• 5点中3.0

    電源不足と不安定だが必須アイテム

    電源を付けない1本のケーブルだけで接続するバスパワー駆動のストレージは電源が不足し認識されません。ACアダプタ付の周辺機器を接続するのであれば問題ないと思います。また、ストレージを複数接続している場合、Mac再起動後の認識までに少し時間がかかります。いろいろありますが、ここまで互換されているのはすごいと思いますし、無いと非常に困るアイテムです。

    3 人中、3 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中1.0

    接続が不安定で使うのを辞めました

    新しく買ったMacBook ProにFirewireコネクタが装備されておらず、従来から使っていた外付けHDD(WD製)がFirewire仕様だったために、この商品を購入しました。

    ところが、MacBook Pro側のアダプタをちょっと触っただけでHDDが不正にEjectされることが頻発。多いときは1時間に数回起こるため、最近Wirefireでの接続を諦め、外付けHDDに装備されているUSB2.0で接続したら安定しました。

    本当は、アダプタでははくThuderbolt-Firewireケーブルが1本あれば事足りるんですが、そういうものはネットを探してもありませんでした。

    とても残念ですが、無駄な買い物だったようです。

    9 人中、8 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中5.0

    接続時の安定性が向上

    動作環境
    MacBookPro 2011後期
    OS X 10.8
    SoftPlayer Audirvana Plus + iTunes 最新
    RME Fireface800(Driver Version 3.14)
    RME Firmware 最新

    初めはFireface 800で直接接続していたのですが、RMEをONするタイミングをいろいろ変えても、時々RMEのMixerソフトがフリーズしてノイズが出たり音の出ない状態になり、RMEの電源を切ってから再度入れるとソフトがOKとなる事象が発生していました。
    Thunderbolt-Firewireコード経由で接続すると、MacBookオン後にRMEの電源を入れればいつ入れても、問題なくなりました。
    再生音も少し良くなった様に感じました。

    2 人中、2 人が「役に立った」と投票しています