反物質検索結果 100 件

Apple Watch を装着する

Apple Watch を快適にお使いいただくため、皮膚が敏感な方のための情報や正しい装着のしかたについてご案内します。

Aperture 3.x: 写真を回転する

写真を回転する 写真をプロジェクトに読み込んだときに、一部の写真が間違った方向に向いて表示される場合には、それらを回転する必要があります。ツールストリップには、選択した写真を 反 時計回りに回転するための回転ツールが用意されています。写真を回転するときには、個別に回転する方法と、いくつかの写真を選択してそれらを一度に回転する方法があります。また、写真を選択してからキーボードショートカットを使ってすばやく回転することもできます。 写真を個別に回転するには 以下のいずれかの操作を行います: 回転させたい写真を選択してから、「写真」>「 反 時計回りに回転」と選択する(または Command+左ブラケット([)キーを押す)か、「写真」>「時計回りに回転」と選択します(または Command+右ブラケット(])キーを押します)。 ツールストリップの「回転」ツールを選択してから、写真をクリックすると、写真が 反 時計回りに回転します。 ツールストリップの「回転」ツールを選択してから、Option キーを押したまま写真をクリックすると、写真が時計回りに回転します。 いくつかの選択した写真を回転するには 以下...

Logic Pro X: EFM1 モジュレーションパラメータ

に回していくと、モジュレーションエンベロープのエフェクトが強まります。ノブを 反 時計回り(左)に回すと、そのエフェクトが反転します。すなわち、アタック段では倍音成分が減り、その後ディケイタイム、リリースタイムにかけて増えていくようになります。 目盛「0」をクリックして「modulator pitch」ノブを中央に合わせると、エンベロープが変調波オシレータのピッチにまったく影響を与えなくなります。 「fm depth」ノブ:FM 強度へのモジュレーションエンベロープの影響の度合いを設定します。 ノブを時計回り(右)に回していくと、モジュレーションエンベロープのエフェクトが強まります。ノブを 反 時計回り(左)に回すと、そのエフェクトが反転します。すなわち、アタック段では倍音成分が減り、その後ディケイタイム、リリースタイムにかけて増えていくようになります。 目盛「0」をクリックして「fm depth」ノブを中央に合わせると、エンベロープが FM 強度にまったく影響を与えなくなります。 「LFO」ノブ:FM 強度またはピッチに適用されるモジュレーションの量を設定します。 「LFO」ノブを時計回り(右...

Final Cut Pro X: 用語集

の標準放送形式。 RF64 WAV ファイル形式の拡張仕様です。サイズが 4GB を超えるファイルを作成できます。 RGB Red(赤)、Green(緑)、Blue(青)の略。色空間は普通、赤、緑、青の各要素の強さで色が定義されるコンピュータで使われます。この色空間はディスプレイの赤、緑、青の蛍光 物質 の発光量に直接変換されます。RGB 色空間は色域が非常に広く、非常に広い範囲の色を再現することができます。この範囲は、放送で再現できる範囲より大きいのが普通です。 SD(標準精細度) 従来の NTSC および PAL ビデオ・フレーム・サイズを指します。フレーム当たりの有効走査線は、NTSC が 480 本または 486 本、PAL が 576 本になります。詳しくは、「HD(高精細度)」も参照してください。 Thunderbolt 1 つのコンパクトなポートだけで、高解像度ディスプレイや高性能データデバイスに対応できる I/O 技術。 TIFF(Tagged Image File Format...

Keynote for iPhone: 「Keynote」で図形を追加する/編集する

にドラッグすると角が鋭くなり、角から遠ざけるようにドラッグすると角が丸くなります。 星形の頂点の数を変更する:外側の緑のドットを時計回りにドラッグすると頂点の数が増え、 反 時計回りにドラッグすると頂点の数が減ります。星形の頂点数は 3 から 20 までの間にすることができます。 星形の頂点の形状を変更する:内側の緑のドットを星形の中心方向にドラッグすると頂点が細長くなり、星形の中心から遠ざけるようにドラッグすると頂点が太く短くなります。 コールアウトまたは吹き出しの形状を変更する:緑のドットを吹き出しの本体の上にドラッグして、形状を変更します。緑のドットをポイントの先端にドラッグすると、長さと位置を変更できます。緑のドットをポイントの根本にドラッグすると、太さを変更できます。 多角形の辺の数を変更する:緑のドットを時計回りまたは 反 時計周りにドラッグして、辺の数を調整します。 矢印の比率を調整する:緑のドットを矢印の先端方向にドラッグすると矢印の頭の部分が小さくなり、矢印の側面ポイントの方向にドラッグすると矢印の胴体部分が太くなります。 関連項目 図形を結合する/分割する オブジェクトのサイズ...

Keynote for iPad: 「Keynote」で図形を追加する/編集する

ことができます。 図形を選択します。 必要に応じて以下の操作を実行します: 角丸四角形の角の形状を変更する:緑のドットを角の方向にドラッグすると角が鋭くなり、角から遠ざけるようにドラッグすると角が丸くなります。 星形の頂点の数を変更する:外側の緑のドットを時計回りにドラッグすると頂点の数が増え、 反 時計回りにドラッグすると頂点の数が減ります。星形の頂点数は 3 から 20 までの間にすることができます。 星形の頂点の形状を変更する:内側の緑のドットを星形の中心方向にドラッグすると頂点が細長くなり、星形の中心から遠ざけるようにドラッグすると頂点が太く短くなります。 コールアウトまたは吹き出しの形状を変更する:緑のドットを吹き出しの本体の上にドラッグして、形状を変更します。緑のドットをポイントの先端にドラッグすると、長さと位置を変更できます。緑のドットをポイントの根本にドラッグすると、太さを変更できます。 多角形の辺の数を変更する:緑のドットを時計回りまたは 反 時計周りにドラッグして、辺の数を調整します。 矢印の比率を調整する:緑のドットを矢印の先端方向にドラッグすると矢印の頭の部分が小さくなり、矢印の側面...

Numbers for iPhone: 「Numbers」で図形を追加する/編集する

すると角が鋭くなり、角から遠ざけるようにドラッグすると角が丸くなります。 星形の頂点の数を変更する:外側の緑のドットを時計回りにドラッグすると頂点の数が増え、 反 時計回りにドラッグすると頂点の数が減ります。星形の頂点数は 3 から 20 までの間にすることができます。 星形の頂点の形状を変更する:内側の緑のドットを星形の中心方向にドラッグすると頂点が細長くなり、星形の中心から遠ざけるようにドラッグすると頂点が太く短くなります。 コールアウトまたは吹き出しの形状を変更する:緑のドットを吹き出しの本体の上にドラッグして、形状を変更します。緑のドットをポイントの先端にドラッグすると、長さと位置を変更できます。緑のドットをポイントの根本にドラッグすると、太さを変更できます。 多角形の辺の数を変更する:緑のドットを時計回りまたは 反 時計周りにドラッグして、辺の数を調整します。 矢印の比率を調整する:緑のドットを矢印の先端方向にドラッグすると矢印の頭の部分が小さくなり、矢印の側面ポイントの方向にドラッグすると矢印の胴体部分が太くなります。 関連項目 図形およびテキストボックスを色またはイメージで塗りつぶす...

Numbers for iPad: 「Numbers」で図形を追加する/編集する

を選択します。 必要に応じて以下の操作を実行します: 角丸四角形の角の形状を変更する:緑のドットを角の方向にドラッグすると角が鋭くなり、角から遠ざけるようにドラッグすると角が丸くなります。 星形の頂点の数を変更する:外側の緑のドットを時計回りにドラッグすると頂点の数が増え、 反 時計回りにドラッグすると頂点の数が減ります。星形の頂点数は 3 から 20 までの間にすることができます。 星形の頂点の形状を変更する:内側の緑のドットを星形の中心方向にドラッグすると頂点が細長くなり、星形の中心から遠ざけるようにドラッグすると頂点が太く短くなります。 コールアウトまたは吹き出しの形状を変更する:緑のドットを吹き出しの本体の上にドラッグして、形状を変更します。緑のドットをポイントの先端にドラッグすると、長さと位置を変更できます。緑のドットをポイントの根本にドラッグすると、太さを変更できます。 多角形の辺の数を変更する:緑のドットを時計回りまたは 反 時計周りにドラッグして、辺の数を調整します。 矢印の比率を調整する:緑のドットを矢印の先端方向にドラッグすると矢印の頭の部分が小さくなり、矢印の側面ポイント...

MacのためのPages: Pages 書類に図形を追加する/編集する

四角形:直線を示します。このポイントにつながる線は直線です。 輪郭が赤い円:曲線を示します。このポイントにつながる線は曲線です。 編集が終わったら図形の外側をクリックします。 デフォルトの曲線をベジェ曲線に変更するには、画面上部の「Pages」メニューで、「Pages」>「環境設定」と選択してから、「一般」タブで「カーブのデフォルトをベジェに設定」を選択します。ベジェ曲線を使った図形を編集するときは、ポイント上のハンドルを使って曲線を調整します。 図形の機能を調整する 選択すると緑のドットが表示される基本図形(図形ライブラリの「基本」カテゴリに含まれる図形)の外観を変更できます。たとえば、星の頂点の数を 5 つよりも増やすことができます。 図形を選択します。 必要に応じて以下の操作を実行します: 角丸四角形の角の形状を変更する:緑のドットを角の方向にドラッグすると角が鋭くなり、角から遠ざけるようにドラッグすると角が丸くなります。 星形の頂点の数を変更する:外側の緑のドットを時計回りにドラッグすると頂点の数が増え、 反 時計回りにドラッグすると頂点の数が減ります。星形の頂点数は 3 から 20...

Pages for iPad: Pages 書類に図形を追加する/編集する

します。 必要に応じて以下の操作を実行します: 角丸四角形の角の形状を変更する:緑のドットを角の方向にドラッグすると角が鋭くなり、角から遠ざけるようにドラッグすると角が丸くなります。 星形の頂点の数を変更する:外側の緑のドットを時計回りにドラッグすると頂点の数が増え、 反 時計回りにドラッグすると頂点の数が減ります。星形の頂点数は 3 から 20 までの間にすることができます。 星形の頂点の形状を変更する:内側の緑のドットを星形の中心方向にドラッグすると頂点が細長くなり、星形の中心から遠ざけるようにドラッグすると頂点が太く短くなります。 コールアウトまたは吹き出しの形状を変更する:緑のドットを吹き出しの本体の上にドラッグして、形状を変更します。緑のドットをポイントの先端にドラッグすると、長さと位置を変更できます。緑のドットをポイントの根本にドラッグすると、太さを変更できます。 多角形の辺の数を変更する:緑のドットを時計回りまたは 反 時計周りにドラッグして、辺の数を調整します。 矢印の比率を調整する:緑のドットを矢印の先端方向にドラッグすると矢印の頭の部分が小さくなり、矢印の側面ポイントの方向にドラッグ...

Pages for iPhone: Pages 書類に図形を追加する/編集する

すると角が鋭くなり、角から遠ざけるようにドラッグすると角が丸くなります。 星形の頂点の数を変更する:外側の緑のドットを時計回りにドラッグすると頂点の数が増え、 反 時計回りにドラッグすると頂点の数が減ります。星形の頂点数は 3 から 20 までの間にすることができます。 星形の頂点の形状を変更する:内側の緑のドットを星形の中心方向にドラッグすると頂点が細長くなり、星形の中心から遠ざけるようにドラッグすると頂点が太く短くなります。 コールアウトまたは吹き出しの形状を変更する:緑のドットを吹き出しの本体の上にドラッグして、形状を変更します。緑のドットをポイントの先端にドラッグすると、長さと位置を変更できます。緑のドットをポイントの根本にドラッグすると、太さを変更できます。 多角形の辺の数を変更する:緑のドットを時計回りまたは 反 時計周りにドラッグして、辺の数を調整します。 矢印の比率を調整する:緑のドットを矢印の先端方向にドラッグすると矢印の頭の部分が小さくなり、矢印の側面ポイントの方向にドラッグすると矢印の胴体部分が太くなります。 関連項目 オブジェクトをテキストと共に配置する 透かしおよび背景...

MacのためのiMovie: クリップを回転させる

クリップを回転させる ムービーに追加する前または後に、クリップを回転できます。 ビデオクリップまたは写真を回転させる ブラウザまたはタイムラインで、回転させたいクリップを選択します。 クロップコントロールを表示するには、「クロップ」ボタンをクリックします。 以下のいずれかの操作を行います: クリップを時計回りに回転させる:クロップコントロールの右側にある「時計回りに回転」ボタンをクリックします。 クリップを 反 時計回りに回転させる:クロップコントロールの右側にある「 反 時計回りに回転」ボタンをクリックします。 変更を適用するには、クロップコントロールの「適用」ボタン をクリックします。 すべてのクロップおよび回転の調整をリセットするには、「リセット」ボタンをクリックします。...

MacのためのNumbers: 「Numbers」で図形を追加する/編集する

します。 ハンドルはさまざまな種類の線を表します: 輪郭が赤い四角形:直線を示します。このポイントにつながる線は直線です。 輪郭が赤い円:曲線を示します。このポイントにつながる線は曲線です。 編集が終わったら図形の外側をクリックします。 デフォルトの曲線をベジェ曲線に変更するには、画面上部の「Numbers」メニューで、「Numbers」>「環境設定」と選択してから、「一般」タブで「カーブのデフォルトをベジェに設定」を選択します。ベジェ曲線を使った図形を編集するときは、ポイント上のハンドルを使って曲線を調整します。 図形の機能を調整する 選択すると緑のドットが表示される基本図形(図形ライブラリの「基本」カテゴリに含まれる図形)の外観を変更できます。たとえば、星の頂点の数を 5 つよりも増やすことができます。 図形を選択します。 必要に応じて以下の操作を実行します: 角丸四角形の角の形状を変更する:緑のドットを角の方向にドラッグすると角が鋭くなり、角から遠ざけるようにドラッグすると角が丸くなります。 星形の頂点の数を変更する:外側の緑のドットを時計回りにドラッグすると頂点の数が増え、 反 時計回りにドラッグ...

MacのためのKeynote: 「Keynote」で図形を追加する/編集する

ようにドラッグすると角が丸くなります。 星形の頂点の数を変更する:外側の緑のドットを時計回りにドラッグすると頂点の数が増え、 反 時計回りにドラッグすると頂点の数が減ります。星形の頂点数は 3 から 20 までの間にすることができます。 星形の頂点の形状を変更する:内側の緑のドットを星形の中心方向にドラッグすると頂点が細長くなり、星形の中心から遠ざけるようにドラッグすると頂点が太く短くなります。 コールアウトまたは吹き出しの形状を変更する:緑のドットを吹き出しの本体の上にドラッグして、形状を変更します。緑のドットをポイントの先端にドラッグすると、長さと位置を変更できます。緑のドットをポイントの根本にドラッグすると、太さを変更できます。 多角形の辺の数を変更する:緑のドットを時計回りまたは 反 時計周りにドラッグして、辺の数を調整します。 矢印の比率を調整する:緑のドットを矢印の先端方向にドラッグすると矢印の頭の部分が小さくなり、矢印の側面ポイントの方向にドラッグすると矢印の胴体部分が太くなります。 追加の編集ハンドルを表示して図形を自由に変更する:画面上部の「フォーマット」メニューから「フォーマット...

Motion: ビヘイビアの処理順序

し、その後にキーフレームを追加すると、キーフレームの効果が先に評価されます。 たとえば「スピン」ビヘイビアを使用して時計回りに回転するようにオブジェクトをアニメートしてから、オブジェクトが 反 時計回りに回転するように「回転」パラメータにキーフレームを設定すると、オブジェクトは 反 時計回りに回転します。「Motion」では常に最初にキーフレームが評価されます。 ビヘイビアを使用してオブジェクトをアニメートし、その後に「シミュレーション」ビヘイビアを適用すると、「シミュレーション」ビヘイビアが最初のビヘイビアよりも前に評価されます(その結果、「シミュレーション」ビヘイビアの効果がなくなる場合があります)。 たとえば、「反復」(パラメータ)ビヘイビアを使用してオブジェクトの「回転」パラメータをアニメートしてから、オブジェクトに「回転ドラッグ」(シミュレーション)ビヘイビアを適用すると、オブジェクトは反復しますが、「回転ドラッグ」ビヘイビアによるオブジェクトの低速化はありません。「パラメータ」ビヘイビア(「反復」)の前に「シミュレーション」ビヘイビア(「回転ドラッグ」)が評価されるため、ゼロ値にドラッグ...

Final Cut Pro X: 「Final Cut Pro」キーボードショートカット

Final Cut Pro」に用意されているキーボードショートカットのリストを示します。

Aperture 3.x: イメージをパッチする

スライダを左にドラッグして複製されたピクセルを 反 時計回りに回転するか、「アングル」スライダを右にドラッグして、複製されたピクセルを時計回りに回転します。 「アングル」値スライダの左矢印または右矢印をクリックするか、値フィールド内をドラッグします。 「アングル」値スライダの数値をダブルクリックしてから、–180.00〜180.00 の値を入力して、Return キーを押します。 負の値では複製されたピクセルが 反 時計回りに回転し、正の値では複製されたピクセルが時計回りに回転します。...

Pages for iOS (iPhone, iPod touch): 図形の形状を変更する

待ち、突起の長さと位置を変更します。 以下のいずれかを実行します: 形状変更ハンドルを本体の周囲で上または下にドラッグして、終点を本体の任意の側から引き出します。 形状変更ハンドルを本体から遠ざけるようにドラッグして突起を細長くするか、本体の方向にドラッグして突起を太く短くします。 星形の形状を変更する: ページで星形を選択して、以下のいずれかまたは両方の操作を実行します: 外側にある緑の形状変更ハンドルをタッチして押さえたまま、頂点数が表示されるまで待ち、ハンドルを時計回りにドラッグして頂点数を増やすか、 反 時計回りにドラッグして頂点数を減らします。星形の頂点数は 3 から 20 までの間にすることができます。 内側にある緑の形状変更ハンドルをタッチして押さえたまま、星形の半径の比率が表示されるまで待ち、ハンドルを星形の中心方向にドラッグして突起を中央部分に対して細長くするか、中心から遠ざけるようにドラッグして突起を中央部分に対して太く短くします。 多辺形を作成する: 三角形、正方形、および五角形のほかにも、最大 11 辺までの閉じた多辺形を作成できます。 ページで五角形を選択...

Keynote for iOS (iPhone, iPod touch): 図形の形状を変更する

変更ハンドルをタッチして押さえたまましばらく待ち、突起の長さと位置を変更します。 以下のいずれかを実行します: コールアウトまたは吹き出しの本体の周囲で形状変更ハンドルを上または下にドラッグして、終点を本体の任意の側から引き出します。 形状変更ハンドルをコールアウトまたは吹き出しの本体から遠ざけるようにドラッグして突起を細長くするか、本体の方向にドラッグして突起を太く短くします。 星形の形状を変更する: スライドキャンバスで星形を選択して、以下のいずれかまたは両方の操作を実行します: 外側にある緑の形状変更ハンドルをタッチして押さえたまま、頂点数が表示されるまで待ち、ハンドルを時計回りにドラッグして頂点数を増やすか、 反 時計回りにドラッグして頂点数を減らします。星形の頂点数は 3 から 20 までの間にすることができます。 内側にある緑の形状変更ハンドルをタッチして押さえたまま、星形の半径の比率が表示されるまで待ち、ハンドルを星形の中心方向にドラッグして突起を中央部分に対して細長くするか、中心から遠ざけるようにドラッグして突起を中央部分に対して太く短くします。 多辺形を作成する: 三角形...

Keynote for iOS (iPad): 図形の形状を変更する

変更ハンドルをタッチして押さえたまましばらく待ち、突起の長さと位置を変更します。 以下のいずれかを実行します: コールアウトまたは吹き出しの本体の周囲で形状変更ハンドルを上または下にドラッグして、終点を本体の任意の側から引き出します。 形状変更ハンドルをコールアウトまたは吹き出しの本体から遠ざけるようにドラッグして突起を細長くするか、本体の方向にドラッグして突起を太く短くします。 星形の形状を変更する: スライドキャンバスで星形を選択して、以下のいずれかまたは両方の操作を実行します: 外側にある緑の形状変更ハンドルをタッチして押さえたまま、頂点数が表示されるまで待ち、ハンドルを時計回りにドラッグして頂点数を増やすか、 反 時計回りにドラッグして頂点数を減らします。星形の頂点数は 3 から 20 までの間にすることができます。 内側にある緑の形状変更ハンドルをタッチして押さえたまま、星形の半径の比率が表示されるまで待ち、ハンドルを星形の中心方向にドラッグして突起を中央部分に対して細長くするか、中心から遠ざけるようにドラッグして突起を中央部分に対して太く短くします。 多辺形を作成する: 三角形...

iPhoto for iOS (iPhone): 写真をトリミングする/傾きを補正する/回転させる

とタップして、写真の隅からドラッグします。 写真の傾きを補正するには、以下のいずれかの操作を行います: 写真を手動で調整する:ダイヤルをドラッグするか、2 本指で写真を回転させます。 写真で水平線が検出された場合に写真の傾きを自動的に補正する:矢印をタップします。 写真の傾きが補正されると、自動傾き補正ガイドが消えます。写真の自動傾き補正ガイドを表示するには、 >「リセット」とタップします。 写真を回転させる 写真を選択し、 をタップします。 このツールが表示されない場合は、「編集」をタップします。 以下のいずれかの操作を行います: 写真を時計回りに 90 度回転させる: をタップします。このツールが表示されない場合は、iPhone または iPod touch を横向きにします。 写真を 反 時計回りに回転させる: をタッチして押さえたまま、「 反 時計回りに回転」をタップします。 写真を手動で回転させる:2 本指で写真をタッチして回転させます。 Tip: また、デバイスの内蔵ジャイロスコープを使って写真を回転させたり、傾きを補正したりすることもできます:ダイヤルをタップして、iPhone...

iPhoto for iOS (iPad): 写真を回転させる

写真を回転させる 何らかの理由で縦向きの写真が横向きで表示されたり、その逆になっている場合は、写真を回転させると便利です。 写真を回転させる 写真を選択して、以下のいずれかの操作を行います: 写真を時計回りに 90 度回転させる: をタッチして押さえたまま、「時計回りに回転」を選択します。 ツールが表示されない場合は、「編集」をタップします。 写真を 反 時計回りに回転させる: をタッチして押さえたまま、「 反 時計回りに回転」を選択します。 写真をトリミングする/傾きを補正する...

iBooks Author: 図形を追加する/編集する

編集可能にする」と選択します。 次回に図形を編集するときは、図形をゆっくりと 2 回クリックすれば編集ポイントが表示されます。 図形の枠線を変形するには、赤い編集ポイントをドラッグします。 以下のいずれかの操作を行います: 開いている図形を閉じる、または開いている図形にポイントを追加する:いずれかの端をダブルクリックします。ポインタがペンツールに変わります。 閉じた図形に編集ポイントを追加する:Option キーを押したまま、ポイントを追加する枠線の位置をクリックします。 線に終点(矢印など)を追加する:フォーマットバーの「端」ポップアップメニューからオプションを選択します。 曲線を変形する:編集ポイントをクリックし、コントロールハンドルを時計回りまたは 反 時計回りに動かします。ハンドルを連動させるか個別に動かすかによって、得られる効果が異なります。 互いに接する 2 つのセグメントの間の角度または 1 つのセグメントの長さを変更する:終点をクリックしてから、時計回り、 反 時計回り、外向き、または内向きにドラッグします。 角のポイントを曲線ポイントに、または曲線ポイントを角のポイントに変更...

Keynote for iPhone: Keynote プレゼンテーションのスライドでオブジェクトをアニメートする

されるオプションはアニメーションによって異なります。これらのビルドタイプには特定の手順が必要です: 不透明度:アニメーションの最後でオブジェクトがどのくらい透明になるかを指定するには、「不透明度」スライダをドラッグします。オブジェクトを最後に見えなくしたい場合は、スライダを左端までドラッグします。 回転:回転の方向を変更するには、「時計回り」または「 反 時計回り」をタップします。回転の角度を選択するには、「角度」スライダをドラッグします。回転の数を選択するには、「回転」の横の または をタップします。 サイズ調整:アニメーションの最後でオブジェクトをどのくらいの大きさにしたいかを指定するには、「サイズ調整」スライダをドラッグします。スライド上の透明なゴーストオブジェクトの周りの青いドットをドラッグすることで、オブジェクトの最終サイズを設定することもできます。 パスを作成する:下のタスクを参照してください。 アニメーションのプレビューを表示するには、 をタップします。 オブジェクトに別のアクションビルドを適用するには、 をタップします。 ビルドの追加が終わったら、画面右上隅の「終了」をタップ...

Keynote for iPad: Keynote プレゼンテーションのスライドでオブジェクトをアニメートする

オブジェクトがどのくらい透明になるかを指定するには、「不透明度」スライダをドラッグします。オブジェクトを最後に見えなくしたい場合は、スライダを左端までドラッグします。 回転:回転の方向を変更するには、「時計回り」または「 反 時計回り」をタップします。回転の角度を選択するには、「角度」スライダをドラッグします。回転の数を選択するには、「回転」の横の または をタップします。 サイズ調整:アニメーションの最後でオブジェクトをどのくらいの大きさにしたいかを指定するには、「サイズ調整」スライダをドラッグします。スライド上の透明なゴーストオブジェクトの周りの青いドットをドラッグすることで、オブジェクトの最終サイズを設定することもできます。 パスを作成する:下のタスクを参照してください。 アニメーションのプレビューを表示するには、 をタップします。 オブジェクトに別のアクションビルドを適用するには、 をタップします。 ビルドの追加が終わったら、画面右上隅の「終了」をタップします。 モーションパスを作成する スライド上で移動するように、オブジェクトのモーションパスを作成できます。 スライド上で、アニメートしたい...

Logic Pro X: EFM1 出力パラメータ

します。 「Decay」スライダ:サスティンレベルに到達するまでの時間を設定します。 「Sustain」スライダ:MIDI ノートがリリースされるまで保持するレベルを設定します。 「Release」スライダ:MIDI ノートがリリースされてから、レベルがゼロになるまでの時間を設定します。 「main level」ノブ:全体の出力レベルを設定します。 「velocity」ノブ:受信した MIDI ベロシティメッセージに対する感度を設定します。 EFM1 は、MIDI ベロシティに動的に反応します。ベロシティ値が大きいほど、明るくて大きな響きになります。ベロシティ値を無視したい場合は「velocity」ノブを左いっぱいまで( 反 時計回りに)回します。...

Motion: 360° メディアの方向を変える

を行います: カメラを上下にチルトする(X 軸に沿って動かす)には、「X 回転」ダイヤル(または値スライダ)を調整します。 カメラを左右にパンする(Y 軸に沿って動かす)には、「Y 回転」ダイヤル(または値スライダ)を調整します。 カメラを時計回りまたは 反 時計回りにロールする(Z 軸に沿って動かす)には、「Z 回転」ダイヤル(または値スライダ)を調整します。 カメラをリセットするには、アニメーションメニュー(ポインタをパラメータの行に合わせたときに右に表示される下向きの矢印)をクリックし、「パラメータをリセット」を選択します。 注記:カメラの操作について詳しくは、3D カメラの概要を参照してください。 キーフレームやビヘイビアを使ってカメラまたは「360° 方向変更」フィルタのパラメータを時間に沿ってアニメートすることで、360° プロジェクトに映画のようなカメラワークを取り入れることもできます。ただし、360° ビデオは視聴者が自由に操作できるため、期待するような映像にはならない可能性があります。 ヒント:通常の(360° ではない)プロジェクトでも「360° 方向変更」フィルタを使っ...

Final Cut Pro X: 360° ビデオクリップの方向を変更する

のいずれかの操作を行います: 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「インスペクタ」と選択します(または Command + 4 キーを押します)。 ツールバーの右側にある「インスペクタ」ボタンをクリックします。 インスペクタの「方向変更」セクションでパラメータを調整します: チルト(X):x 軸を中心として表示を上下に回転させます。 パン(Y):y 軸を中心として表示を左右に回転させます。 ロール(Z):z 軸を中心として表示を時計回りまたは 反 時計回りに回転させます。 コンバージェンス:ステレオスコピック空間内にある要素の見かけのコンバージェンス点を調整して、要素がより近くまたは遠くに感じられるようにします。(「コンバージェンス」パラメータはステレオスコピック・クリップについて表示されます。) インスペクタの「方向変更」セクションで値を変更すると、ビューアがアップデートされて変更内容が反映されます。 オンスクリーンコントロールを使って 360° の方向を変更する 360° ビデオプロジェクトを作成します。 タイムラインに 360° クリップを追加してから、そのクリップを選択...

Final Cut Pro X: 球面収差補正プロジェクトに 360° クリップを追加する

ます: 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「インスペクタ」と選択します(または Command + 4 キーを押します)。 ツールバーの右側にある「インスペクタ」ボタンをクリックします。 インスペクタの上部にある「ビデオ」ボタンをクリックします。 「ビデオ」インスペクタで「方向」セクションまで下にスクロールして、以下のパラメータを調整します: チルト(X):x 軸を中心として表示を左右に回転させます。 パン(Y):y 軸を中心として表示を上下に回転させます。 ロール(Z):z 軸を中心として表示を時計回りまたは 反 時計回りに回転させます。 視野:表示される 360° シーンの量を調整します。視野を広げるには、スライダを右にドラッグします。視野を狭めるには、スライダを左にドラッグします。 360° クリップの継続時間全体で 1 つの方向(カメラアングル)を使用することも、時間の経過と共に方向の変更をアニメートして映画のようなカメラの動きのエフェクトを作り出すこともできます。詳しくは、キーフレームを使ってビデオエフェクトを調整するを参照してください。 重要:方向の設定を変更すると、出力メディアファイル...

Final Cut Pro X: 360° ビデオを表示する/360° ビデオ内を移動する

Control + Option + Command +右矢印キーを押します。 時計回りにロールする:Control + Option + Command +右ブラケットキーを押します。 反 時計回りにロールする:Control + Option + Command +左ブラケットキーを押します。 表示を調整する 360° ビデオクリップの再生中または編集中に、360° ビューアの表示を調整できます。 注記:VR ヘッドセットが接続されているときは、360° ビューアの表示を調整できません。 視野を広げる:「視野」スライダを左にドラッグします(または Control + Option + Command +マイナス記号(-)を押します)。 視野を狭める:「視野」スライダを右にドラッグします(または Control + Option + Command +プラス記号(+)を押します)。 視野をリセットする:「視野」スライダの右にある「リセット」ボタンをクリックします。 視野角の情報をスーパーインポーズする:右上隅にある「設定」ポップアップメニューをクリックして、「オーバーレイを表示」を選択...

世界中のAppleユーザーからサポートを受けましょう。

Appleサポートコミュニティにアクセスすれば、質問したり、既存の回答を見つけたり、ほかのユーザーと専門知識を共有することができます。

コミュニティにアクセスする