Apple Press Info

News Release

Mac OS X Leopard、発売後最初の週末で
200万本を突破

2007年10月30日、アップルは本日、10月26日(金)に発売した「Mac OS® X Leopard(マックオーエステン・レパード)」の販売*件数がすでに200万本を超えたことを発表しました。これは、これまでのアップルの歴史の中で最も多くを売り上げたOSリリースであるMac OS X Tigerの最初の週末の販売件数をはるかに上回るペースです。Leopardの販売件数には、アップル直営店、アップル製品取扱店、アップルオンラインストアを通じて販売されたもの、ソフトウェア自動送付サービスで提供されたもの、および新しいMac®コンピュータにバンドルされたものが含まれています。LeopardはMac OS Xとして6回目のメジャーリリースで、300以上の新機能が搭載されています。

「早くもLeopardはお客様の間で大ヒットとなる兆しを見せています。Leopardの革新的な特長は各方面で高く評価されており、これまで以上に多くの人がMacに乗り換えることを考え始めています。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。

Leopardには、Mac上のあらゆる情報をユーザが意識することなく自動的にバックアップするTime Machine機能**、複数のMac間でファイルを素早く閲覧、共有することができる新しいデザインのFinder、アプリケーションを開くことなくファイルの内容をすぐに見ることができるQuick Look、アプリケーションのグループをいくつか作成してそれらを瞬時に切り替えることができる直感的な新機能Spaces、Dockから簡単にファイルにアクセスすることができる新機能Stacksを特長とするまったく新しいデスクトップ、そして大幅に改良されたMailとiChatなどが含まれています。

【価格と販売について】
Mac OS Xバージョン10.5 Leopardは、オンラインのApple Store
(http://www.apple.com/japanstore/ )、直営店のApple Storeおよびアップル製品取扱販売店を通じて、シングルユーザライセンスが14,800円にて販売されます。同一住居内にお住まいの5人分のユーザライセンスを含むMac OS X Leopardファミリーパックは、22,800円にて販売されます。アップルではボリュームライセンスおよびソフトウェア自動送付サービスもご用意しています。Leopardのご利用には最低512MBのRAMが必要です。Leopardは、Intel、PowerPC G5またはG4 (867MHz以上)のプロセッサを搭載したすべてのMacintosh®コンピュータで動作するよう設計されています。必要なシステム条件の詳細は、www.apple.com/jp/macosx/techspecs/ にてご覧いただくことができます。

*ソフトウェア自動送付サービス対象者への出荷を含む。

**別売の追加ハードディスクドライブが必要です。

※文中の価格はすべて税込み、メーカー希望小売価格です。


【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。数々の賞に輝く革新的なコンピュータ、Mac OS Xオペレーティングシステム、iLifeデジタルライフスタイル・アプリケーション、そしてプロ向けの各種アプリケーションで業界をリードし続けています。これに加えてアップルは、ポータブルミュージックおよびビデオプレーヤーのiPodと、オンラインのiTunes Storeにより、デジタルメディアの分野でも先頭に立ってその革命を推し進め、さらに本年、革新的なiPhoneによって携帯電話市場にも参入しました。

© 2007 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, Apple Store and iChat are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000