スプレッドシート内で移動する

操作

ショートカット

1 画面上へスクロールする
(プリントビューで)1 ページ上へスクロールする
Page Up
1 画面左へスクロールする
(プリントビューで)1 ページ左へスクロールする
Option+Page Up
1 画面下へスクロールする
(プリントビューで)1 ページ下へスクロールする
Page Down
1 画面右へスクロールする
(プリントビューで)1 ページ右へスクロールする
Option+Page Down
シートの先頭にスクロールする Home
シートの末尾にスクロールする End
前のシートに移動する コマンド+Page Up
前のシートに移動する(「シート」パネルでシートが選択されている場合) ←または↑
次のシートに移動する コマンド+Page Down
次のシートに移動する(「シート」パネルでシートが選択されている場合) →または↓

テキスト内を移動する

操作

ショートカット

1 文字左に移動する
1 文字右に移動する
1 行上に移動する
1 行下に移動する
現在または前の語の先頭に移動する Option+←
現在または次の語の末尾に移動する Option+→
現在の行の先頭に移動する コマンド+←
現在の行の末尾に移動する コマンド+→
現在の段落の先頭に移動する Option+↑
現在の段落の末尾に移動する Option+↓

テキストを選択する

操作

ショートカット

1 つまたは複数の文字を選択する 先頭の文字の手前でクリックし、選択する文字列の最後までドラッグする
語を選択する 語をダブルクリックする
段落を選択する 段落内をトリプルクリックする
選択されているオブジェクト内のテキストをすべて選択する コマンド+A
選択されているオブジェクト内のテキストをすべて選択解除する Shift+コマンド+A
テキストの選択範囲を広げる テキスト内をクリックし、Shift キーを押しながらテキスト内の別の場所をクリックする
選択範囲を 1 文字右に広げる Shift+→
選択範囲を 1 文字左に広げる Shift+←
選択範囲を現在の語の末尾まで広げる Shift+Option+→
選択範囲を現在の語の先頭まで広げる Shift+Option+←
選択範囲を現在の行の末尾まで広げる Shift+コマンド+→
選択範囲を現在の行の先頭まで広げる Shift+コマンド+←
選択範囲を 1 行上に広げる Shift+↑
選択範囲を 1 行下に広げる Shift+↓
選択範囲を現在の段落の先頭まで広げる Shift+Option+↑
選択範囲を現在の段落の末尾まで広げる Shift+Option+↓
選択範囲をテキストの先頭まで広げる Shift+コマンド+↑/Shift+Home
選択範囲をテキストの末尾まで広げる Shift+コマンド+↓/Shift+End
隣り合っていない語またはテキストのブロックを複数選択する 先頭のテキストを選択し、コマンドキーを押しながらその他のテキストを選択する

テキストのフォーマットを設定する

操作

ショートカット

「フォント」パネルを表示する コマンド+T
選択されているテキストをボールドにする コマンド+B
選択されているテキストをイタリックにする コマンド+I
選択されているテキストを下線付きにする コマンド+U
前の文字または選択範囲を削除する Delete
次の文字または選択範囲を削除する Del(一部のキーボードでは使用できません)
フォントサイズを大きくする コマンド+プラス記号(+)、またはコマンド+等号(=)
フォントサイズを小さくする コマンド+マイナス記号(-)
テキストを上付きにする Control+コマンド+プラス記号(+)
テキストを下付きにする Control+コマンド+マイナス記号(-)
テキストを左にそろえる コマンド+左中かっこ({)
テキストを中央にそろえる コマンド+縦棒(|)
テキストを右にそろえる コマンド+右中かっこ(})
テキストを左と右にそろえる(両端揃え) Option+コマンド+縦棒(|)
ハイパーリンクを無効にせずにハイパーリンクテキストを編集する 矢印キーを使ってハイパーリンクテキストに移動する
カット コマンド+X
コピー コマンド+C
ペースト コマンド+V
ペーストして、宛先に入っているテキストのフォーマットに合わせる Option+Shift+コマンド+V
改行なしスペースを挿入する Option+スペースバー
行区切り(ソフトリターン)を挿入する Shift+Return または Control+Return
段落区切りを挿入する Return

オブジェクトを操作する

操作

ショートカット

図形を描画する Option キーを押しながらツールバーの「図形」をクリックし、図形を選択して、キャンバスで十字型のポインタをドラッグする
グラフを描画する Option キーを押しながらツールバーの「グラフ」をクリックし、グラフを選択して、キャンバスで十字型のポインタをドラッグする
シート上のすべてのオブジェクトを選択する オブジェクトを 1 つ選択し、コマンド+A キーを押す
全オブジェクトの選択を解除する オブジェクトを 1 つ選択し、コマンド+Shift+A キーを押す
その他のオブジェクトを選択する/選択解除する コマンドキーを押しながらクリックするか、Shift キーを押しながらクリックする
選択範囲に範囲を追加するか、選択範囲から範囲を削除する Shift キーを押しながらドラッグするか、コマンドキーを押しながらドラッグする
選択したオブジェクトを 1 ポイント移動する 矢印キー
選択したオブジェクトを 10 ポイント移動する Shift+矢印キー
オブジェクトを最背面へ移動する Shift+コマンド+B
オブジェクトを 1 レイヤ背面へ移動する Option+Shift+コマンド+B
オブジェクトを最前面へ移動する Shift+コマンド+F
オブジェクトを 1 レイヤ前面へ移動する Option+Shift+コマンド+F
オブジェクトをグループ化する Option+コマンド+G
オブジェクトのグループ化を解除する Option+Shift+コマンド+G
オブジェクトをロックする コマンド+L
オブジェクトのロックを解除する Option+コマンド+L
オブジェクトを複製する コマンド+D キーを押すか、Option キーを押しながらドラッグする
オブジェクトの移動方向を 45º に制限する Shift キーを押しながらドラッグする
オブジェクトのサイズを変更する ハンドルをドラッグする
オブジェクトのサイズを中央から変更する Option キーを押しながらハンドルをドラッグする
オブジェクトのサイズ変更時に縦横比を固定する Shift キーを押しながらハンドルをドラッグする
中央からオブジェクトのサイズを変更するときに縦横比を固定する Option+Shift キーを押しながらハンドルをドラッグする
オブジェクトを回転させる コマンドキーを押しながらハンドルをドラッグする
オブジェクトを 45º 回転させる Shift+コマンドキーを押しながらハンドルをドラッグする
(中央ではなく)反対側のハンドルを軸にオブジェクトを回転させる コマンド+Option キーを押しながらハンドルをドラッグする
(中央ではなく)反対側のハンドルを軸にオブジェクトを 45º 回転させる Shift+コマンド+Option キーを押しながらハンドルをドラッグする
配置ガイドをオフにする コマンドキーを押しながらドラッグする
オブジェクトをマスクする/マスク解除する Shift+コマンド+M
マスクモードを終了する Return、コマンド+Return、Enter キーを押すか、ダブルクリックする
マスクモードを再開する マスクされているイメージをダブルクリックする
選択した項目のショートカットメニューを開く Control キーを押しながらクリックする
テキスト編集モードを終了し、オブジェクトを選択する コマンド+Return

表を操作する

操作

ショートカット

表内のすべてのセルの内容を選択する セルを 1 つ選択し、コマンド+A キーを押す
表内のすべてのセルの枠線を選択する 単独の枠線部分を選択し、コマンド+A キーを押す
選択した表、枠線部分、または選択したセルの内容を削除する Delete
表の移動方向を制限し、ガイドにスナップさせる Shift キーを押しながら表をドラッグする
選択したセルの内容をほかのセルに移動し、移動先セルの内容を変更する 選択したセルの枠線をドラッグし、ほかのセルが選択されたらボタンを放す
選択したセルの内容をほかのセルにコピーする Option キーを押しながら、選択したセルを別のセルまでドラッグする
選択したセルからほかのセルまで選択範囲を広げる Shift キーを押しながらほかのセルをクリックするか、Shift+矢印キーを使用する
セルを選択する セルをクリックする
選択範囲にセルを追加するか、選択範囲からセルを削除する コマンドキーを押しながら、選択したセル(または選択していないセル)をクリックする
セルの内容を編集する セルを選択し、1 回、2 回、または 3 回クリックする
セルの編集を中止し、セルを選択する コマンド+Return
表を選択する コマンドキーを押しながら、選択したセルをクリックする
単独の枠線部分を選択する(枠線選択が有効な場合) 選択した表または選択していない表の枠線部分をダブルクリックする
一続きの枠線部分を選択する(枠線選択が有効な場合) 選択した表または選択していない表のセグメントをクリックする
単独の枠線部分の選択を一続きの枠線部分の選択に変更する(枠線選択が有効な場合) 選択した部分をクリックする
単独の枠線部分または一続きの枠線部分を選択範囲に追加する(枠線選択が有効な場合) Shift キーまたはコマンドキーを押しながら、選択していない枠線部分をクリックする
単独の枠線部分の選択を解除する(枠線選択が有効な場合) Shift キーまたはコマンドキーを押しながら、選択した枠線部分をクリックする
選択した一続きの枠線部分を新しい位置に移動する(枠線選択が有効な場合) 選択した部分をドラッグする
選択した表、枠線、または一続きの枠線部分を 1 ポイント移動する 矢印キー
選択した表、枠線、または一続きの枠線部分を 10 ポイント移動する Shift+矢印キー
上下左右に隣接するセルを選択する (セルの選択モードで)矢印キー
1 セル単位でセルの選択範囲を広げる (セルの選択モードで)Shift+矢印キー
次のセルを選択する タブ
「Return キーで次のセルに移動」が選択されているときに表の右端に列を追加する 行内の最後のセルを選択し、Tab キーを押す
最後のセルが選択されていて、「Return キーで次のセルに移動」が選択されているときに、表の末尾に新しい行を追加する Return
最後のセルが選択されていて、「Return キーで次のセルに移動」が選択されていないときに、表の末尾に新しい行を追加する 表の最後のセルで Tab キーを押す
前のセルを選択する Shift+Tab
セルの編集を中止し、表を選択する コマンド+Return
セルの編集中にタブを挿入する Option+Tab
セル内でテキストを編集しているときに行区切り(ソフトリターン)を挿入する Control+Return
セル内でテキストを編集していて、「Return キーで次のセルに移動」が選択されているときに、段落区切り(ハードリターン)を挿入する Option+Return
セル内でテキストを編集していて、「Return キーで次のセルに移動」が選択されていないときに、段落区切り(ハードリターン)を挿入する Return
選択した表またはセルのフォーマット設定メニューを開く Control キーを押しながら表をクリックする
数式エディタを開き、新しい数式を追加する セルを選択し、「=」を入力する
数式エディタを開き、数式を編集する セルをダブルクリックする
数式エディタで変更内容を保存する Return、Enter、または数式の変更を完了するボタン
数式エディタで変更内容を破棄する Escape、または数式の変更をキャンセルするボタン
フォーマットが設定されているセルの値を編集する セルをダブルクリックする

編集可能な図形を操作する

操作

ショートカット

カスタム図形を編集可能にする 図形をクリックしてから、もう一度クリックする
編集可能な図形のポイントを移動する ポイントをクリックし、別の場所にドラッグする
編集可能な図形のポイントを削除する ポイントをクリックし、Delete キーを押す
編集可能な図形にポイントを追加する Option キーを押しながら、ポイントを追加する図形の端をクリックする
編集可能な図形の角のポイントを曲線のポイントに変更する 角のポイントをダブルクリックする
編集可能な図形の曲線のポイントを角のポイントに変更する 曲線のポイントをダブルクリックする
編集可能な図形の曲線の形状を変更する 曲線上のポイントをクリックし、コントロールハンドルを移動する

プリントビューを使う

操作

ショートカット

選択したシートに含まれるページ数を表示する Option+コマンド+P

一般

操作

ショートカット

新規スプレッドシートを作成する コマンド+N(テンプレートセレクタまたは「Numbers」の「環境設定」で指定してあるテンプレートを開く)
テンプレートセレクタを開く Shift+コマンド+N
既存のスプレッドシートを開く コマンド+O
保存する コマンド+S
別名で保存する Shift+コマンド+S
選択したシートをプリントする コマンド+P
「Numbers ヘルプ」を開く コマンド+?
検索する コマンド+F
次を検索する コマンド+G
前を検索する Shift+コマンド+G
選択部分を検索する コマンド+E
検索された選択範囲までスクロールする コマンド+J
スペルチェック コマンド+セミコロン(;)キー
スペルウインドウを表示する コマンド+コロン(:)キー
拡大する コマンド+>
縮小する コマンド+<
ウインドウを閉じる コマンド+W
ウインドウをしまう コマンド+M
環境設定を表示する コマンド+カンマ(,)キー
インスペクタウインドウを表示する Option+コマンド+I
書類ルーラを表示する コマンド+R
レイアウトを表示する Shift+コマンド+L
カラーパネルを表示する Shift+コマンド+C
Numbers を隠す コマンド+H
ほかのウインドウを隠す Option+コマンド+H
Numbers を終了する コマンド+Q