互換性も、抜群。

「誰とでも仲良くしなさい」。子どもの頃、お母さんに言われませんでしたか?
コンピュータも同じです。macOSは、Microsoft Officeが使えるだけでなく、
ほとんどのプリンタやカメラを接続でき、Windowsも実行できます。

Windowsパソコンから
Macへの乗り換えですか?
始める前から終わっている
ようなものです。

macOSなら、今使っているWindowsパソコンにあるすべてのデータを、あなたの新しいMacに移すことができます。macOSに内蔵されたWindowsからMacに乗り換えるための機能が、あなたの書類、音楽、連絡先、カレンダー、Eメールアカウント(OutlookとWindows Live Mail)を自動的にMacに移し、新しいMac上の適切なフォルダとアプリケーションの中に配置します。手間はまったくかかりません。

お近くのApple StoreでMacを購入するとパーソナルセットアップを利用できるので、すぐに最高のスタートが切れます。

誰とでも作業できます。

すべての新しいMacにはPages、Numbers、Keynoteがついていて、美しい文書、スプレッドシート、プレゼンテーションが作れます。これらは作業の効率を上げるためのパワフルなAppleのアプリケーションです。Pages、Keynote、Numbersのファイルの作成や編集は、相手が一人でも大勢でも、みんなで一緒に行えます。街の反対側にいる人も、地球の裏側にいる人も、チームの誰もが同じファイル上で同時に作業できるのです。それぞれのアプリケーションではMicrosoft Word、Excel、PowerPointのファイルの表示、編集、保存もできるので、MacだけでなくWindowsパソコンを使っている人とも簡単に共同作業を行えます。

Microsoft Office for Macが使えます。Microsoft Exchange Serverにも
接続できます。

嬉しいことに、Macのためだけに作られたMicrosoft Officeのバージョンがあります。それを使えばWindowsパソコン上で使う時とまったく同じように、Mac上でWord、Excel、PowerPointが使えます。

さらにmacOSは、Microsoft Exchange Serverの最新バージョンにも標準で対応します。だから、あなたはMac上にあるお気に入りのアプリケーションをすべて使いながら、職場からも自分のEメール、連絡先、カレンダーにアクセスできます。

iCloudを使えば、
どこに
いてもあなたのファイルに
アクセス
できます。

あなたのMacはiCloud Driveを内蔵しています。iCloud Driveを使えば、プレゼンテーション、スプレッドシート、PDF、画像をはじめとするあらゆる種類のファイルをすべてiCloudの中に安全に保存できます。保存したものには、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windowsパソコンのうち、あなたの好きなデバイスからいつでもアクセスできます1

業界標準を
リードしています。

macOSは業界標準をサポートしているので、ほぼすべてのEメールサービスとウェブサイトに対応します。Officeの書類、PDF、画像、テキストファイル、MP3、ビデオ、ZIPファイルを含む、ほとんどの一般的なファイルを表示することもできます。

だから、Windowsパソコンから移したファイルも、友だちや同僚から送られてきたファイルも、あなたのMacでまったく問題なく使うことができます。

安心してください。
今持って
いるカメラ、
プリンタ、
マウスは
そのままどうぞ。

USB、オーディオケーブル、Bluetoothを経由してコンピュータに接続できるほとんどすべてのデバイスはMacでも使えます。デジタルカメラ、外付けハードドライブ、プリンタ、キーボード、スピーカーなど組み合わせは自由。Macではマウスの右クリック機能も使えます。しかもmacOSには、AirPrintなどのテクノロジーの数々や幅広いクラスドライバがあらかじめ搭載されているので、デバイスをつなぐだけで、すぐに使い始めることができます。追加のソフトウェアを手動でダウンロードする必要はありません。

MacではWindowsも
使えます。

たまに使わなければならないWindows用のアプリケーションを持っていても、Macなら心配はいりません。すべての新しいMacには、Windowsをインストールして、Windowsパソコンと同等の速度で実行できるユーティリティ、Boot Campが標準で装備されています。

セットアップはとてもシンプル。Macのファイルに対しても安全です。インストールが完了すると、macOSまたはWindowsを使ってMacをブート(起動)できるようになります(Boot Campの名前はこれが由来です)。Macを再起動せずに、WindowsとMacのアプリケーションを両方同時に使いたい場合は、VMwareまたはParallelsソフトウェアを使ってWindowsをインストールしましょう2

ネットワーク経由で
Windowsパソコンに接続。

Finderでは、あなたのMacにあるファイルを見ることができるだけでなく、ホームネットワークにあるほかのコンピュータ上のファイルも簡単に探せます。もちろんMacとWindowsパソコンの両方に対応します。ファイルの自動共有を有効にしたコンピュータはFinderサイドバーの「共有」の部分に表示されるので、アクセスが許可されているファイルとフォルダをここで見ることができます。

macOSで使えるもの

  • Microsoft Office for Mac、MacまたはWindowsパソコンで作成したWord、Excel、PowerPointの書類
  • Windows(Boot Campまたは他社製ソフトウェアを使用)
  • メール、連絡先、カレンダーでのMicrosoft Exchange Serverへのアクセス
  • ほとんどのEメールサービスとプロバイダ
  • PDF、JPG、ZIP、MP3、PSDなどの一般的な種類のファイル
  • USB接続のデジタルカメラ、プリンタ、ハードドライブ、マウス、キーボード
  • Wi-FiホットスポットとWindowsネットワーク
  • Skype、Facebook、WeChat、LINEなどのテキストメッセージ