事業系Apple製品のリサイクルについて

Q1. 回収対象機器を教えて下さい。

A. 

Apple製コンピュータ本体およびディスプレイ装置、iPad、iPhone、iPod、Apple Watch、サーバー、その他周辺機器が対象となります。

Q2. 対象機器とあわせて回収してもらえる付属品について教えてください。

A. 

Apple製のキーボード、マウス、コード類、マイク、スピーカーなど、製品に同梱されていた装置が対象です。

Q3. 対象外となる付属品についても教えてください。

A. 

容器包装材、マニュアル・説明書などの紙類、ソフトウエアパッケージ、フロッピーディスク・CD-ROMなどの媒体も対象外となります。

Q4. リース物件も回収してもらえますか?

A. 

排出する機器の所有者との契約が前提になりますので、リース会社に所有権の確認をした上で「Appleリサイクルセンター」にご相談ください。

Q5. 離島地域も対応可能ですか?

A. 

一部、離島等、回収できない場合もございますので「Appleリサイクルセンター」にご相談ください。

Q6. 台数に制限はありますか?

A. 

特にありません、1台でも回収いたします。

Q7. リサイクルの料金は?

A. 

お客さまからの排出場所、回収条件により費用が変わってきますので、その都度、別途にお見積りさせていただきます。

Q8. PCリサイクルマーク付きの場合、料金がかかるのでしょうか?

A. 

Appleは2003年10月以降(家庭系PCリサイクル制度後)すべてのパーソナルコンピュータ本体およびディスプレイ装置に「PCリサイクルマーク」を同梱して販売しております。この「PCリサイクルマーク」シールが貼付された装置が事業系PCリサイクル(産業廃棄物)として排出された場合、その対象製品についての回収・リサイクル費用については無料で処理いたします。ただし、PCリサイクルマークの有り無しに関わらず、お客様の回収をご希望する住所や、回収作業条件、回収台数により、請求をさせていただく場合がこざいます。

Q9. 回収するコンピュータのハードディスクのデータをあらかじめ消去しておくことは必要ですか?

A. 

大切なデータ(情報)の管理は、お客様の責任で行っていただく必要があります。社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)では、パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関する留意事項を作成し、ホームページで公表しています。このページでは利用者によるデータの消去を推奨しておりますので、ご参照ください。

Q10. 産業廃棄物処理委託契約が必要ですか?

A. 

回収申込書と一緒に約款をお送りいたしますので、そちらの内容をよくお読みいただき合意の上、記名・捺印をしていただきます。弊社から申込受付完了の連絡が届きましたら契約締結となります。Appleから送られてくる「資産滅却・廃棄処理報告書」と合わせて、5年間保管してください。

Q11. マニフェスト管理票は発行してもらえますか?

A. 

広域認定による回収の場合、マニフェスト管理票は不要となります。

Q12. リサイクル料金はいつ支払うのですか?

A. 

料金は前払い制となっております。

Q13. 支払い方法を教えてください。

A. 

Appleへの申し込み後、指定の銀行口座に料金をお振込ください。振込手数料はお客さま負担でお願いいたします。請求書及び領収書は発行いたしませんのでご了承ください。

Q14. 申し込みをし、入金を済ませましたが、事情によりキャンセルすることとなりました。この場合は、返金はしてもらえるのですか?

A. 

回収される製品を引き渡す前であれば、Appleリサイクルセンターに連絡して解約することが可能です。その場合、返金にかかる手数料などはご負担していただき、お支払いいただいた料金から返金手数料を減額した金額を返金させていただきます。なお、入金から長期に渡ってキャンセルのご連絡がない場合、返金に応じられないこともあります。いったん回収された製品については回収品の返却も返金も行えません。あらかじめご承知ください。

Q15. 一度回収した機器のキャンセルは可能ですか?

A. 

一度回収した機器のキャンセルはできません。

Q16. 申込み、契約締結後に排出する機種・数量を変更したい場合、どうしたら良いでしょうか?

A. 

契約締結後、排出時までに機種・数量を変更する場合、「Appleリサイクルセンター」までご一報ください。

Q17. 回収した機器はどのように再資源化がなされるのでしょうか?

A. 

回収した使用済み機器はリサイクル処理工場に運ばれ、そこで分解、素材別分類後、鉄、銅、アルミ、ガラスなどはもちろん金、銀、コバルトなどの希少金属まで資源として再利用されます。

Q18. 処理完了の報告はしてもらえますか?

A. 

再資源化処理終了後、「資産滅却・廃棄処理報告書」1部を無料で郵送いたします。

Q19. 「資産滅却・廃棄処理報告書」が届く迄、どのくらいかかりますか?

A. 

回収後1〜2ヶ月程度とお考えください。