無限の住人検索結果 830 件

iPadのためのキーボードは、快適にタイピングできるフルサイズのキーボードです。頑丈なカバーにもなります。

iOSのためのGarageBandには、あなたのiPad、iPhone、iPod touchで驚くような音楽を演奏、録音、共有するために必要なものがすべてそろっています。新たにサウンドライブラリも活用できるようになりました。

MacのためのGarageBandには、楽器を学んだり、最高のサウンドを持つ曲を演奏、録音、ミキシング、共有するために必要なものがすべてそろっているので、楽器に触れたことがない人にもぴったりです。

OS X、GarageBandの「演奏方法を学ぶ」、QuickTime、iWork、ApertureといったAppleソフトウェアや、Appleがどのように問題解決のお手伝いができるかについて、さらに詳しくご紹介します。

iOSとiPadOSの写真アプリなら、お気に入りの瞬間を再発見、編集、シェアするのが簡単です。

注文状況のメッセージが意味する内容や、現在の注文状況の確認または変更、このセルフサービスのウェブサイトでできることについてご紹介します。

Appleはお客様の個人情報を守ることを大切にしています。Appleがお客様のプライバシーを守るために取り組んでいることや、Appleの企業ポリシーについてご紹介します。

お支払い方法のご案内

教師のみなさんがテクノロジーを最大限に活用し、クリエイティビティを形にできるようにAppleが作った最新のチュートリアル、授業のアイデア、プログラムが見つかります。

注文した商品はすべて送料無料です。配送や受取り、ご注文の管理といった知っておきたい情報をご紹介します。

出荷・配送 - お届けまでの流れ

Appleは本日、iPadのユニークな機能と大型Multi-Touchディスプレイを活かした新機能とデザインを搭載した、iPadOS 14のプレビューを発表しました。

法人向けお支払い方法のご案内

ダンボールへの箱詰めや、輸送途中で破けないビニールで補強された紙袋など、「ゆうパック」での輸送に耐える簡易梱包を行ってください。なお、複数の製品をお送りになる場合、製品ごとに個別に梱包してください。 Q. コンピュータ本体とディスプレイを一緒に梱包してもよいですか。 A.  複数の製品を梱包する場合は、製品ごとに別々に梱包してくだい(伝票も製品ごとに発行されます)。コンピュータ本体とディスプレイに限らず...

Appleリサイクルプログラムを通して利用できる様々なリサイクルの方法について詳しく紹介します。

Appleは本日、Develop in SwiftとEveryone Can Codeプログラムの大幅な強化と、新しいプロフェッショナルラーニングコースの開設を発表しました。

事業系Apple製品のリサイクルについて Q1. 回収対象機器を教えて下さい。 A.  Apple製コンピュータ本体およびディスプレイ装置、iPad、iPhone、iPod、Apple Watch、サーバー、その他周辺機器が対象となります。 Q2. 対象機器とあわせて回収してもらえる付属品について教えてください。 A.  Apple製のキーボード、マウス、コード類、マイク、スピーカーなど、製品に...

音楽、写真、フィットネス、ゲーム、ビデオ...あなたが夢中になっていることは何ですか?Apple製品を通してその情熱を伝えることによって、周囲の人々を触発しませんか。自分自身とお客様のあらゆる可能性の扉を開くため、私たちはリテール体験を常に再定義しています。...

Macは、聴覚に障がいのある方が友だちや家族とのコミュニケーションで活用できる、FaceTimeやiMessageなどのパワフルな機能を搭載しています。

Legal Open Menu Close Menu ハードウェア ソフトウェア セールス&サポート インターネットサービス 知的財産 その他の関連情報 その他の関連情報 その他のLegal関連情報をご覧ください。また、ご不明な点についての お問い合わせ方法をご確認ください。 フィッシングおよびその他の不審なEメール フィッシング詐欺の被害にあわないための注意点や、Apple IDが不正利用され...

iPhoneは、認識障がいや学習障がいのある方を含む、あらゆるユーザーの神経多様性をサポートする支援機能を内蔵しています。

iPadは、様々なユーザーの神経多様性をサポートする機能を内蔵しています。認識障がいや学習障がいがある方にも活用していただけるパワフルなツールです。

Macは、点字ディスプレイに対応した内蔵の画面読み上げ機能であるVoiceOverなど、視覚に障がいがある方や弱視の方のためのパワフルな機能を搭載しています。

Appleは、地球から何も取らずに製品を作るというゴールに向かっています。そのために、再生可能エネルギーを使い、責任ある調達を行い、より安全でより効率の良い製品を作っています。

iPhoneには、FaceTime、Bluetoothの補聴器への対応など、聴覚に障がいのある方に活用していただけるパワフルな機能が内蔵されています。

iPadは、聴覚に障がいのある方が友だちや家族とのコミュニケーションで活用できる、FaceTimeやiMessageなどのパワフルな機能を搭載しています。

iPadは、点字ディスプレイに対応した内蔵画面読み上げ機能であるVoiceOverなど、視覚に障がいがある方や弱視の方のためのパワフルな機能を搭載しています。

iPhoneは、点字ディスプレイに対応した内蔵画面読み上げ機能であるVoiceOverなど、視覚に障がいがある方や弱視の方のためのパワフルな機能を搭載しています。

Macは、認識障がいや学習障がいのある方を含む、あらゆるユーザーの神経多様性をサポートする支援技術を内蔵しています。

iPhone 11かiPhone 11 Proかを決めるために詳しく知りたい方に。カメラ、ディスプレイ、バッテリーなどの違いを紹介します。