iPadは、聴覚に障がいのある方が好きなことをできるように設計されています。FaceTimeは手話でコミュニケーションをとるのに理想的です。「Siriにタイプ入力」モードにすれば、知りたいことがある時も、リマインダーを設定する時も、
毎日のタスクのためにコマンドを出す時も、すばやくSiriに頼めます。

「Made for iPhone」補聴器 iPadで簡単に使えるように
作られました。どこへ行くでも。

「Made for iPhone」補聴器

Appleは業界を代表するメーカーと協力し、iPhoneとiPadのための特別な補聴器とサウンドプロセッサを開発しました。これらの先進的なヒアリングデバイスは画期的なまでに優れた音質と数多くの便利な機能を持ち、ほかのBluetooth対応デバイスと同様、設定するのも使うのも簡単です。ホームボタン(Face IDを搭載したiPad Proでは上部のボタン)をトリプルクリックするだけで、ペアリングしたヒアリングデバイスの機能と設定にすばやくアクセスできます。バッテリーの状態のチェックは一目で。左右のボリュームの調節は、一緒にでも別々にでも。外出時やレストランなど雑音が多い環境に入った時には、あなたの聴覚専門医による環境プリセットをすばやく適用することもできます。ほかのリモコンは一切必要ありません。

ライブリスニング 雑音を小さくして、聞きたいことがより大きく聞こえるようにします。

騒音の大きな場所でもより快適に会話ができるように、「Made for iPhone」補聴器とサウンドプロセッサ、そしてAirPodsがサポートします。ライブリスニング機能をオンにして、会話をしている相手に向けてあなたのiPadを移動させてください1。ライブリスニング機能が、マイクを使って相手の話し声をしっかりとらえます。

ノイズアプリケーション 耳の健康を見守ります。

ノイズアプリケーションは周囲の騒音のデシベルレベルを監視し、騒音が聴覚に悪影響を与える可能性があるレベルになるとお知らせします。その情報はヘルスケアアプリケーションに保存されるので、必要な時にいつでもデータをチェックできます。

「Made for iPhone」補聴器

Siriにタイプ入力 あなたのデジタルアシスタントに、文字を
入力するだけで頼めます。

Siriは、あなたが毎日することを手伝います2。文字入力によるコミュニケーションを好む方は、「Siriにタイプ入力」モードにSiriを設定しましょう。質問をする時も、リマインダーを設定する時も、コマンドを出す時も、Siriに頼みたい様々なことをオンスクリーンキーボードで入力できるようになります。

FaceTime 道の向こうの人とも、海の向こうの人とも、手話で会話できます。

iPadのFaceTime

高画質なビデオと高速フレームレートが特長のFaceTimeは、手話で会話する方に理想的。眉の上げ下げから満面の笑みまで、あらゆる動作と顔の表情をとらえられます。Mac、iPhone、iPad、iPod touchのすべてに初めから搭載されているので、相手がiOS、iPadOS、macOSを使っていれば、その人が通りの向こう側にいても、地球の裏側にいても話すことができます3

iMessage 文字、写真、顔文字などで話せます。

会話を始める時も、iMessageなら実際に言葉を話したり、聞いたりする必要はありません。iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch、Macを使っている人に好きなだけメッセージを送りましょう。グループメッセージを送信すれば、みんなが会話に入れます。写真、ビデオ、位置情報、リンクのほか、気分に合わせた顔文字も共有できます4

iPadのFaceTime

クローズドキャプション カスタマイズできるキャプションで、映画やPodcastを。

映画やPodcastを観る時はクローズドキャプションを表示させましょう5。iTunes Storeでキャプション付きの映画をレンタルしたり購入する時や、iTunes Uでキャプション付きのPodcastを探す時は、小さな「CC」のアイコンが目印です。iPadに直接ダウンロードすれば、どこでも好きな場所で楽しめます。iOSとiPadOSはオープンキャプションと字幕にも対応。スタイルやフォントを変えてキャプションをカスタマイズすることもできます。サイズを大きくしてアウトライン化することで、一段と見やすくなったスタイルも用意しました。さらにiPadでは、視覚と聴覚の重複障がいを持つVoiceOverのユーザーが、点字ディスプレイからクローズドキャプションや字幕トラックにアクセスできます。

モノラルオーディオ あなたの耳にぴったりのバランスが見つかります。

片方の耳の聴力に障がいのある方がヘッドフォンを使うと、音声の一部が聴き取れない場合があります。ステレオ録音では通常、右チャンネルと左チャンネルのオーディオトラックがはっきりと分かれているからです。iPadなら両方のオーディオチャンネルを一つにまとめて両耳で聴けるように再生しながら、片方の音量がより大きくなるようにバランスを調整できます。だから、コンチェルトの音色もオーディオブックの言葉も、すべてを逃さずに楽しめるでしょう。

iPadのアクセシビリティ機能を有効にする。

  1. ホーム画面で「設定」を選択して、「一般」を選ぶ。
  2. 「アクセシビリティ」選択する。
  3. 使いたい機能を選択してオンにする。

あなたにぴったりのiPadを見つけよう。

iPadを見る

このほかのApple製品にも聴覚のためのアクセシビリティ機能が
組み込まれています。
そのすべてを紹介します。