お役立ち情報: ヘッドフォンのQ&A

戻る

自分に最適のヘッドフォンを見つける

ヘッドフォンのスタイルにはどんなものがありますか?

ヘッドフォンには、主に3つの種類があります。

まず、耳をすっぽりと覆って外部の音を遮断するようにデザインされたオーバーイヤー式ヘッドフォン。

ふたつ目は、オンイヤー式ヘッドフォン。オーバーイヤー式ヘッドフォンに似ていますが、耳をすっぽりと覆うのではなく、耳にジャストフィットするコンパクトタイプです。

最後は、インイヤー式ヘッドフォン。このヘッドフォンは、さらに2つのグループに分けられます。

  1. Apple iPodイヤフォンをはじめとするイヤーバッド式ヘッドフォン。外耳部分(外耳道の入り口部分)に装着して使います。
  2. 文字通りのインイヤー式ヘッドフォン。外耳道に差し込んで使うタイプで、周囲の雑音のほとんどを遮断します。

ノイズキャンセリング機能で雑音をカットする

「ノイズキャンセリングヘッドフォン」とは何ですか?

「ノイズキャンセリング」(別名「アクティブキャンセリング」)ヘッドフォンは、電子技術を使って環境騒音を集め、その逆位相の音を発生させて音楽に重ねます。環境騒音と逆位相の波を重ねると騒音が打ち消され、雑音が大幅に低減します。この技術は、飛行機や地下鉄の中などで聞こえる、低く単調な騒音の低減に特に効果的です。このタイプのヘッドフォンには電池が必要なことに注意しましょう。ただし、電池なし、またはアクティブキャンセレーション機能をオフにしても音楽を聴けるモデルもあります。アクティブキャンセリング技術は、インイヤー式、オンイヤー式、オーバーイヤー式ヘッドフォンで利用されています。

電池を使わなくても環境騒音を消してくれるヘッドフォンはありますか?

密閉型のインイヤー式ヘッドフォンがおすすめです。インイヤー式ヘッドフォンは、シリコンまたはゴム製のイヤーキャップが耳の中にぴったりとフィットし、電子技術を使わずに外部の雑音を低減させます。すぐれた密着性でほとんどの環境騒音をブロックするため、適度な音量で音楽の世界にひたることができます。ほとんどのインイヤー式ヘッドフォンにはサイズの異なるイヤーキャップが付いていて、自分の耳にジャストフィットするサイズを選ぶことができます。バッグやスーツケースに入れて持ち運ぶのに便利な保管用ケースが付いている製品もあります。

メモ:密閉式ヘッドフォンやアクティブノイズキャンセリングヘッドフォンをつけると、周囲の音が聞こえなくなります。道路の横断やサイクリングなどでは、周囲の状況に十分注意してください。

周囲の音を遮断したくない時は、どうすればいいですか?

オフィス、ジムや自宅などで音楽を聴きながら、周囲の様子も知りたい時は、標準のオンイヤー式、オーバーイヤー式、イヤーバッド式ヘッドフォンがぴったりです。新技術を採用したモデルでは、最高のサウンドを楽しみながら、周辺の音も聞くことができます。

iPhone 3Gでヘッドフォンを使う

iPhoneでは、すべてのワイヤード(有線)ヘッドフォンを使えますか?

iPhone 3Gには標準ヘッドフォンジャックが装備されており、アダプタは必要ありません。また、オンラインのApple Storeで購入できるすべてのヘッドフォンはiPhone 3Gのヘッドフォンジャックに対応しているため、アダプタは不要です。

お使いのiPhone 3Gの種類にかかわらず、通話や音楽再生に便利なインラインマイク付きのヘッドフォンをおすすめします。曲の再生、一時停止、早送り、巻き戻しができるiPhone 3Gコントローラが組み込まれたモデルもあります。マイク付きのヘッドフォンを「ヘッドセット」と呼ぶこともあります。

ヘッドフォンとワークアウト

ワークアウトしながら音楽を聴きたい時は、どのヘッドフォンがいいですか?

インイヤー式ヘッドフォンが最も軽く、耳にぴったりフィットするので、ワークアウトにおすすめします。正しく装着すれば、はずれたりする心配もなく、快適にワークアウトを楽しめます。インイヤー式ヘッドフォンが合わない方は、イヤーバッド式ヘッドフォンや、耳掛けフック付きのオーバーイヤー式ヘッドフォンを検討しましょう。快適にしっかりフィットするので、思いきりワークアウトできます。

ハイクオリティサウンド

ヘッドフォンの値段に大きな幅があるのはなぜですか?

高度な音響技術と複数のドライバ(スピーカー)の採用でヘッドフォンの値段が高くなることがありますが、一般的には値段と音質は比例しています。シングル、ダブル、トリプルドライバのヘッドフォンでは、サウンドの明瞭さと低音域レスポンスがそれぞれ異なり、ドライバの数がヘッドフォンの値段を決める最大の要因になっています。