールを満載しており、複数のビデオレイヤー、リアルタイムスペシャルエフェクトおよびトランジション、そして強力なカラーコレクションおよびマットフィルタ機能により、プロフェッショナルな出来映えの映像を作ることができます。新しい Dynamic RTによりマルチレイヤーのHDVビデオでさえリアルタイムに見ることができ、これまでのようにクリップのレンダリングを繰り返す必要がないため、編集時間を大幅に短縮できます。さらに、すべてのエフェクト、トランジションそしてモーションパラメータは、キーフレーム化することができるため、スペシャルエフェクトを「お気に入り」として保存し、別のプロジェクトでも使うことができるなど、制作工程を完璧にコントロールすることができます。

Final Cut Express HD 3.5には、4,000以上のプロフェッショナルクオリティかつロイヤルティーフリーのインスツルメントループおよびサウンドエフェクトを含んだ新しいバージョンのSoundtrackが含まれており、これらを組み合わせることにより、各プロジェクトに正確にタイミングを合わせたカスタムスコアをすぐに作ることができます。Soundtrack 1.5の新しい機能には,プロのレコーディングスタジオさながらのトラック、バス、アウトプットそしてリアルタイムエフェクト処理ができる、改良されたマルチトラックオーディオ編集および録音ツールがあります。改良されたシングルおよびマルチプルテイクレコーディング機能により、会話やその他の音を熟練エンジニアのような正確さで録音、試聴そして編集することができます。

Final Cut Express HD 3.5にはまた、新しいバージョンのLiveTypeが含まれており、ダイナミックなアニメーションテキストや数多くのロイヤルティーフリーの背景およびアニメーションテクスチャを使ってインパクトの高いエフェクトをムービーに加えることができます。しかもこれらはすべてプロジェクトのルックアンドフィールに合うようにカスタマイズすることができます。LiveType 2.1の新しい機能には、70の新しいアニメーションオブジェクトや、15の新しいテクスチャ、そしてアニメーションテキストとタイトルのための60の新しいカスタマイズ可能なプリセットのエフェクトを含む、数多くの新しいエキサイティングなアニメーショングラフィックスが含まれています。新しいベクターベースのLiveFontテクノロジーにより、Tremor、Script、Ribbon、CoolそしてBlueprintなどのアニメーションテキストスタイルを、驚異的なレンダリング性能でHDを含む様々な解像度に合わせることができます。特に新世代のIntelベースMacではその性能がより実感できます。


【価格と販売について】
Final Cut Express HD 3.5は、アップルのオンラインストアであるApple Store® (http://www.apple.com/japanstore/)、アップル直営店、およびアップル製品取扱販売店を通じて、29,800円(税込み)にて2006年5月20日より順次販売されます。旧バージョンの Final Cut Expressをお持ちの方は9,800円(税込み)にてFinal Cut Express HD 3.5にアップグレードすることができます。詳細は、http://www.apple.com/jp/finalcutexpress/にてご覧になることができます。

※文中の価格はすべてメーカー希望小売価格です。

【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。数々の賞に輝く革新的なデスクトップおよびノートブック型コンピュータ、Mac OS Xオペレーティングシステム、iLifeデジタルライフスタイル・アプリケーション、そしてプロ向けの各種アプリケーションで業界をリードし続けています。これに加えて、ポータブルミュージックプレーヤー市場をリードするiPodファミリーと、オンラインのiTunes Music Storeにより、アップルはデジタルミュージックの分野でも先頭に立ってその革命を推し進めています。

© 2006 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, Final Cut and Soundtrack are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000