iPadでプログラミングをしている男子生徒を男性教師が教えている。

Everyone Can Code

テクノロジーには、言語があります。コードと呼ばれる言語です。そのコードを使うコーディングは、なくてはならないスキルだと私たちは信じています。コードを学ぶことで、問題の解決やクリエイティブに協力しあう方法も、自然と身につきます。あなたのアイデアを形にするアプリケーションの開発にも役立ちます。世界を変えることのできる何かを作るチャンスは、誰にでも与えられるべきだから、私たちは誰でもコードを学び、書き、そして教えることができるプログラムを開発しました。

そもそも
コードとは
何でしょう?

コードは、私たちの周りに存在するほぼすべての物事を動かしています。例えば、あなたが車のエンジンをかける時は、コードが動いて、キーがエンジンと通信できるようにします。ピザを食べたいと思ったら、コードがあなたの注文をオンラインで発注します。そもそも今ピザを食べるべきだろうか、というときには、コードのおかげで自分の記録を確認して判断することができます。お気に入りのアプリケーションを使ってメッセージを送ったり、写真を共有したり、自分の顔を猫の顔に替えたりすることができるのも、コードがあるからです。

様々なレストランに宅配をオーダーできるアプリケーションが表示されたiPhoneの画面。
Swiftのアイコン

みんなのための
コーディング言語を
作りました。

画面が2つに分割されたMacBook。画面の左側にはニュートンのゆりかごの作成に必要なSwiftコードの一部、画面の右側には作成されたニュートンのゆりかごが表示されている。MacBookの左側にはiPhoneがあり、画面に星座が表示されている。MacBookの後ろにはiPadが一部隠れた状態で置かれている。画面ではDisneyのアプリケーションが開いており、川に浮かんだボートを上空から見たイラスト表示されている。

Swiftは、誰にでも使いやすいように作られています。コードを書きながら、それが実際にどうなるのかを見ることができます。画面の左側でコードを入力すると、右側でそれが形になって現れるのです。使う単語や語句も、「print」「add」「remove」など、あなたが普段よく使っているものがたくさん出てきます。Swiftは、初めてコーディングする人にぴったりなだけではありません。とてつもなくパワフルです。事実、世界で最も人気のあるアプリケーションのいくつかは、Swiftによって作られています。

画面が2つに分割されたMacBook。画面の左側にはニュートンのゆりかごの作成に必要なSwiftコードの一部、画面の右側には作成されたニュートンのゆりかごが表示されている。MacBookの左側にはiPhoneがあり、画面に星座が表示されている。MacBookの後ろにはiPadが一部隠れた状態で置かれている。画面ではDisneyのアプリケーションが開いており、川に浮かんだボートを上空から見たイラスト表示されている。

コードの学習方法も、
一から考え直しした。

iPadの画面に青緑色の背景と「You’re about to learn Swift code so you can give commands to your character, Byte. Walk, jump, walk」というテキストが表示されている。信号機の下に、小さなアニメーションキャラクターが立っている。iPadの右後ろには開いたMacBookがあり、Xcodeの画面に「Connect the River Markers」という題名と、グリッドや様々な色のマーカーがついた川の画像が表示されている。

Swiftの言語を開発した時と同じくらい、私たちはその学び方にもこだわりました。Swift Playgroundsは、初めてコーディングをする人が、iPadで楽しく、インタラクティブにコーディングを始められるアプリケーション。含まれている「コードを学ぼう」のレッスンの中では、指一本のタップだけで、本物のコードを使ってキャラクターを動かし、パズルを解きながら一緒に学んでいけます。最初のアプリケーションを開発する準備ができたら、今度は「Swiftによるアプリケーション開発:入門編」のブックが、開発の始まりから終わりまでお手伝い。Mac上でアプリケーションを作成するためのソフトウェアXcodeを使って、基本を学んだり、実際に試すことができます。

Swift Playgroundsについてさらに詳しく

iPadの画面に青緑色の背景と「You’re about to learn Swift code so you can give commands to your character, Byte. Walk, jump, walk」というテキストが表示されている。信号機の下に、小さなアニメーションキャラクターが立っている。iPadの右後ろには開いたMacBookがあり、Xcodeの画面に「Connect the River Markers」という題名と、グリッドや様々な色のマーカーがついた川の画像が表示されている。

コーディングを
あなたの学校でも。

Appleが作成したEveryone Can Codeは、幼稚園から大学まで、どの学年でのコーディング指導にも役立つ、総合的なカリキュラムです。教師のための指導用ガイドと充実したレッスンが提供されているので、iPadで基礎を固めたあと、Macでの本物のアプリケーション開発へと進むことができます。プログラミングに初めて出会う生徒たちも、アプリケーション開発者を目指す学生たちも教えることができる、教師の皆さんに必要な授業ツールがすべてそろっています。

コードの教え方についてさらに詳しく

Get Started with Codeカリキュラムについて
さらに詳しく(英語PDF)

Swift Playgroundsのカリキュラムについて
さらに詳しく(英語PDF)

Swiftによるアプリケーション開発カリキュラムについて
さらに詳しく(英語PDF)

授業や放課後の時間を使って、Hour of Codeイベントを開催しましょう。ファシリテーターガイドをダウンロードする(PDF)

Swift Playgroundsアプリケーションの様々な初心者、中級者向けレッスンが表示されたiPad。

コーディング関連のリソース。

Swiftのアイコン

Swift

あらゆるレベルのプログラマーを対象に、
Swiftの詳細を紹介します。

Swiftについてさらに詳しく

デベロッパサイトのロゴ

教育者のフォーラム

ビデオやサンプルコードなど、無料の技術
リソースにアクセスできます。

デベロッパサイトの教育者フォーラム(英語)

iTunes Uのアイコン

ブック、コース、アプリケーション

コーディングの学習や指導に役立つリソースを
チェックしましょう。

ブック、コース、アプリケーションについてさらに詳しく