iPhone、iPad、Macで
すべての社員の力を高める。

働く人々が愛用しているツールを使って好きな方法で仕事をする環境が整うと、日常で最高の仕事をするための意欲が引き出されます。社員がiPhone、iPad、Macを使うことを望むのは、これらの製品を使えばより生産的でクリエイティブにコラボレーションできるからです。そして、Appleのテクノロジーをあなたのオフィスに採用するのが、これまで以上に簡単になりました。IT部門はシンプルで費用効果の高い方法で、Apple製品を調達、導入、サポートすることができます。

世界中の企業が職場にAppleを採用しています。

現在ビジネスの世界は、社員がApple製品を使えるようにするための新しいモデルへと移行しています。iOSとmacOSの導入と設定からデバイスの管理やサポートまで、これらの中核となる方針にそってプロセスをシンプルに進めましょう。

社員にフォーカスした体験

すべての社員が、IT部門がサポートできる範囲内で自分に最適なデバイスを選べるように、明確な選択肢を提供しましょう。

最新のプロビジョニングと導入

IT部門は、iPhone、iPad、Macをワイヤレスで導入して管理できます。そして社員は、自分のデバイスを箱から取り出す体験を得ることができます。

パーソナライズされた設定とアプリケーション環境

社員は、基本的な会社の設定に加えてデバイスをパーソナライズして自分に最適な様々なアプリケーションを選び、働く環境を整えることができます。

サポートの責任を共有

多くの人々がすでにAppleデバイスの使い方とサポート方法を知っているので、日々のメンテナンスに関する責任はIT部門とエンドユーザーに分散されます。

iPhone、iPad、Macをあなたのオフィスに簡単に導入できるようしました。

Appleが作成したガイド、リソースやサービスを利用することで、Apple製品を会社全体に配布して管理する際のコストや時間を削減し、障害を取り除くことができます。

デバイスを採用して承認する。

会社全体でApple製品のサポートをスムーズに行うために必要なリソースを用意しています。セキュリティガイドでは、あらゆるネットワーク上の私たちのハードウェアやプラットフォームの安全性について説明しています。あなたの会社のデータが安全に保護されることを確認できます。また、トレーニングと認定資格により、IT部門のチームはApple製品を社内で配布するのに必要な知識とベストプラクティスを身につけることができます。

使い始める。

Apple製品を職場に採用したら、次のステップではデバイスを設定し、会社のITポリシーに従って完全な構成を行います。デバイスを会社のネットワークに接続し、Ciscoワイヤレスネットワーキングで最適な体験を得る方法を確認しましょう。また、Device Enrollment ProgramやVolume Purchase ProgramといったAppleのサービスと一緒に、モバイルデバイス管理(MDM)などのツールを使うと、iPhone、iPad、Macを簡単に導入して管理できます。

優れた社員体験を生み出しましょう。

優れた体験は、優れたデバイスだけでは成り立ちません。プログラムを開始し、どのステップでも社員が最新情報を得られるようにしましょう。メール、ニュースレター、イントラネットポータルなどのテンプレートが用意されています。また、多くの役立つヒントを紹介するスターターガイドを社員に共有し、社員が自分で学ぶためのサポートを提供することができます。シームレスなオンボーディング体験を提供し、さらに先へ進み、Apple製品でより多くのことが可能になることを知ってもらうことが重要です。

継続的なサポートを活用する。

あなたやほかの社員がいつApple製品に関するサポートが必要になるか、予測することはできません。だから私たちは、IT部門による社内サービスを補うために、AppleCare Professional Services、Appleサポートアプリケーション、TwitterでのAppleサポートなどのプログラムを提供しています。これらのプログラムは、成功するために必要なガイダンスを社員に与えることができます。

協力が必要な時にも。

あなたがApple at Workプログラムを導入するのに必要な、あらゆるITサポートを提供するために、私たちはチャネルパートナーと綿密に連携を進めてきました。Appleのチャネルパートナーは、このための新しいサービスを2018年初めに開始します。また、もし今ガイダンスが必要な場合にも、私たちがサポートします。