Apple Press Info

アップル、Mac OS X Snow Leopardをデベロッパにプレビュー

2008年6月10日、アップルは本日、OS X Leopardの素晴らしい成功を土台とし、世界で最も先進的なオペレーティングシステムの次期メジャーバージョンとなるMac OS® X Snow Leopardをプレビューしました。Snow Leopardでは、新機能の搭載にフォーカスするよりも、OS Xの性能をさらに高め、新しい品質基準を打ち立て、将来のOS Xの革新に向け基礎を築くことに主眼が置かれています。Snow Leopardはマルチコアプロセッサに最適化されているほか、グラフィックプロセッシングユニット(GPU)の膨大な計算能力を利用し、飛躍的な量のRAMの搭載を可能にし、QuickTime® Xによる新しくモダンなメディアプラットフォームを特長としています。Snow LeopardはそのままでMicrosoft Exchange 2007をサポートすることが可能で、約1年後の出荷を予定しています。

「私達は、OS Xの登場から7年の間に1,000以上の新機能を加えてきました。Snow Leopardは今後さらに追加される何千もの新機能の基礎となるものです。今後とも最高のユーザエクスペリエンスを提供し続けるため、新機能の追加は一休みし、世界で最も先進的なオペレーティングシステムの完成度をさらに高めることに焦点を当てたのがSnow Leopardです。」と、アップルのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント のバートランド・サーレイは述べています。

Snow Leopardはコードネーム「Grand Central」という新技術を使い、他の追随を許さないマルチコアプロセッサのサポートを提供します。これにより、デベロッパはマルチコアMacのパワーをフルに活かしたプログラムを作ることが容易になります。Snow Leopardはまた、Open Computing Language (OpenCL) でモダンなハードウェアへのサポートをさらに拡大します。OpenCLは、これまでグラフィックスアプリケーションでしか利用できなかった膨大なギガフロップスものGPU計算能力をどのアプリケーションでも利用できるようにします。OpenCLはC言語をベースとしており、オープンスタンダードとして提案されています。64ビットテクノロジーにおけるOS Xのリードをさらに広げるため、Snow Leopardはシステムメモリのソフトウェア制限を理論上16TBのRAMにまで高めます。

OS X iPhone™で初めて使われたメディアテクノロジーを利用し、Snow LeopardはQuickTime Xを導入します。これはモダンなオーディオおよびビデオフォーマットのサポートを最適化するもので、極めて効率的なメディア再生を可能にします。Snow Leopardにはまた、これまでで最も高速なJavaScriptの実装を実現したSafari®が含まれています。これにより、パフォーマンスは53%向上し、Web 2.0アプリケーションのレスポンスもより速く感じるようになります。*

また、OS Xでは初めて、Mail、iCal®そしてアドレスブックといったOS Xアプリケーションの中にMicrosoft Exchange 2007のネイティブサポートを含むようになり、あらゆる規模の組織へのMacの導入がさらに容易になります。

*パフォーマンスはシステム構成、ネットワーク接続その他の要因によって変わります。ベンチマークは、2GBのRAMを搭載したiMac® 2.8 GHz Intel Core 2 Duoシステム上でMac OS X Snow Leopardを動作させて、SunSpider JavaScript Performanceテストを行なったときのものです。


【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。数々の賞に輝く革新的なコンピュータ、Mac OS Xオペレーティングシステム、iLifeデジタルライフスタイル・アプリケーション、そしてプロ向けの各種アプリケーションで業界をリードし続けています。これに加えてアップルは、ポータブルミュージックおよびビデオプレーヤーのiPodと、オンラインのiTunes Storeにより、デジタルメディアの分野でも先頭に立ってその革命を推し進め、さらに革新的なiPhoneによって携帯電話市場にも参入しました。

© 2008 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, QuickTime, iPhone, Safari and iCal are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000