• 5点中4.0

    使えば分かる商品

    Bluetoothでコードがないというのは非常に便利です。
    主にPCで使用していますが、席を外してもサウンドが聞こえるので重宝しています。
    PCの他にもタブレットと携帯でも使うことがありますが切り替えることで不自由なく使えます。
    Wirelessで使うことが出来ますがiPhone等で使えるマイク付きコードと通常のコードの2種類が同梱されているので必要があれば有線で使えます。

    電源を初めて入れると起動音とノイズキャンセリング機能が働きます。ノイズキャンセリング機能は自分の声ですら遠くに聞こえます。周りの音が遮断されますがヘッドフォンから微かにサーっと聞こえた状態が続きます。
    本体の充電残量もLEDで5段階になっているのでひと目で分かります。0になった場合は付属の充電コードで充電しながら使用することでも出来ます。
    iTunesで曲を再生中に本体L側のロゴを押すと一時停止します。ロゴの上下を押すことで音量を変更できます。
    付け方の問題か長時間の使用で頭の接し面と耳が痛くなります。
    たまご型のケースに収納することができるので長期使用が出来そうです。

    55 人中、44 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中5.0

    買ってよかった。

     本当はBeats Studio V2のAlexander wangモデルの販売を待っていたのですが....出る気配がないのでWirelessを購入しました。

     BeatsのヘッドホンはSolo HDとProの2つの製品を持っていました。どちらも有線ヘッドホンでケーブルをささないと使えませんでした。しかしそのケーブルが絡まったり、引っかかったり、タッチノイズが大きかったりと快適に使えないことがありました。
    また、両製品ともノイズキャンセル機能はついておらず電車内で使う場合、音量をとりづらい場面が多々ありました。

     しかしStudio Wirelessにしてから本当に快適です。まず煩わしいケーブルがないということでどこへでも持ち運びたくなります。この製品と出会うまでBluetoothヘッドホンは持ち運びは楽だけど音質が悪いというイメージがありましたが、Studio Wirelessはケーブルで聞くのと変わらないくらいの音質です。これはiPhoneのBluetoothのオーディオフォーマットがACCに対応したのも大きいと思いますが.... 

     また、Studio WirelessはProとSolo HDの良いところを兼ね備えた製品だと思います。
    Proのように高音から低音までクリアでいままでのBeats Studioとは比べ物にならないほどですし、Solo HDのように軽量です。(実際は70gほど重いですが)
     
     ノイズキャンセリングの効きですが良いと思います。BoseのQuietComfortほどの効きはしませんが、自然な効き方をしていると思います。ホワイトノイズが音源によって多少気になることはあります。ノイズキャンセリング専用モードにはまた驚かされました。集中したいときに便利かもしれません。

     本体左側のイヤーカップがBluetooth接続時の音量やiPodの操作パネルとなっています。Siriには対応していません。(Bluetooth接続時に[b]を長押しするとノイズキャンセリング専用モードに移行します。)装着しながらの操作も特に問題ありません。またBluetooth接続起動時と終了時のサウンドもかっこいいです。ぜひ試聴の際ぜひ聞いてみてください。これはStudio V2にはない機能です。
    ケーブル接続時には[b]はStudio V2のようにミュートボタンになっています。そしてヘッドホンにケーブルを差し込むとStudio V2と同じく自動的に電源が入ります。
     
    装着感もすごくいいです。イヤーパッドがもっちりしていて肌触りがいいですし、Solo HDやProのように側圧がそれほど強くありません。3時間ほどつけていましたが耳が痛くなることはありませんでした。

     私はシルバーを購入しましたが、マッドな仕上がりでプラスチック製ですが高級感があるような気がします。Studio V2にはブルーやレッドのような鮮やかものもありますがテカっていて安っぽくみえるので..Wirelessはぜひマッドな仕上げでレッドやブルーなどのカラーバリエーションが増えるといいですね。

     Studio V2のように音楽を聞く際は電源をオンにしないと使えません。充電を忘れてしまうと音楽が聞けないので電池残量を確認し充電しないといけません。しかし、iPhoneと接続する場合ステータスバーにStudio Wirelessの電池残量が表示される(Bluetooth接続時)ので充電を忘れる心配はないかもですね。

     ヘッドホンで約4万円というのはためらう方もいるかと思いますが、私はこの製品を購入して良かったと思っています。

    167 人中、153 人が「役に立った」と投票しています