Apple Press Info

(米国発表資料抄訳―2010年7月5日)

iPhone 4に関するAppleからのお知らせ

iPhone 4ユーザの皆様へ

iPhone 4の販売開始にあたっては、Apple製品の中で最も成功したものとなりました。世界中のレビューアから、これまでのどのスマートフォンよりも優れているとの評価をいただいているほか、ユーザからも好評を頂いています。
電波の受信に問題があるとの報告を聞き、我々はただちに問題の調査に乗り出しました。ここに、これまでに判明したことをお知らせいたします。

まず、ほとんどの携帯電話は、特定の持ち方をすることで受信状態が悪くなり、受信状態を示すバーが1本以上少なくなることがあります。これはiPhone 4でもiPhone 3GSでも、あるいは多くのDroid、Nokia、RIM製の携帯電話でも同じです。しかし何人かのユーザからiPhone 4の場合、本体のメタルバンドの左下角にある黒い切れ目を覆うように持つと、バーの数が4本か5本も少なくなると報告されています。これは通常よりはるかに大きな低下であり、iPhone 4のアンテナの設計の問題であると指摘する声がでてきています。

一方、iPhone 4の受信状態はiPhone 3GSよりも良いと書かれた記事や、ユーザからの喜びの声も続々と届いています。このことは私たち自身の経験や試験結果とも一致しています。

受信状態を示すバーの数が大きく減る原因を調査したところ、以下の通りとなりました。

調査の結果、電波の強さを示すバーの数を何本表示するかを計算するために我々が使っている数式が間違っていたことが判明しました。現在使用している数式は多くの場合、特定の電波の強さに対して、バーの数を誤って2本多く表示してしまいます。例えば、本来2本表示すべきところ、4本表示してしまうということがあります。iPhoneを特定の方法で握った時にバーの数が数本減る場合、ほぼ間違いなくユーザは非常に電波が弱い地域にいるはずです。しかし、誤って4本から5本のバーを表示するため、ユーザはそのことに気がつきません。バーの数が大きく減るのは、そもそも実際以上に多くのバーを表示していたためです。

これを修正するため、我々は、電波の強さに対しバーを表示するための、AT&Tの推奨する最新の数式を採用いたします。実際の電波の強さは同じですが、iPhoneのバーの表示はより正確になり、ユーザのそれぞれの場所での電波の状態もより正確に表示されます。また、1、2及び3番目のバーを少し長くし、より見やすくします。

我々は、修正した数式を組み込んだ無料ソフトウェアアップデートを数週間以内に提供いたします。この問題はオリジナルのiPhoneから存在していたため、このソフトウェアアップデートはiPhone 3GSおよびiPhone 3Gにも適用されます。

我々は研究室においてすべてを再試験したところ、従来と同じく、iPhone 4のワイヤレス性能はこれまでに我々が出荷した製品の中で最高のものとの結果を得ました。この問題を経験されていない大多数のユーザにとって、このソフトウェアアップデートはバーの数をより正確に表示するというものです。ご心配をおかけした皆様には、深くお詫び申し上げます。

尚、万一お買い求めいただいたiPhoneがお気に召さない場合は、ご購入された日から30日以内に損傷していないiPhoneをApple直営店かApple Online Storeまでお返しいただきましたら、代金を全額返金させていただきます。

これからもiPhone 4を愛用いただきますようお願い申し上げます。
皆様のご理解、ご支援に感謝いたします。

Apple

※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

※ 本資料は、2010年7月2日付けで米国アップルが発表した内容を翻訳したものです。



Apple Japan 03-4345-2000