Windows ウイルスが混入したまま出荷されたごく一部の Video iPod について

Small Number of Video iPods Shipped With Windows Virusアップルは 2006 年 9 月 12 日以降に販売された一部(1 % 未満)の Video iPod に、契約製造会社による Windows ウイルス "RavMonE.exe"の混入を確認いたしました。すでに知られているこのウイルスは Windows コンピュータにのみ影響する可能性があります。また多くのWindows コンピュータに付属しているアンチウイルス・ソフトウェア(ウイルス駆除ソフト)を最新版に更新してご利用いただくことで、ウイルスを検出し取り除くことができます。アップルがこの問題についてこれまで受けている報告は 25 件 未満です。iPod nano、iPod shuffle、Mac OS X にはこの問題による影響はありません。また現在出荷されている Video iPod はウイルスの影響はありません。Windows がこのようなウイルスに対して脆弱であること、それ以上にアップルが出荷前に問題を把握できなかったことを大変遺憾に思います。

Windows ウイルスを削除する方法

 

“RavMonE.exe”は既知の Windows ウイルスで、最新のアンチウイルス・ソフトウェアではデフォルトで検出して削除するようになっています。お使いの Windows コンピュータにアンチウイルス・ソフトウェアをインストールしていない場合は、数多くあるアンチウイルス・ソフトウェアの中からいずれかをインストールしていただくことをお勧めします。以下は、この Windows ウイルスを削除できる、無料 * でダウンロード可能なトライアルプログラムです。

アンチウイルス・アプリケーションをインストール後、Video iPod を Windows コンピュータに接続してからアンチウイルス・プログラムを実行します。お使いの Windows システムがこのウイルスに感染している場合は、「ウイルスが検出され、検疫/駆除されました」という旨のアラートが表示され、検査または削除されたことを知らせます。次に iTunes 7 を使ってお使いの新しい Video iPod のソフトウェアを復元します。

この Windows ウイルスはマス・ストレージデバイスを介して増殖するため、お使いの Windows に最近接続したマス・ストレージ、例えば外付けハードディスクドライブ、リムーバブルメディアが付属するデジタルカメラ、および USB フラッシュカードなどについてもウイルス検出を行うことをお勧めします。

この Windows ウイルスは Mac OS X または iPod そのものには影響を及ぼしませんが、この Windows ウイルスを広めないためにも、iTunes 7 を使って新しく購入された Video iPod のソフトウェアを復元してください。復元後の Video iPod は問題なく Windows コンピュータでお使いいただけます

*これらのアプリケーションに関するご質問、ご不明な点などはそれぞれのベンダーにお問い合わせください。これらの他社製のソフトウェアに関する情報は、アップル がその情報を推奨したり保証するものではありません。