• 5点中1.0

    運動に使う方は買わない方がいいです

    買って1ヶ月で2回故障しています
    いずれもジムでの使用で、汗による浸水かと思われます
    Powerbeats2の時も一年で4回故障しましたから、2でも対策されたようには思えません
    フィット感がいいのに残念です

  • 5点中5.0

    防水でワイヤレス、最高です

    とにかく買ってよかった。
    Bose AE2 でワイヤレスの快適さを知ってしまったのですが、ヘッドフォンはかさばったり暑かったりするので、もっと手軽にということで購入しました。防水をあまり意識していなかったのですが、iPhone7が防水なので一緒にどこでも使えるのがとても良いです。これまでのヘッドフォンは、雨の日は使わなかったのですが、もう気にしなくていいです。
    音質は重低音強めです。インナーイヤータイプでこの価格帯のものの中では比較的良い音質だと思います。(あくまで個人の感想ですが、ゼンハイザー好きなので重低音強めに感じたのかも。ソ◯ーの高いくせに音質が酷いといった類ではないです。)

    1 人中、1 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中4.0

    複数のApple製品をお使いの方にはお勧めのイヤフォンです!

    AirPodsの発売をずっと待ってたのですが、待ち切れずに同じW1チップを搭載したPowerbeats3を購入してみました。

    beatsの製品はこれまで使ったことがなく、前モデルのPowerbeats2のレビューがイマイチだったので躊躇しましたが、実際使用してみると前評判通りApple製品に囲まれてる人にはとてもお勧めできるイヤフォンだと思いました。

    個人差はあるかも知れませんが、イヤーフックの形状が耳にとてもフィットし、とても軽量なので激しいワークアウトでも外れたりする心配はなさそうです。ケーブルはやや硬めなので、着用している服によっては引っ掛かりが気になるかも知れません。この辺りはやはりスポーツ用なのかなと感じました。

    耐汗・防沫機能があるとのことですが、充電用のmicro USB端子にカバーが無いのがちょっと心配です。何よりAppleの傘下になったならLightning端子にして欲しかったなとも思います(笑)

    音に関しては最初はこもった感じに聴こえてイマイチかな?と思ったのですが、色々な曲を聴いてみると低音から高音まで中々クリアに聴こえました。個人的にそこまで音質を気にしない方なので、この辺りは他のレビューを参考にして頂いた方が良いかと思います(笑)

    バッテリーに関してはまだ使い込んでませんが、公称の約12時間使えて5分の充電で約1時間再生できれば十分だと思います。

    操作に関して説明書に記載がなく焦ったのですが、中央ボタンのダブルクリックで早送り、トリプルクリックで巻き戻しができます。

    さて本題ですが、AirPodsやこのPowerbeats3を検討している方が重要視している一つに、複数のApple製品とのシームレスな切り替えがあると思います。手持ちの複数のApple製品で試したのですが、ややハマったので参考になれば幸いです。

    まず、iPhone 7 plusに近付けるだけであっさりペアリングできました。iPad Pro、MacBook Air、Apple Watch 2でもiCloud経由で何もしなくともペアリングされ、Powerbeats3を選ぶだけですぐに使えました。

    ただ、iMac 5k 2015のみBluetoothには出てくるものの、接続を押してもクルクル回ってグレーアウトしたまま。何かの拍子に一度繋がりましたが、その後はiMacを再起動しても一旦全ての機器でペアリングを解除してもグレーアウトして接続できませんでした。

    そこでふとサードパーティ製のテンキーの電源を切ってみると、あっさり接続できました。理由は分かりませんが混線してたんでしょうか?一旦接続できると、その後は問題無く使用できています。Bluetoothの機器名はグレーアウトしたままですが、サウンドの出力からPowerbeats3を選択すれば、普通に使用できてBluetoothでも接続されます。もし、Macで接続ができないって方で、複数のBluetooth機器を接続されている方はお試し下さい。

    一旦繋がってしまえば本当に便利で、普通のBluetooth接続のイヤフォンには戻れなさそうです!

    もしAirPods待ちの方居ましたら、一足先にW1チップの便利さを体感できるのでお勧めですよ!(笑)AirPodsが発売されても、スポーツ用途などに使い分ければ無駄になりませんしね!

    3 人中、3 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中4.0

    ケーブルからの解放感。音質もなかなか。

    ​iPhone7を購入し、3.5mm変換ケーブルが煩わしいと感じたため、このワイヤレスイヤホンを購入しました。自分が既に所有しているbeats tour v2と比較してレビューします。
    【装着感】
    付属のイヤーチップが自分には合わなかったため、tour v2に付属していたイヤーチップを付けたところ、しっかりとフィットしました。眼鏡をかけていても干渉せず、問題ありません。ワークアウト用とだけあって激しく動いてもほぼズレません。音楽を流していても周囲の音や風の音が少し聞こえ、tour v2よりも密閉感はやや劣ります。
    【音質】
    tour v2と比べると、高音域の臨場感が若干不足している気がします。しかし低音は引けを取っておらず、総合するとワイヤレスにしては頑張っているという印象です。基本的に外出用なのでそこまで神経質にならなければ、(特に低音は)文句無しの音質だと思います。
    【バッテリー】
    1日普通に生活している上では十分だと思います。四六時中使用しないのであれば全く心配ありません。もし不安であればモバイルバッテリーを持ち歩くことをお勧めします。
    【bluetooth接続】
    他のワイヤレスイヤホンを所有していませんが、Appleのデバイスとのペアリングは非常に簡単です。またデバイス(iPhoneとiPad)間の切り替えも楽です。ちなみにWindowsPCともペアリングできます。街中で使用していても音切れなどはありませんでした。
    【遅延】
    映画や動画では遅延がほぼ気になりませんが、ゲームでは若干遅延を感じられます。あくまで外出中に音楽を聴くためのものと考えた方が良いです。
    一週間ほど使用しましたが、概ね満足しています。有線ケーブルが邪魔で困っている方で、そこそこ高音質であれば良いという方にお勧めします。一度店頭で試着し、確かめてみると良いでしょう。

    3 人中、3 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中5.0

    AirPodsもbeats xも延期になってしまったので

    気になっていた製品ではありましたが、個人的にイヤーフックと、ゴツさが気になり選択肢にはなかったのですがAirPodsもbeatsxも延期になり発売されるまで悶々とするくらいなら、と購入してみました。
    その結果は、買って正解でした。イヤーフックがもたらすフィット感には驚きました。通常のカナル型のように耳栓部分だけではない本体の形もフィット感に一役かっているのでしょう。長時間着けていても疲れることのない軽さも嬉しい誤算でした。
    そして、音質はまさにダイナミック型という感じでメリハリがあり、芯のある低音、そしてそれに埋もれることなく良く鳴る中高音域と非常にバランスのいい出音ではないかと思います。デュアルドライバのおかげでしょうか。解像感も悪くありませんし、ハイハットの音も潰れません。
    beats製品の音質に関してはあまりいい評判を聞いたことはなかったのですが、このPowerbeats3に関してはワイヤレスでこれだけの音が出ればコストパフォーマンスは十分と言えるでしょう。
    W1チップのおかげでバッテリー持ちもよく、Apple製品との相性はバッチリです。

    12 人中、11 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中5.0

    Apple製品を複数台お持ちなら是非!

    初めてbeats製品です。以前はソニーのワイヤレスイヤホンを1年ほど使ってました。
    iPhone6s、iPad pro、MacBook pro(2012年モデル) そして初代Apple Watch を所持しています。
    ワイヤレスの便利さはすでにソニーので実感済みです。音質にも一切不満がありませんでした。

    では何故買ったのか?それは他の製品のペアリングがとにかく面倒くさいから。
    普段はiPhoneで音楽をきいてるだけ、ランニングするときにApple Watchだけ持っていきたい。
    あるいは電車でiPadを使って動画が見たいときは
    1 イヤホンのペアリングをリセット
    2 iPadないしはApple Watchの設定をひらく
    3 Bluetoothをひらく
    4 ペアリングする。
    といった感じ、またiPhoneに戻すときはiPhoneのBluetoothに残っている
    イヤホンのペアリング情報を削除してまた1〜4をする。

    結構面倒でした。

    しかしこの製品はマジですごい。
    一度iPhoneに接続すれば、コントロールセンターから簡単に
    別の端末にペアリングすることができます。
    簡単かつスピーディーで本当に気楽にiPadにもApple Watchにも使えるようになりました!
    もちろんMacBookにも問題なく使えるので、ニコニコ動画やYouTubeを見るときに活用しています。

    音質も充分!つけ心地も快適です。自分でフックのところを調節できるので
    うまく調節したらもう本当に快適です。

    スポーツ用ですがそんなにゴツいわけでもなく、主張もしないので
    スーツや普段着にも合います。

    まぁ白とか青は目立つかもしれませんが、
    僕が買ったサイモンレッドは問題なかったです。
    赤好きの人はピンクっぽくも見えるので気になる人もいるかもしれませんが
    耳につけた状態だと本当にかっこいいですし、あんまりピンク感はないです。

    とにかく、電車の中でもうカチャカチャしなくてすむし、
    複数台Apple製品をお持ちの方なら本当に便利なのでぜひお勧めします。

    24 人中、20 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中4.0

    BeatsXがなかなか発売されないので代わりに購入しました

    タイトルのとおり、BeatsXがなかなか発売されないので代わりに購入しました。
    Beatsの製品は、Pro,Studio V2、Tour,Tour2,Studio wireless,Solo2 wirelessと色々と使い分けているのですが、イヤフォンとしては初のワイヤレスです。
    iOS10のiPhone6sと組み合わせて使っていますが、ペアリングはStudio wireless,Solo2 wirelessよりもはるかに簡単になっており、ペアリングができない時のイライラは解消されました。音楽を聴きながら、iPhoneを操作する時にヘッドフォンのケーブルが絡まるのがストレスなので、Studio wirelessを購入しワイヤレスの快適さを知ってしまい、早くイヤフォンでもワイヤレスが出ないかと待望しており、ケーブルから解放されるストレスフリーは一度体験すると止められません。
    音質もワイヤレスながら、Tour2に引けを取らず、特に低音が強化されているように感じられます。
    しかしながら、イヤーフックの形状が私には合わないのか、使い始めてまだ日が浅いからなのかわかりませんが、1時間程度装着していると耳が痛くなってしまいます。また、頭の後ろに回すケーブルが微妙に長く、アジャスターで長さを調節しないとスーツの襟に引っかかってしまい、横を向くのに難儀します。
    あくまでもワークアウト用にデザインされた製品であり、タウンユースには不向きだということを購入して改めて知りました。
    ワークアウトで使用するなら、Powerbeats3 Wirelessはベストな選択だと思います。しかし、通勤通学の電車の中で音楽を楽しみたいのであれば、BeatsXの発売を待つべきだと思います。私はワークアウトではなくタウンユースで使いたいので、BeatsXが発売されたら買い増しを考えています。

    37 人中、34 人が「役に立った」と投票しています