Apple Press Info

アップル、Aperture 1.5を発表

オープンライブラリオプションを追加、ワークフローを拡張した
メジャーアップデート

2006年9月25日、アップルは本日、フォトグラファーのためのオールインワンポストプロダクションツールであるAperture(アパーチュア)の機能をワークフローの各段階において拡張したメジャーアップデート、Aperture™ 1.5を発表しました。Aperture 1.5は、新しいパワフルなオープンライブラリ、iLife '06とiWork™ '06とのシームレスな連携、XMPメディアサポート、新しいパワフルな調整ツール、そしてApertureのワークフローをサードパーティのアプリケーションやサービスに簡単につなげることができるエクスポートAPIなどの特長を備えています。
「Apertureは世界中のフォトグラファーに全く新しいやり方で仕事を進める自信を与えてきました。Aperture 1.5では、パワフルであるとともにフレキシブルなソリューションを提供するため、ライブラリをオープン化し、ワークフローも拡張しました。」と、アップルのアプリケーションズプロダクトマーケティング担当バイスプレジデント、ロブ・シェーベンは述べています。

Aperture 1.5を使ったRAW、JPEGおよびTIFFイメージの管理は驚異的な柔軟性を備えており、新しいオープンライブラリシステムによって、フォトグラファーは、Apertureのライブラリそのものだけでなく、外付けハードディスクドライブやCD、DVDを含む他のディスクなど、どこでも好きな場所に画像ファイルを保存することができます。Apertureは各画像の高解像度プレビューを生成できるようになったため、マスター画像がオフラインのときでも画像のレビューや格付け、整理、さらにスライドショーも行なうことができます。プレビューは様々なサイズと品質レベルで生成できるため、フォトグラファーはオリジナルの画像を自宅またはスタジオのデスクトップシステムに安全に保存しておき、写真ライブラリ全体の圧縮版をMacBook™またはMacBook Proに入れて持ち歩くことができます。

「1年も経たずに、Apertureは私にとってカメラ、レンズ、三脚と同じくらい、なくてはならないものになりました。一日の撮影が終わると、自分のApertureライブラリで簡単に写真を探し出して、Light Tableなどの素晴らしいツールを使ってすぐに何点かを選び、ストーリーを完全なものにするにはどう組み合わせれば良いかを検討することができます。」と、ナショナルジオグラフィック誌に写真を投稿しているスティーブ・ウィンター氏は述べています。

また、Sports Illustrated誌のスタッフフォトグラファー、ビル・フレークス氏は、次のように述べています。「Apertureは私にとって、いしずえのようなものです。私はこれを使って25年間にわたる私の全仕事のアーカイブを作っています。現在進行中のプロジェクトを含め、すべての写真にタグを付けて整理することができるため、欲しい写真をほんの数秒で探し出すことができます。」

Aperture 1.5は、Mac® miniからMac Proまで、アップルのMacintosh® コンピュータ全機種で使用できるようになったほか、デジタルライフスタイル統合アプリケーションのiLife ‘06、およびプロダクティビティソフトウェアのiWork '06とスムーズに連携することができます。これらのアプリケーションと緊密に連携できるため、フォトグラファーはiWeb™で完全なウェブサイトを作り、Keynote™で完結したスライドプレゼンテーションを作成し、iDVD® で美しいDVDスライドショーを制作するといったことが、Apertureライブラリから直接、しかもクリック一つで取り出したJPEG版の写真を使ってできます。その他の連携機能として、iTunes® 7を使ってiPod® に同期化することができるほか、iPhoto® からApertureの写真にアクセスしたり、写真をコピーしたりすることができます。

Aperture 1.5では、新しく加わったプリフィルドIPTCメタデータプリセットを使って、撮影した写真にメタデータを加えるプロセスを極めて効率的に行なえるようにしました。フォトグラファーが必要とするキャプションやクレジットその他の重要なメタデータを、ワークフローのどの時点でも自動的に、またはバッチプロセスによってインポート時に追加することができます。Apertureでメタデータサポートに加わったもう一つの大きな改良点はXMPサイドカーファイルに保存されたIPTCデータをRAW画像と一緒にエクスポートできるようになったことです。これにより、Adobe Photoshopのようなアプリケーションで画像を簡単に使うことができるほか、AppleScript® を使ってXMPファイルを自動的に生成することもできます。

Aperture 1.5の新しい強力な調整オプションに含まれるものとして、極めて高品質なシャープニング結果が得られる高度な輝度ベースのエッジ強調フィルターと、フォトグラファーが各画像の中で特定の色範囲の色相、彩度そして輝度を調節できる新しいカラーツールがあります。Apertureの定評ある拡大ツール、ルーペも大幅に改良され、オンスクリーンコントロールのセットが加わったほか、1,600%までの拡大がスムーズに行なえるようになり、さらに調整を行なっている間にルーペをカーソルから切り離すことができる新しいオプションも加わりました。個々の画像調整の設定はプリセットとして保存し、メニューコマンドから選んで自動的に適用することができるようになったため、フォトグラファーは、よく行なう調整を素早くかつ簡単に適用することができます。

Aperture 1.5の革新的な新しいエクスポートAPIプラグインアーキテクチャにより、サードパーティデベロッパは、Apertureのワークフローを補完するアプリケーションやサービスにシームレスに接続するプラグインを開発して、拡大するApertureのユーザコミュニティに市場を広げることが可能となります。Getty Images、iStockphoto、Pictage、Flickr、PhotoShelter、DigitalFusion、Soundslides そして Connected Flowを含む、業界をリードする企業が開発したプラグインのデモがフォトキナ2006で実施されます。これらのプラグインは、この新しいアーキテクチャを利用して可能となる印刷、出版そしてストレージのワークフローを紹介するものです。

【価格と販売について】 Aperture 1.5は、現行のAperture 1.0のユーザを対象に、無料アップグレードとして英語版、フランス語版、ドイツ語版、日本語版で今週より提供されます。新規のお客様には、アップルのオンラインストアであるApple Store® (http://www.apple.com/japanstore/)、アップル直営店、およびアップル製品取扱取扱店を通じて34,000円にて予約販売を受け付けます。

Apertureに必要なシステム条件および詳細な情報は、 http://www.apple.com/jp/aperture/にてご覧いただくことができます。

本リリースに記載されている価格は税込み、メーカー希望小売価格です。


【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。数々の賞に輝く革新的なデスクトップおよびノートブック型コンピュータ、Mac OS Xオペレーティングシステム、iLifeデジタルライフスタイル・アプリケーション、そしてプロ向けの各種アプリケーションで業界をリードし続けています。これに加えて、ポータブルミュージックプレーヤー市場をリードするiPodファミリーと、オンラインのiTunes Music Storeにより、アップルはデジタルミュージックの分野でも先頭に立ってその革命を推し進めています。

© 2006 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, Aperture, iLife, iWork, iDVD, MacBook, iWeb, Keynote, iPod, iTunes iPhoto, AppleScript and Apple Store are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000