Apple製デバイスの
導入は、使うのと
同じくらい簡単です。

導入の各ステップをサポートする、Apple製のパワフルなツールを使えば、簡単にアカウントを作成したり、デバイスをワイヤレスで設定したり、コンテンツを配布したり、教師のみなさんの教室での可能性を広げます。

Apple School Managerで始める。

Apple School Managerは、IT管理者がメンバー、デバイス、コンテンツのすべてを一か所で管理できる、
シンプルなウェブベースのポータルです。いろいろな教育機関ですぐに使い始められるよう、強化されました。
生まれ変わったユーザーインターフェイスに、一括で行うアクションを管理するためのよりパワフルな方法が加わり、
アカウントや授業の管理が進化しました。

Apple School Managerを使い始める

生徒と教職員を管理する。

生徒や教職員のみなさんがさまざまなAppleのサービスを利用する時にApple IDが必要です。
Apple School Managerを使えば、プライバシーに関する学校や自治体のニーズに応えつつ、
アカウントをすばやく作成して、生徒が学習教材にアクセスできるようにします。

Managed Apple IDを
作成して使う。

Managed Apple IDは、Apple School Managerを学校の名簿データに関連づける時に自動的に作成されます。これにより、生徒たちはiCloud、iTunes U、Shared iPadにアクセスできるようになります。これらのサービスを利用していない場合は、Apple IDを持たずにiPadを導入することもできます。生徒はデバイスの電源を入れて作業に取りかかるだけなので、サインインは必要ありません。学校のニーズが変わる場合、後からManaged Apple IDを作成して、生徒に配布することもできます。

Managed Apple IDに関する教育機関向けガイド(PDF)

Student Information Systemと連係する。

Student Information System(SIS)と直接接続すると、学校の名簿データをApple School Managerに取り込むのに最適です。Apple School Managerは、SunGard、Infinite CampusやPowerSchoolなどの一般的なSISプロバイダーと直接連係します。Apple School ManagerにアップロードされたCSVファイルから、SFTP経由でデータを読み込むこともできます。

SFTPを使ってApple School Managerにデータをアップロードする方法を見る

PowerSchoolに対応。

シンプルなプラグインを使って、Apple School ManagerをPowerSchoolと直接連係させることができ、生徒、教師、スタッフ用アカウントの作成を自動化することができます。新しいこの連係機能により、PowerSchool内のあらゆる名簿データが読み込まれ、授業が自動的に設定されます。

PowerSchoolとApple School Managerについてさらに詳しく

プライバシー機能を内蔵。

Appleが生徒のみなさんの情報を追跡して、広告やマーケティングに使うことは
決してありません。それを共有したり販売することもありません。私たちはデバイス、
オペレーティングシステム、アプリケーション、サービスのすべてにパワフルな保護機能を
組み込んでいます。教育機関が管理するManaged Apple IDも例外ではありません。
生徒情報のセキュリティ、プライバシー、機密性、完全性は常に守られています。

教育機関向けデータとプライバシーに関する概要(PDF)

プライバシーに関する保護者向けガイド(英語PDF)

デバイスを瞬時に設定する。

Apple School Managerとモバイルデバイス管理(MDM)ソリューションを使えば、一人一台の環境でも、
Shared iPadを使った環境でも、デバイスの設定を自動化できます*。あなたの学校のニーズに合った設定や
制限をワイヤレスで構成し、生徒や教師、クラス内のグループにデバイスを簡単に割り当てられます。

Apple School ManagerはMDMと連係します。

Apple School Managerから学校のデバイスをMDMに割り当てて、設定の間に登録と構成が自動で行われるようにすることができます。MDMを使えば、ワイヤレスでホーム画面のレイアウトを変更したり、特定のアプリケーションの表示や非表示、夜間にソフトウェアのアップデートができるようにする設定、なくしてしまったデバイスを探すMDMの紛失モードの利用など、デバイスと設定の管理を年間を通していつでも簡単に行えます。

MDMソリューションを選択する。

様々なメーカーからMDMソリューションが用意されています。クラウドホスト型のソリューションでも、校内に設置したサーバでも、MDMソリューションには様々な特長と価格があるので、Apple製デバイスを導入する際には、あなたの教育機関のニーズに応じてベストなものを選択できます。右のMDMソリューションが、iOS 9.3以降の教育向け機能に対応しています。

Vendors: VMWare airwatch, Cisco Meraki, Mostyle manager, Filewave, HEAT LANrev, Tabpilot, Zuludesk, JAMF Software, and Lightspeed Systems.

Shared iPad

Shared iPadを使うと、デバイスを複数の生徒で共有しても、一人ひとりにパーソナルな学びの体験を提供することができます*。教師のみなさんは授業が始まる前に、クラスのどの生徒にどのiPadを割り当てるのかを決めることができます。ロック画面上に顔写真が表示されるので、生徒たちは自分が使用するデバイスがわかり、パスワードまたは覚えやすい4桁のPIN(暗証番号)を使って、自分の教材にアクセスできます。データのローカルコピーはそのデバイス上に保存されるので、生徒たちがログインすると、自分の宿題やアプリケーション、課題が、前回授業を終えた時とまったく同じ状態で表示されます。だから教師やIT担当のみなさんが、授業と授業の間にデータのバックアップや消去のために時間を費やす必要はありません。

Shared iPadで、カートで使っている共有デバイスを、
生徒一人ひとりのパーソナルな学習体験に
変えることができます

Eric Culpepper氏 グースクリーク CISD 技術サポートスペシャリスト

学習教材を配布する。

App StoreとiBooks Storeには、教育に役立つリソースが数えきれないほどそろっています。
アカウント、デバイス、コンテンツはすべて同期するので、必要な教材を簡単に授業の初日に
間に合うように用意できます。

アプリケーションや本の一括購入。

iPadとMacのためのアプリケーションをApple School Managerを利用して購入する際には、教育機関向けの一括購入割引が自動的に適用されます。Volume Purchase Program Credit(VPP Credit)を発注書で購入することもできます。

一括購入についてさらに詳しく

ワイヤレスで配布する。

MDMを使って、購入したアプリケーションをすぐさま指定したデバイスにプッシュで直接届けることができます。購入したアプリケーションのライセンスを完全に教育機関で管理し、配布したアプリケーションをほかのデバイスやユーザーに割り当て直すこともできます。MDMで本を一括購入して配布することも可能です。

コンテンツの購入はわかりやすく、必要なグループに
配布するのもシンプルです。何度もログインしたりタブ間を
移動せずに、一か所で行えるので、時間が節約されます

Rory McGrath氏 英国 ニューウェーブフェデレーション デジタルリーダー

教師のみなさんの教室での可能性を広げる。

デバイスを活用して生徒たちの学習体験を優れたものにするには、教師のみなさんに適切なツールを
提供することが欠かせません。新しいクラスルームアプリケーションとApple TVは、一人ひとりの教師の
みなさんが、教室をダイナミックでインタラクティブな学習環境へと変えるのをお手伝いします。

授業の管理をサポート。

iPadのための新しいクラスルームアプリケーションを使えば、教師のみなさんはシンプルな2通りのやり方で授業を始めることができます。Apple School ManagerやMDMを使って自動的に授業を構成することも、MDMを使わずに教師のみなさんがその場で授業を設定することもできます。教師のみなさんは教室で使うiPad上で、クラスルームアプリケーションから特定のアプリケーション、ウェブサイト、テキストブックのページを開くことができます。生徒がの画面や、使っているアプリケーションを確認することもできます。また、クラスで生徒たちに書類を送受信したり、Apple TVを使って生徒の作品をテレビやモニタで共有することもできます。

クラスルームアプリケーションをApp Storeでダウンロードする

教師のみなさんがその場で授業を作成できます。 クラスルームアプリケーション内で授業を作成し、生徒を招待すれば、その場でグループ作業を行う時や、個人所有のデバイスにも対応することができます。

クラス内でファイルを簡単に共有できます。 クラスルームとAirDropを使うと、教師のみなさんはワンタップで書類をクラス内に送ることができ、生徒も同じくらい簡単に書類を教師に送り返すことができます。

ITとは、できる限り手間がかからないものであるべきだと
思います。教師は教室をコントロールする必要がありますが、
クラスルームを使えば自分自身でテクノロジーをもっと管理
できるようになるので、ITスタッフによるサポートを削減できます

Blair Anderson氏 シャウニーハイツ学区 テクノロジーディレクター

Apple TVを設定して、
共有や共同作業を行う。

tvOSの新しい管理機能で、簡単にApple TVを教育向けに構成することができます。Apple School ManagerまたはApple Configurator 2を使えば、Apple TVをMDMに登録することができ、電源やEthernetに接続するだけで完全に構成することができます。Apple TVを監視したり、名前、ネットワークや会議室のディスプレイモードをカスタムメッセージで設定するなど、そのほかの管理機能も用意されています。

導入のための情報

iOS導入リファレンス

さらに詳しく

Apple School Managerヘルプ

さらに詳しく

macOS導入リファレンス

さらに詳しく

クラスルームヘルプ

さらに詳しく

プロファイルマネージャヘルプ

さらに詳しく

クラスルームをはじめよう2.0

ダウンロードする(PDF)

Apple Configurator 2ヘルプ

さらに詳しく