Apple Press Info

アップルのワールドワイドデベロッパカンファレンス、6月8日(月)に基調講演で開幕

2009年5月13日、アップルは本日、恒例のワールドワイドデベロッパカンファレンス(世界開発者会議、以下WWDC)が、6月8日(月)午前10時(米国西海岸時間)から始まる基調講演で開幕します。アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーを始めとするアップルのエグゼクティブたちが基調講演を行ないます。WWDCでは、世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムであるiPhone™ OS 3.0と、世界最高のデスクトップオペレーティングシステムをさらに強化、洗練させ、将来のMac®イノベーションの基礎となる、Mac OS® X Snow Leopard™の両方について、詳細なセッションが提供されます。

「昨年6月には、Mac OS® X Snow Leopardの土台を形成する強力な新技術の早期開発段階をお見せしました。今年のWWDCでは、Developer Previewリリースの最終版を提供いたします。デベロッパの皆さんには、我々がSnow Leopardをどれだけ大きく進歩させたかを見ていただけるとともに、製品版のリリースに向けて協力していただけるものと思います。」と、アップルのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、バートランド・サーレイは述べています。

Snow LeopardとMacのテクニカルセッションでは、オペレーティングシステムへの何百もの改良点が紹介され、64ビットアーキテクチャ、QuickTime® X、次世代マルチコアおよびGPUプロセッササポート、それに驚くべき新しいアクセシビリティー技術など、Snow Leopardの新技術について詳細な説明が行われます。iPhone OS 3.0のテクニカルセッションでは、デベロッパがiPhone OS 3.0 SDKやiPhone OS 3.0のための1,000以上の新しいAPIについて、できるだけ多くの知識を得ることができるよう、入門的なコンセプトから上級コンセプトまで幅広くカバーされます。

WWDCは、参加者とアップルのエンジニアが一緒にコードレベルの問題を解決したり、開発技術について新たな知識を得たり、インターフェイスデザインについて専門家のアドバイスを得たりすることができるユニークな機会を提供します。

WWDC 2009ではこれ以外にも以下のようなアクティビティーが予定されています。

※ iPhone商標はアイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。


【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。数々の賞に輝く革新的なコンピュータ、Mac OS Xオペレーティングシステム、iLifeデジタルライフスタイル・アプリケーション、そしてプロ向けの各種アプリケーションで業界をリードし続けています。これに加えてアップルは、ポータブルミュージックおよびビデオプレーヤーのiPodと、オンラインのiTunes Storeにより、デジタルメディアの分野でも先頭に立ってその革命を推し進め、さらに革新的なiPhoneによって携帯電話市場にも参入しました。

©2009 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, iPhone, Snow Leopard and QuickTime are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.


Apple Japan 03-4345-2000