Apple製デバイスの
導入は、使うのと
同じくらい簡単です。

あなたの学校にApple製品を導入するなら、その体験の一つひとつが、製品そのものと同じくらいシンプルで直感的なものであってほしい。Appleはそう願っています。だからまずは、導入のステップごとにIT担当者の方のためのサポートを用意しました。

教育機関のための導入ガイドiBooks Storeからダウンロードする

Apple School Managerで始める。

Apple School Managerは、IT管理者がユーザー、デバイス、コンテンツのすべてを一か所で管理できる、シンプルなウェブベースのポータルです。どこの学校でもすぐに導入できるよう、大幅な強化を行いました。生まれ変わったユーザーインターフェイスには、一括でアクティビティを管理するためのよりパワフルな方法が加わり、アカウントや授業を一層細かくコントロールできるようになりました。

Apple School Managerを使い始める

生徒と教職員を管理する。

Appleのサービス全体を利用する時には、生徒と教職員がApple IDを持つ必要があります。Apple School Managerを使えば、プライバシーに関する学校や自治体のニーズに応えつつ、生徒たちが学習教材にアクセスできるように、アカウントをすばやく作成することができます。

管理対象Apple IDを
作成して使う。

Apple School Managerで学校の名簿データを読み込むと、管理対象Apple IDが自動的に作成されて、生徒たちにiCloud、フォトライブラリ、バックアップ、スクールワークアプリケーション、そして共有iPadへのアクセス権が与えられます。これらのサービスを利用しない場合は、Apple IDなしにiPadやMacを導入することもできます。生徒はデバイスの電源を入れて使い始めるだけで、サインインは必要ありません。学校のニーズが変わった場合には、あとから管理対象Apple IDを作成して生徒たちに配布することもできます。

管理対象Apple IDに関する教育機関向けガイド(PDF)

Student Information
Systemと連係する。

Student Information System(SIS)と直接接続すると、学校の名簿データをApple School Managerに取り込むのに最適です。Apple School Managerは、SunGard、Infinite CampusやPowerSchoolなどの一般的なSISプロバイダーと直接連携します。あなたの学校でSFTP連携を行なっている場合にはそれを使用するか、また数多くのSISが対応しているSFTP連携を使用して名簿データを自動的に読み込むこともできます。

SFTPを使ってApple School Managerにデータをアップロードする方法を見る

200GBのiCloudストレージ。

管理対象Apple IDを割り当てると、生徒や教職員は、書類、写真、ビデオや、そのほかのファイルのために使える200GBのiCloudストレージにアクセスできるようになります。メモ、カレンダー、Safariのブックマーク、リマインダーを保存したり、同期することもできます。

デバイスを瞬時に設定する。

Apple School Managerとモバイルデバイス管理(MDM)ソリューションを使えば、
一人一台の環境でも、共有iPadを使った環境でも、デバイスの設定を自動化できます*
あなたの学校のニーズに合った設定や制限をワイヤレスで構成し、生徒や教師、
クラス内のグループにデバイスを簡単に割り当てられます。

Apple School ManagerはMDMと連係します。

Apple School Managerを使うと、学校のデバイスをMDMに割り当てて、登録と構成を自動で行えます。デバイスの種類ごとにデフォルトのMDMサーバを設定することができるので、iPadとMacの割り当ての自動化が簡単です。MDMを使えば、ワイヤレスでホーム画面のレイアウト変更をしたり、特定のアプリケーションの表示や非表示を設定したり、夜間にソフトウェアのアップデートができるようにしたり、行方不明のデバイスを探すことができます。iOS 11とtvOS 11では、デバイスがどのように購入または寄付されたかに関わらず、Apple School ManagerにiPadやApple TVを登録して自動デバイス設定を行うことができます。手動でデバイスをApple School Managerに登録する場合にはApple Configurator 2を使うだけです。

MDMソリューションを選択する。

あなたの学校により適しているのがクラウドホスト型のソリューションでも、校内に設置したサーバでも、様々なベンダーがMDMソリューションを用意しています。MDMソリューションには様々な特長と価格があるので、Apple製デバイスをあなたの学校に導入する際には、ベストな手法を柔軟に選択できます。右にあるのが、iOS 10.3以降の教育向け機能に対応したMDMソリューションです。

VMWare airwatch、Cisco Meraki、CLOMO、IBM MaaS360、mobiconnect、Jamf、Optimal Biz

共有iPad

共有iPadを使うと、デバイスを複数の生徒で共有しても、一人ひとりにパーソナルな学びの体験を提供することができます*。教師のみなさんは授業が始まる前に、クラスのどの生徒にどの共有iPadを割り当てるのかを決めることができます。ロック画面上に顔写真が表示されるので、生徒たちは自分が使用するデバイスがわかり、パスワードまたは覚えやすい4桁のPIN(暗証番号)を使って、自分の教材にアクセスできます。データのローカルコピーはそのデバイス上に保存されるので、生徒たちがログインすると、自分の宿題やアプリケーション、課題が、前回授業を終えた時とまったく同じ状態で表示されます。だから教師やテクノロジー担当者の方が、授業と授業の間にデータのバックアップや消去のために時間を費やす必要はありません。

共有iPadを使えば、私たちの学区はカートいっぱいに
用意された共有デバイスを、生徒一人ひとりの
パーソナルな学習体験に変えることができるでしょう

Eric Culpepper氏 グースクリーク統合独立学区 技術サポートスペシャリスト

すべての教材が一か所で手に入ります。

Apple School Managerでは、App StoreとiBooks Storeに数えきれない
ほどある学習用や教育用のリソースに直接アクセスすることができます。
だから必要な教材をこれまで以上に簡単に、授業の初日から使えるように
用意できます。

アプリケーションや本を
簡単購入。

iPadやMac向け教材の一括購入はこれまで以上に簡単です。Apple School Managerの「Appとブック」の一か所で教材の検索や教育機関向けの一括購入割引を使ったライセンスの購入ができ、割り当てられたライセンスや利用可能なライセンスといった重要な情報も瞬時に確認できます。

一括購入についてさらに詳しく

いろいろな方法で
コンテンツを管理。

Apple School Managerを使えば、学校でのライセンスとトークンの管理がより柔軟になります。購入と場所を関連付けられるので、教育機関内の違う学校間やコンテンツ管理者間でのライセンスの移動が簡単です。MDMを使って、コンテンツをiPadやMacに直接送ることもできます。アプリケーションのライセンスは学校が保持し、使っているすべてのデバイス間でのアプリケーションの割り当ての変更も簡単に行えます。

Apple School Managerの「Appとブック」への移行についてさらに詳しく

コンテンツの購入はわかりやすく、必要な
グループに
配布するのもシンプルです。何度も
ログインしたりタブ間を
移動せずに一か所で
行えるので、時間を節約できます

Rory McGrath氏 英国 ニューウェーブフェデレーション デジタルリーダー

教師のみなさんの教室での可能性を広げる。

デバイスを活用して生徒たちの学習体験を優れたものにするには、
教師のみなさんに適切なツールを提供することが欠かせません。
クラスルームアプリケーションとApple TVは、教師のみなさん
一人ひとりが、教室をダイナミックでインタラクティブな
学習環境へと変えるのをお手伝いします。

授業の管理をサポート。

iPadのためのクラスルームアプリケーションは、教師のみなさんのパワフルなアシスタントです。教師のみなさんは授業内容に沿って生徒たちを導き、みんなの進み具合を把握して学習のペースを保つことができます。クラスルームアプリケーションを教師のみなさんが設定する方法は2通りあり、どちらも簡単です。Apple School ManagerとMDMを使って自動的に授業を構成する方法と、教師のみなさんがその場で授業を設定する方法です。その場で自分で設定する場合には、MDMやIT部門での設定は必要ありません。

クラスルームアプリケーションのビデオガイドを見る(英語)

クラスルームアプリケーションをApp Storeでダウンロードする

教師のみなさんがその場で授業を作成できます。
クラスルームアプリケーション内で授業を作成し、生徒を招待すれば、その場でグループ作業を行う時や、個人所有のデバイスにも対応することができます。

クラス内でファイルを簡単に共有できます。
クラスルームアプリケーションとAirDropを使うと、教師のみなさんはワンタップで書類をクラス内に送ることができ、生徒も同じくらい簡単に教師に書類を送り返すことができます。

ITとは、できる限り手間がかからないものであるべきだと
思います。教師は教室をコントロールする必要がありますが、
クラスルームアプリケーションを使えば教師自身で
テクノロジーをもっと管理できるようになるので、
ITスタッフによるサポートを削減できます

Blair Anderson氏 シャウニーハイツ学区 テクノロジーディレクター

Apple TVを設定して、
共有や共同作業を行う。

tvOSの管理機能は、学校でApple TVを簡単に構成できるようにします。Apple School ManagerまたはApple Configurator 2を使えば、Apple TVをMDMに登録することができ、電源やEthernetに接続するだけで完全に構成することができます。ユーザー入力は必要ありません。tvOS 11は、リモートでAirPlayのセキュリティ設定を行ったり、デフォルトのホーム画面で表示するものを細かくコントロールするオプションなど、学校が大規模にApple TVを管理するための新しい機能を持っています。MDMを使えば、Apple TVの名前、ネットワーク、カスタムメッセージを表示する会議室ディスプレイモードの設定もできます。

導入のための情報

教育用導入ガイド

iBooksで入手

さらに詳しく

iOS導入リファレンス

さらに詳しく

Apple School Managerヘルプ

さらに詳しく

macOS導入リファレンス

さらに詳しく

クラスルームヘルプ

さらに詳しく

プロファイルマネージャヘルプ

さらに詳しく

クラスルームをはじめよう2.1

ダウンロードする(英語PDF)

Apple Configurator 2ヘルプ

さらに詳しく