Apple TVは、すべての人が映画体験を楽しめるようにする
支援技術を内蔵しています。VoiceOverはメニューの操作を
サポート。点字ディスプレイとも優れた互換性があります。Siriを
使えば、あなたの声だけでApple TVを操れます。

VoiceOver 画面上で起きていることがわかります。

Apple TVのVoiceOver

VoiceOverはApple TVに内蔵された画面読み上げ機能です。画面を見なくてもApple TVが楽しめるようになります。VoiceOverは、コンパクトフォーマットと高品質フォーマットの両方で30以上の言語に対応。テレビの画面上に表示されているものをそのまま読み上げて、コマンドの選択をサポートします。Apple TVは、フリック、タップ、ローターといった、おなじみのVoiceOverジェスチャーも数多く採用しました。接続したBluetoothキーボードから入力される、標準のVoiceOverコマンドにも対応します。VoiceOverを使い始める時は、メニューボタンをトリプルクリックするだけ。あとはApple TVが設定の方法をご案内します。

VoiceOver Pronunciation Editorを使えば、あなたの読み方で読み上げます。

Pronunciation Editorを使えば、単語、フレーズ、そしてVoiceOverが読み上げる時に聞きたい読み方のリストを作成できます。これにより、メニュー、ゲーム、エンターテインメントのタイトルといったテキストの中でその単語とフレーズが使われている時、あなたが選んだ読み方で読み上げられます。

Apple TVのVoiceOver

VoiceOver 点字ディスプレイを使って、テキストの編集や操作ができます。

Apple TVは80を超える国際点字表に対応し、70以上の更新式点字ディスプレイとの互換性があります。こうした点字ディスプレイは、ボタンや映画のタイトルなど、画面上であなたが今注意を注いでいるものを点字テキストで表示。画面の上を移動すると同時にVoiceOverが読み上げ、点字ディスプレイがテキストを点字に変換します。点字ディスプレイのボタンはVoiceOverコマンドに合わせて配置でき、Apple TV全体の基本的なナビゲーションに対応します。

ディスプレイ調整 あなたに合ったフィルタを選べます。

Apple TVのカラーフィルタ

色覚異常など様々な状態の視覚障がいに対するサポートとして、それぞれのニーズに合わせた幅広いカラーフィルタを用意しました。一般的なプリセットから選ぶことも、色合いと色相を微調整して、スクリーンの設定をより見やすくカスタマイズすることもできます。一度フィルタを設定すると、それがあなたのApple TVに映し出されるすべてに適用されます。

Apple TVのカラーフィルタ

コントラストを上げる あらゆるものを際立たせます。

映画などのページ、メニュータブなどの背景の要素の透明度を下げることで、画面のコントラストを上げることができます。ハイコントラストのカーソルをオンにすれば、フォーカスがあたっている部分をよりはっきりと映し出せます。

ズーム機能 画面を最大15倍大きくできます。

ズームはApple TVに内蔵された、どの画面でも使える拡大機能です。元のサイズの最大15倍まで拡大できるので、様々な視覚障がいのある方がApple TVを楽しめます。コントロールが一段と強化されたので、探しているコンテンツをもっと正確に絞り込めます。Siri Remoteでズームをオンにして、画面上で拡大されたコンテンツをシームレスに操作することもできます。Siri RemoteのTouchサーフェスを2本の指でタップしてからドラッグすると、画面上のパンが自由自在。ズームをオンにした状態でSiriボタンをダブルクリックすると、フォーカスされている内容が読み上げられます。

文字を太くする テキストをよりクリアに、より目立たせます。

「文字を太くする」を選ぶと、Apple TVのインターフェイスのあらゆる要素の文字が読みやすくなります。

アピアランス 様々なムードを作る、様々なモード。

明るい色の背景にすると、ポスターやアイコンが一段とクリアに映し出されます。暗い色の背景を選べば、家でテレビを観ているのに、まるで映画館にいるような気分を味わえます。

視差効果を減らす 画面上の要素の動きを減らせます。

「視差効果を減らす」をオンにすると、ホーム画面上のアプリケーションアイコン間を移動する時や、アプリケーションを起動する時など、一部の画面上のアクションがよりシンプルなものになります。

Siriと音声入力 あなたはただ、話しかけるだけです。

Siri Remoteを使うと、あなたの声で指示が出せるので、画面上で操作する必要がありません。「アンディ・サムバーグの映画を見つけて」「5分巻き戻して」「Huluを開いて」など、様々なことをSiriに頼めます1。音声入力で検索フィールドに入力することもできます。アプリケーションへのサインインも、ユーザー名とパスワードのスペルを声に出すだけで完了します。

Bluetoothキーボード キーボードを使って、Apple TVをより速く操作できます。

Bluetoothキーボードを使えば、すばやく情報を入力したり、より簡単にApple TVのインターフェイスを操作できます。VoiceOverは指で触れたキーボードの文字を一つずつ読み上げ、入力する時にもう一度読み上げます2

アクセシビリティのショートカット よく使う機能にすばやく
アクセスできます。

アクセシビリティのショートカットを使うと、VoiceOver、ズーム、「文字を太くする」などのオンとオフをすばやく切り換えられます。Apple TVでショートカットをオンにしておくと、メニューボタンをトリプルクリックするだけで使いたいアクセシビリティ機能が利用できます。

関連情報

サポート

外部の関連情報

AppleVis.com

視覚に障がいがあるApple製品ユーザーのコミュニティに参加できます。

AppleVis.comについてさらに詳しく(英語)

VIPhoneのディスカッションリスト

VoiceOverやそのほかのApple製品を使っているユーザーのコミュニティとつながることができます。

VIPhoneのディスカッションリストについてさらに詳しく(英語)

Mac-cessibility Network

視覚に障がいのある方々による、Apple製品の利用に関する情報がそろっています。

Mac-cessibility Networkについてさらに詳しく(英語)

Apple TVのアクセシビリティ機能を有効にする。

  1. 設定を開いて、「一般」選択する。
  2. 「アクセシビリティ」を選択する。
  3. 使いたい機能を選択する。

Apple TVを購入

Apple TV HD