Apple製
デバイスの
導入
は、使うのと
同じ
くらい簡単です。

教育機関のための導入ガイドiBooks Storeから
ダウンロードする

iPadとMacを、かつてないほど簡単に教師のみなさんや生徒たちの手に
届けられるようになりました。設定のプロセスをシンプルにしたので
学校にいる全員の登録がすばやくでき、デバイスの設定も自動で完了します。
アプリケーションや本の購入と配布もシームレスに行えます。

学校での準備を整える。

私たちは一括で管理できる仕組みを作りました。テクノロジー担当者のみなさんはここから、
学校全員分のアカウントの作成、役割と権限の設定、デバイスの管理とコンテンツの購入、
配布を済ませて、授業初日を迎えることができます。

Apple School Manager

新しいApple School Managerは、学校にiPad、Mac、Apple TVを導入するIT担当者のためのシンプルなウェブ上のポータルです。システム管理者はデバイスの登録設定を構成したり、すべての生徒や教職員のManaged Apple IDを作成したり、アプリケーション、本、教材を購入して配信できます。Apple School Managerへのアクセスは簡単で、MacまたはWindowsパソコン上のブラウザからログインするだけです。始めるには、学校用のアカウントを作成します。Apple Deployment Programの既存アカウントにサインインして、アカウント、デバイス、コンテンツをすべて移行させることもできます。

ログインしてApple School Managerについて詳しく見る

プライバシー機能を内蔵

広告やマーケティングに使う目的で、Appleが生徒のみなさんの情報を追跡することは決してありません。それを共有したり販売することもありません。私たちはデバイス、オペレーティングシステム、アプリケーション、サービスのすべてにパワフルな保護機能を組み込んでいます。あなたの学校の管理下に置かれるManaged Apple IDもその一部です。だから生徒の情報のセキュリティ、プライバシー、機密性、完全性は常に保護されているのです。そしてAppleが生徒たちのEメールの内容やインターネットの履歴をもとに彼らの行動を追跡したり、プロフィールを作ることも決してありません。Apple School ManagerやiTunes U、Managed Apple IDが使用する優れたiCloudの全機能は、業界標準を満たす、またはそれを上回るデータセキュリティ対策を行うため、ISO27001認証を取得しています。

教育機関向けデータとプライバシーに関する概要 PDFをダウンロードする

プライバシーに関する保護者向けガイドPDFをダウンロードする(英語)

Managed Apple ID

Managed Apple IDは学校のために考えられ、作られています。生徒や教職員のみなさんがiCloud、Shared iPad、iTunes Uにアクセスでき、同時に学校側は必要なコントロールを維持できる、新しいタイプのアカウントです。Managed Apple IDは学校が所有するものなので、パスワードのリセット、学校内のそれぞれの人々の役割の定義、アカウントの監査も簡単です。システム管理者は、Student Information System(SIS)、または学校の名簿を書き出したCSVファイルから必要なデータを読み込んで、アカウントを一括で作成できます。Apple School Managerは、SunGardやInfinite Campusなどの一般的なSISプロバイダーの製品と直接同期します。

Apple School Managerを使えば、私たちの技術スタッフの時間を大幅に節約できるでしょう。デバイスやコンテンツ、生徒のアカウントなどすべてを一か所で管理できるからです

Patrick Scanlan氏 サンノゼ統一学区 技術情報サービススーパーバイザー

デバイスを自動的に設定する。

一人一台の環境でも、Shared iPadを使った環境でも、私たちはデバイスの設定を一段と効率の
良いものにしました*
これからは、あなたの学校のニーズに合った設定や制限をワイヤレスで構成し、生徒や教師、
クラス内のグループにデバイスを簡単に割り当てられます。

Apple School Managerは
MDMと連係します。

モバイルデバイス管理(MDM)ソリューションを使えば、iPadとMacをワイヤレスで設定できます。MDMとApple School Managerはシームレスに連係するので、正しい設定情報と制限を使って設定と登録を自動化できます。その後、あなたが定義したクラス内のグループに合わせてデバイスやアプリケーションを割り当てましょう。MDMを使えば、ホーム画面のレイアウト変更、特定のアプリケーションの表示や非表示、夜間にソフトウェアのアップデートができるようにする設定、なくしてしまったデバイスの紛失モードによる追跡など、デバイスと設定の管理も一年中いつでも簡単に行えます。

Shared iPad

Shared iPadは、iOSの機能です*。この機能は、デバイスは複数の生徒で共有しても、学びは一人ひとりにパーソナルな体験を提供したいと考える学校のために用意されました。教師のみなさんは授業が始まる前に、クラスのどの生徒にどのiPadを割り当てるのかを決めることができます。ロック画面上に顔写真が表示されるので、生徒たちは自分が使用するデバイスがわかり、パスワードまたは覚えやすい4桁のPIN(暗証番号)を使って、自分の教材にアクセスできます。データはデバイス上にローカルで保存されるので、生徒たちがログインすると、自分の宿題やアプリケーション、課題が、前回授業を終えた時とまったく同じ状態で表示されます。だから教師やテクノロジー担当者の方が、授業と授業の間にデータのバックアップや消去のために時間を費やす必要はありません。

MDMソリューションを選択する。

あなたの学校により適しているのがクラウドホスト型のソリューションでも、校内に設置したサーバでも、様々なモバイルデバイス管理ソリューションをベンダーが用意しています。MDMソリューションには様々な特長と価格があるので、Apple製デバイスをあなたの学校に導入する際には、ベストな手法を柔軟に選択できます。

以下のMDMソリューションが、iOS 9.3以降の教育向け機能に対応しています。

Shared iPadを使えば、私たちの学区はカートいっぱいに用意された共有デバイスを、生徒一人ひとりのパーソナルな学習体験に変えることができるでしょう

Eric Culpepper氏 グースクリーク CISD 技術サポートスペシャリスト

それぞれの授業に合った教材を用意する。

あなたの学校のアカウント、デバイス、コンテンツはすべてシンクします。だからテクノロジー担当者
みなさんが、
必要なアプリケーション、本、教材を授業の初日に間に合うように用意したい場合でも
手間がかかりません。

まとめて購入して、ワイヤレスで配る。

iPadとMacのためのアプリケーションをApple School Managerを利用して購入する際は、教育機関向けの一括購入割引が自動的に適用されます。購入するとすぐに、あなたのMDMを使って、アプリケーションや本をクラス全体や教師のみなさんに、またはそれを必要とする特定の生徒にプッシュで簡単に届けることができます。

一括購入についてさらに詳しく

クラスルームアプリケーション

クラスルームアプリケーションは、教師のみなさんが生徒の学びを導いたり、作業を共有したり、生徒たちのデバイスを管理するのに役立つ、パワフルな新しいiPadアプリケーションです。教師のみなさんは教室にあるどのiPad上でも、特定のアプリケーション、ウェブサイト、テキストブックのページを開くことができます。また、クラスで生徒たちと書類を送受信したり、生徒の作業をテレビやモニタで見せたり、Apple TVを使って映すこともできます。さらに、生徒たちが使っているアプリケーションを確認したり、共有しているiPadを授業ごとに生徒に割り当てるのも思いのままです。クラスルームアプリケーションは、教師のみなさんが自分で管理しているiPadから簡単に設定できます。しかも、Apple IDやMDMを使わずに、クラスを作成して生徒を招待して追加できるようになりました。

クラスルームアプリケーションをApp Storeで見る

ITとは、できる限り手間がかからないものであるべきだと思います。教師は教室をコントロールする必要がありますが、これからは自分自身でテクノロジーをもっと管理できるようになるので、ITスタッフによるサポートを削減できます

Blair Anderson氏 シャウニーハイツ学区 テクノロジーディレクター

導入のための情報

Apple School Managerヘルプ さらに詳しく

クラスルームヘルプ さらに詳しく

クラスルームをはじめよう PDFをダウンロードする

iOS導入リファレンス さらに詳しく

macOS導入リファレンス さらに詳しく

プロファイルマネージャヘルプ さらに詳しく

Apple Configuratorヘルプ さらに詳しく

教育用導入ガイド さらに詳しく