Legal

子どもに関する家族のプライバシー開示

Appleにとって、子どもの保護は重要な優先事項です。透明性が重要であることを信じており、子どもにとって何が最善であるかを判断するために必要な情報を保護者に提供しています。Appleは、直感的でカスタマイズ可能なペアレンタルコントロールを提供することに懸命に取り組んでいます。お子様にApple IDを作成することで、お子様も、お客様や家族の他のメンバーと同じファミリー共有機能を利用できるようになります。お子様は、音楽、ムービー、テレビ番組、ブック、アプリケーション、写真、カレンダー、場所などを、お客様や家族と共有できるようになります。また、Apple IDのアカウント所有者が利用できるサービスとコンテンツのすべてを使用して、お子様自身のApple IDにカスタマイズされた体験をお楽しみいただけます。

この開示は、いかなるサードパーティアプリケーションのデータ収集手順にも適用されないことにご注意ください。購入またはダウンロードの前に、当該サードパーティーアプリケーションの利用条件、ポリシー、および手順を確認し、お子様からどのようなデータが収集され、それがどのように使用される可能性があるのかを理解する必要があります。

お子様のApple ID

お子様用にApple IDを作成すると、お子様はApple IDを使用したAppleの豊富な機能およびサービスすべてをご利用いただけます。たとえば、次のことができるようになります。

  • FaceTimeのビデオ通話や音声通話を発信/受信する。
  • カメラ、写真、iPhoto、iCloudの写真共有、メッセージ、メール、その他のApple製アプリケーションを使用して、写真、ビデオ、オーディオメッセージ、テキストを作成/共有する。
  • ドキュメントやデータを作成し、iCloudを通じてパブリックまたはプライベートな形で他の人々と共有する(設定によっては、お子様の名前や連絡先情報を提供すると、それらも共有される場合があります)。
  • 「友達を探す」、「メッセージ」、「iPhoneを探す」を使って、お子様の居場所を家族や友人と共有する。
  • 共有カレンダーにアクセスし、過去のイベントや今後のイベントを家族で共有する。
  • 家族の購入履歴から、音楽(Apple Music経由を含む)、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックのアクセス、ストリーミング、ダウンロードを行う。
  • 「承認と購入のリクエスト」の設定に従って、iTunes Store、App Store、iBooks Store、Mac App Storeでの購入やアプリケーション内での購入を行ったり、おすすめを受け取ったりする。
  • iTunes Uコースへの登録や参加、Game Centerでゲームのプレイや他のユーザとのやり取りを行う。
  • 心拍数、血圧、栄養などの健康要因を追跡する、または、フィットネスデータやアクティビティデータを追跡および共有する。お子様が Apple Watchを使う場合に、ワークアウトのアクティビティデータをほかのApple Watchユーザと共有できる。このデータには1日の歩数や距離に関する詳細が含まれる。
  • メール、連絡先、カレンダーのイベント、メモ、リマインダー、写真、書類、バックアップをiCloudへ保存する。
  • SafariやSpotlightを介して、インターネットおよびインターネットリソースにアクセスし検索する。

ペアレンタルコントロール

ファミリー共有では、選択したコンテンツを家族とシームレスに共有できます。しかし、お子様以外の家族が利用可能なコンテンツまたはリソースのうち、特定の種類のものについて、お子様のアクセスを制限したい場合があります。お子様によるApple IDのサービスおよび機能へのアクセスを管理するため、ペアレンタルコントロールとして、「機能制限」と「承認と購入のリクエスト」という2つの機能が組み込まれています。

機能制限

お子様の機能制限は、お子様が使用するiOSデバイスの「設定」>「一般」>「機能制限」、またはMacの「システム環境設定」>「ペアレンタルコントロール」から設定できます。この設定を使用して、FaceTime、カメラ、Safari、特定のソーシャルメディアAppなどの機能を制限したり、お子様に適したコンテンツを指定したりできます。これは、Appleデバイスを使用したお子様の活動を確実に監督する上で重要な手順です。「機能制限」および「ペアレンタルコントロール」はデバイス固有であるため、Appleでは、お子様が使用する各Appleデバイスに制限を設定することを強くお勧めします。

承認と購入のリクエスト

「承認と購入のリクエスト」では、お子様からリクエストされた、App内での購入を含む購入やダウンロードを確認し、承認することができます。この機能は、13歳未満または該当する管轄地域の最少年齢未満のお子様に対して自動的に有効になります。お子様の「承認と購入のリクエスト」をオフにした場合は、アプリケーション内での購入を含む購入に関する情報を、Eメールの領収書(購入後24〜72時間内に送信)、またはクレジットカードの請求書でのみ受領することになります。

ボリューム購入プランを通じて購入したアプリケーション、再ダウンロードしたアプリケーション、引き換えコードを使用してダウンロードしたアプリケーションについては、「承認と購入のリクエスト」の機能制限が適用されないことがあります。

お子様のApple IDを作成する

お子様にApple IDを作成するためには、まずこの「子どもに関する家族のプライバシー開示」(以下「開示」)およびAppleのプライバシーポリシー(参照として本書に含まれています)に同意していただく必要があります。Appleのプライバシーポリシーと本開示に不一致がある場合は、本開示の条項が優先します。

児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)、および子どもからのオンラインデータ収集に適用される、司法管轄地の類似した法に準拠するため、Appleでは、お子様のApple IDの作成を許可するユーザがお子様の保護者または法定後見人であることを確認する、追加の手順をとることがあります。状況に応じ、該当する管轄地で、お使いのiTunes、iCloudまたはApple Storeのお支払い方法を確認するよう求められます。 お支払い方法に応じて、この確認はカードのセキュリティコードまたはラウンドトリップのSMS認証で行うことができます。セキュリティコードの入力は、お客様がファミリーオーガナイザーであることを検証し、お子様からの個人情報の収集について同意を得るためのものです。

Appleでは、検証可能な保護者からの同意を得ずに、お子様から個人情報を故意に収集、使用、または開示することは一切ありません。本開示およびAppleのプライバシーポリシーを確認し、検証可能な保護者の同意を提供すると、お子様のApple IDを作成できるようになります。お子様は自分のApple IDを使用して、Apple IDを使用するAppleの機能およびサービスすべて(お客様が「機能制限」でブロックしたものを除く)にアクセスできます。ただし、お子様が13歳になった場合、またはお子様のIDを他のファミリーのアカウントに移す場合を除き、お子様のアカウントはファミリーから削除できません。お子様は13歳または該当する管轄地域の最少年齢になると、ファミリー共有に参加せずにアカウントを保持することが許可されます。

情報収集

お子様用のApple IDを作成する処理の一部として、お客様には、お子様のフルネーム、誕生日、パスワードのほか、お子様のアカウントへのアクセスを検証するために使用できる3つのセキュリティの質問に対する回答の提供をお願いしています。お子様のアカウントのセキュリティを保護し、お子様のパスワードをオンラインで簡単にリセットする機能を保持するため、これら3つの質問の回答は極秘にしておいてください。

Appleは場合により、COPPAで個人情報と定義された、お子様のその他の情報を収集することがあります(たとえば、お子様が自分のApple IDでサインインする場合、デバイス識別子、cookie、IPアドレス、お子様がAppleデバイスを使用する地理的場所および時間帯など)。さらに、Appleのウェブサイト、App、製品とサービス(第三者のデベロッパにより提供されるコンテンツを含む)におけるお子様のアクティビティとやり取りに関する情報を収集することもあります。

情報の使用

Appleのプライバシーポリシーに定めるとおり、Appleは、重要な案内のご連絡、情報、製品情報、通知の送信、サービスの提供、ならびにAppleの製品、コンテンツ、およびサービスの向上のためにお子様の情報を使用することがあります。また、監査、データ分析、および研究などの社内目的でお子様の情報を使用することがあります。

Appleは、何らかの目的で非個人情報(それ自体ではお子様の身元と直接関連付けられないデータ)を使用、譲渡、および開示することがあります。たとえば、Appleのウェブサイト、iCloudサービス、およびiTunes Storeにおけるお客様の活動に関する情報、ならびにAppleの他の製品およびサービスの情報を集計して使用することで、お客様にさらに役立つ情報を提供したり、Appleのウェブサイト、製品、およびサービスの中で最も関心の高い部分を特定したりするために活用させていただく場合があります。集計されたデータは、非個人情報とみなされます。

お子様のApple IDと関連付けられたすべてのデバイスでは、デフォルトで「追跡型広告を制限」が有効になります。これにより、Appleからのターゲティング広告を受け取らなくなります。ただし、非ターゲティング広告については、お子様のデバイスで受信できます。

第三者への開示について

お子様が使用するAppleの機能やサービス(上記に記載されているものなど)によっては、Apple IDを使用し、かつお客様による制限の範囲内で、お子様は他者と情報を共有できます。

ファミリー共有

ファミリー共有の一環として、お子様の情報(過去の購入や今後の購入を含む)が家族で共有されます。また、設定した制限に従い、iCloudの写真共有、カレンダーおよびリマインダーの共有、iPhoneを探す、および位置情報の共有を介して、お子様がお客様の情報を家族と共有することを選択できます。

さらに、第三者が所有するデバイス(友人のiPodや学校のiPadなど)でお子様がApple IDを使用してサインインした場合、そのデバイスからサインアウトしない限り、お子様の情報および家族の共有情報を他者がダウンロードして見ることができます。

戦略パートナー

Appleは、製品やサービスの提供に関してAppleに協力したり、お客様への宣伝に関してAppleを支援したりする戦略パートナー企業に対して、一定の個人情報を提供することがあります。Appleは、当社の製品、サービスおよび広告の提供または向上のために個人情報を共有しますが、第三者の販売活動のために第三者と個人情報を共有することはありません。

サービスプロバイダ

Appleは、情報処理、お客様の注文の履行、製品の配達、お客様のデータの管理と拡充、カスタマーサービスの提供、製品およびサービスに対するお客様とお子様の関心度の評価、顧客調査や満足度調査などのサービスを提供する企業と、個人情報を共有します。当該企業は、お子様の情報を保護する義務を負っており、Appleが運営するあらゆる場所に所在することがあります。

その他

お客様の居住国内外において、法律、法的手続、訴訟および/または公的もしくは政府機関からの要求により、Appleがお客様またはお子様の個人情報を開示することが必要になる場合があります。また、当社は、国家安全保障、法の執行またはその他の公益の実現のために開示が必要または適切であると判断した場合、お客様またはお子様に関する個人情報を開示することがあります。

当社は、当社の利用規約の履行または当社の運営もしくはユーザの保護のために、開示が合理的に必要であると判断する場合、お客様またはお子様に関する個人情報を開示することがあります。さらに、組織再編、合併、または売却に際し、当社が収集した個人情報の全部または一部を関係者に移転することがあります。

アクセス、修正、および削除

ファミリー共有またはお子様のApple IDに関連付けられたデータに対してアクセス、修正、または削除を行う場合は、必ずwww.apple.com/jp/privacy/contact/までお問い合わせください。

または、以下の連絡先までお問い合わせください。

Apple
1 Infinite Loop
Cupertino, CA 95014
408.996.1010