認知

どんな時も集中できるように。

読み上げコンテンツ

読みながら、書きながら、聴ける。

読み書きしている内容を耳で聞いて、一段と理解を深めましょう。画面の読み上げ機能はテキストを読み上げます。読み上げコントローラは、読み上げ再生をコントロール。選択項目の読み上げ機能は、選んだ範囲のテキストを読み上げます。「内容を強調表示」をオンにすると、読み上げられている単語や文章が強調表示されるので、内容を目で追えるようになります。入力フィードバックを有効にすると、入力する文字の一つひとつが読み上げられます。このすべての読み上げコンテンツは35を超える言語に対応。70種類の音声から選べます。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、iPod touch

読み書きしている内容を耳で聞いて、一段と理解を深めましょう。画面の読み上げ機能はテキストを読み上げます。読み上げコントローラは、読み上げ再生をコントロール。選択項目の読み上げ機能は、選んだ範囲のテキストを読み上げます。「内容を強調表示」をオンにすると、読み上げられている単語や文章が強調表示されるので、内容を目で追えるようになります。入力フィードバックを有効にすると、入力する文字の一つひとつが読み上げられます。このすべての読み上げコンテンツは35を超える言語に対応。70種類の音声から選べます。

アップデート:

読み上げコントローラでは、再生ボタンで読み上げの速度を調節できるので、好きなスピードで聞くことができます。コンテンツの早送りや巻き戻しをしたり、読み上げられている単語や文章を目で追えるように強調して表示させることもできます。言語は自動で検出され、シームレスに切り替わります。Macで文字の入力フィードバック機能を使うと、テキストフィールドに入力中の内容を1文字づつ、または単語単位で読み上げます。

読み上げコンテンツを設定する:

Safariリーダー

不要なものを
必要なことに集中できます。

ウェブの操作は、感覚的に大きな負担になることがあります。Safariリーダーは、広告、ボタン、ナビゲーションバーなどを表示しないようにする支援技術の機能です。煩雑さがなくなるので、見たいコンテンツだけに集中できます。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、iPod touch

ウェブの操作は、感覚的に大きな負担になることがあります。Safariリーダーは、広告、ボタン、ナビゲーションバーなどを表示しないようにする支援技術の機能です。煩雑さがなくなるので、見たいコンテンツだけに集中できます

Safariリーダーを設定する:

アクセスガイド

一度に一つのことに集中しながら、あらゆることができます。

アクセスガイドは、手もとの作業やアプリに集中できるようにサポートします。ホームボタンを無効にして、デバイスで一度に使えるアプリを1つに制限できます。キーボードへのアクセスや、スクリーン上の特定のエリアのタッチ入力を制限することもできるため、不要なタップやジェスチャーによって学習が妨げられることもありません。あなたが保護者でも、教師でも、ただ集中したい人でも、Apple製品での体験をカスタマイズするのに必要なオプションはすべてそろっています。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、iPod touch

アクセスガイドは、手もとの作業やアプリに集中できるようにサポートします。ホームボタンを無効にして、デバイスで一度に使えるアプリを1つに制限できます。キーボードへのアクセスや、スクリーン上の特定のエリアのタッチ入力を制限することもできるため、不要なタップやジェスチャーによって学習が妨げられることもありません。あなたが保護者でも、教師でも、ただ集中したい人でも、Apple製品での体験をカスタマイズするのに必要なオプションはすべてそろっています。

アクセスガイドを設定する:

ポイントしたテキストの拡大

読んでいるところを
瞬時に大きく。

ポイントしたテキストの拡大機能は、Macのディスプレイ上で選択された文字をさらに見やすくします。段落、キャプション、見出しの文字などの見逃せない大事な内容が小さすぎて読みにくい場合は、読みたい部分にカーソルを重ねてCommandキーを押すだけ。選択した部分をより大きく、高解像度で表示できます。最も読みやすいフォントや色を選ぶこともできます。

利用できるデバイス:

Mac

ポイントしたテキストの拡大機能は、Macのディスプレイ上で選択された文字をさらに見やすくします。段落、キャプション、見出しの文字などの見逃せない大事な内容が小さすぎて読みにくい場合は、読みたい部分にカーソルを重ねてCommandキーを押すだけ。選択した部分をより大きく、高解像度で表示できます。最も読みやすいフォントや色を選ぶこともできます。

ポイントしたテキストの拡大を設定する:

Mac

音声入力

声に出したら、文になります。

音声入力を使うと、文字を打つ代わりに声で入力できます。しかも、対応言語は40以上。話すのは得意でもスペルや文字入力に自信がない場合は、テキストフィールドに移動して、オンスクリーンキーボード上のマイクボタンをタップ。これで音声入力を始められます。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV、iPod touch

音声入力を使うと、文字を打つ代わりに声で入力できます。しかも、対応言語は40以上。話すのは得意でもスペルや文字入力に自信がない場合は、テキストフィールドに移動して、オンスクリーンキーボード上のマイクボタンをタップ。これで音声入力を始められます。

音声入力を設定する:

予測入力

次の言葉を
待っています。

あなたのデバイスが、あなたに代わって文章を完成させます。予測入力機能は、あなたが話しかけている相手は誰か、前に使った言葉は何かを考慮して、予測結果を調整します。次の一言に最適な言葉を、候補の中からワンタップで選べます1

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple TV、iPod touch

あなたのデバイスが、あなたに代わって文章を完成させます。予測入力機能は、あなたが話しかけている相手は誰か、前に使った言葉は何かを考慮して、予測結果を調整します。次の一言に最適な言葉を、候補の中からワンタップで選べます1

予測入力を設定する:

ダークモード

目に映るすべてを
目にやさしく。

ダークモードは、スクリーン上のあらゆる要素を暗めの配色に変換して、読みやすくします。ツールバーとメニューが背景に溶け込み、あなたのコンテンツがスクリーンの主役として映し出されます。メール、Safari、カレンダーなどのアプリでは、暗めの背景に文字が明るく表示されるので、薄暗い場所でも文字が一段と読みやすくなります2

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple TV、iPod touch

ダークモードは、スクリーン上のあらゆる要素を暗めの配色に変換して、読みやすくします。ツールバーとメニューが背景に溶け込み、あなたのコンテンツがスクリーンの主役として映し出されます。メール、Safari、カレンダーなどのアプリでは、暗めの背景に文字が明るく表示されるので、薄暗い場所でも文字が一段と読みやすくなります2

ダークモードを設定する:

Siri

どんどん賢くなる
賢いアシスタント。

Siriは、あなたが毎日するタスクをこなすお手伝いをします。あなたが知りたい質問にも答えます。言葉の意味を調べる。リマインダーを設定する。機能のオンとオフを切り替える。ほかにもたくさんのことをSiriに頼めます。一連のアクションやタスクを効率化したい場合は、Siriショートカットを作成しましょう。どのApple製品を使っていても、おなじみのアシスタントがいつでもお手伝いします3

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV、HomePod、AirPods、iPod touch

Siriは、あなたが毎日するタスクをこなすお手伝いをします。あなたが知りたい質問にも答えます。言葉の意味を調べる。リマインダーを設定する。機能のオンとオフを切り替える。ほかにもたくさんのことをSiriに頼めます。一連のアクションやタスクを効率化したい場合は、Siriショートカットを作成しましょう。どのApple製品を使っていても、おなじみのアシスタントがいつでもお手伝いします3

スクリーンタイム

何をどれだけ見ているか、一目でわかります。

スクリーンタイムは、自分や家族のデバイスの使用を一段と簡単に管理するための機能です。何に時間を使ったかをアクティビティレポートで詳しく把握できるようにし、「App使用時間の制限」ではアプリを使える時間を設定できます。これにより、使用パターンを特定して、状況が改善されていく経過を長期的に確認できます。スクリーンタイムを使って、デバイスを使用できない休止時間を設定することも、Apple Booksといった一部のアプリだけを常に使えるようにすることもできます。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、iPod touch

スクリーンタイムは、自分や家族のデバイスの使用を一段と簡単に管理するための機能です。何に時間を使ったかをアクティビティレポートで詳しく把握できるようにし、「App使用時間の制限」ではアプリを使える時間を設定できます。これにより、使用パターンを特定して、状況が改善されていく経過を長期的に確認できます。スクリーンタイムを使って、デバイスを使用できない休止時間を設定することも、Apple Booksといった一部のアプリだけを常に使えるようにすることもできます。

スクリーンタイムを設定する:

Appleのアクセシビリティ機能を

もっと紹介します。

さらに詳しく