AirPods

AirPodsについてさらに詳しく

シンプルで魔法のような
ワイヤレス。

取り出すだけで、あなたのすべてのApple製デバイスと使えるようになります。
耳につけるだけで、瞬時につながります。話をする時は、あなたの声が相手に
はっきり届きます。これがAirPodsです。シンプルさとテクノロジーを、かつてない
形で
融合させたら、限りなく魔法に近いものが生まれました。

ビデオを見る Keynoteを見る

ワイヤレスヘッドフォンの手間から、
ついにあなたを解放します。

ワンタップのシンプルな設定で、AirPodsは自動的にオンになり、いつでも
接続された状態になります1。使い方も同様に簡単です。耳に装着されたことを
感知するので、耳から外すと一時停止します。iPhoneと一緒に聴く時も、
Apple Watch、iPad、Macと一緒でも、AirPodsの体験は驚きそのものです。

タップでSiriを。

おなじみのパーソナルアシスタントに話しかける時も、実に簡単です。どちらかのAirPodを
ダブルタップして、Siriを起動するだけ。ポケットからiPhoneを取り出す必要はありません2

「森田さんに
電話して」
「ワークアウトのプレイリストを再生して」
「音量を上げて」
「動物園への
行き方は?」

チップがこの中で、
実に多くのことをしています。

AirPodsのこのような驚きはすべて、専用に設計されたAppleのW1チップが
もたらします。このチップは接続とサウンドの質を向上させるために、極めて効率の
良いワイヤレス接続を生み出します。さらにW1チップは非常に優れた方法でバッテリー
駆動時間を管理するので、1回の充電で5時間聴き続けることができます3。ここまで
小さなデバイスとしては、あまり聞いたことのない性能の高さです。

話していることを認識します。

あなたが話をすると音声加速度センサーがそれを認識し、2つのビームフォーミングマイクロフォンと連係しながら、周囲のノイズを取り除いてあなたの声に狙いを定めます。

聴いていることを認識します。

光学センサーとモーション加速度センサーがW1チップと連係し、オーディオのコントロールとマイクロフォンの接続を自動で行います。これにより、AirPodsは両耳でも片耳だけでも使えるようになります。耳につけるとすぐにオーディオが再生されるのも、これらのセンサーが仕事をしているからです。

24時間使える
バッテリーパワーを。

AirPodsは1回の充電で5時間再生できます3。このスタイルのイヤフォンとしては
画期的な長さです4。しかも、24時間以上聴き続けられるように複数回充電できる充電
ケースもついているので、AirPodsはあなたの毎日にしっかりついていきます5。急いでいる
時は、充電ケースで15分充電するだけで3時間再生できるようになります6。バッテリーの
残量が知りたければ、AirPodsをあなたのiPhoneに近づけてチェックしましょう。
Siriに「AirPodsのバッテリーはどのくらい?」と聞くという手もあります。

24時間 以上のバッテリー駆動
時間(充電ケースを
使用した場合)
最大 5時間 のバッテリー駆動時間
(1回の充電で)
15 の充電で3時間の
バッテリー駆動時間

別売りのワイヤレス充電ケースは
2018年に登場します。

違いがはっきりと聴こえます。

豊かで質の高いAACオーディオに対応するAirPodsは、音楽や映画などの様々な
サウンドを、本格的な響きであなたの耳に届けます。通話やSiriに話しかける場合
など、あなたの声を聴かせたい時には、デュアルビームフォーミングマイクロフォンが周囲の
ノイズを取り除きます。

設定は自動。切り替えはシームレス。

AirPodsは、あなたのすべてのApple製デバイスと自動的に接続できます。iPhoneとApple Watchには同時につながり、オーディオをデバイスの間で瞬時に切り替えられます。MacやiPadで聴きたい場合は、それらのデバイス上でAirPodsを選ぶだけです1