Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン - マットブラック

  • ¥34,800 (税別)
  • カラー - マットブラック
購入のご相談は、 または0120-993-993へ電話でどうぞ。

Beats Studio³ Wirelessの製品デモをご覧ください

Beats Studio³ Wirelessの製品デモ

Beats Studio³ Wirelessの製品デモ

音楽:落ち着いたヒップホップ

[落ち着いたビートのインストゥルメンタル音楽が流れる]

[ゴールドのトリムが付いたホワイトのヘッドフォンが画面中央へとゆっくり浮かんでいき、黒い背景のフレームに入っていく映像]

これが、BEATS STUDIO³ WIRELESS

[画面が切り替わる。浮かんだ製品が360度回転しながら、黒い画面の右側へと向かっていく]

ノイズから解放された、音の極み。

[製品のオーバーイヤーカップのクローズアップショットに切り替わる]

ピュアアダプティブ
ノイズキャンセリング機能

[落ち着いたヒップホップの音楽が流れる]

[画面が切り替わる。回転しながら画面に入ってきたヘッドフォンがクローズアップされ、製品に付いているゴールドのBeatsロゴが映る]

最長22時間
駆動するバッテリー

[画面が切り替わる。黒い画面に浮かんだ2つのパールのヘッドフォンが交差し、下へ向かっていく]

[画面が切り替わる。画面中央で製品のエスタブリッシングショットが浮かびながら360度回転し、ゆっくり止まる]

[画面が切り替わり、黒い背景にBeatsのロゴが表示される]

  • 概要

    緻密にチューニングされた音響とPure ANC(ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能)で、上質のサウンドを実現

    Beats Studio3 Wirelessヘッドフォンでは、周囲の音を効果的に遮断するピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)機能と、心を揺さぶるクリアで幅広い音域を維持するリアルタイムのサウンドキャリブレーションにより、上質な音楽を楽しめます。 周囲のノイズはすべて正確に感知され、一人ひとりが再生している曲に合わせてリアルタイムで自動的に遮断されるので、アーティストが意図した通りの質の高い音を、最適な状態で聴くことができます。

    AppleのW1チップ搭載

    BeatsとAppleは、Beats Studio3 Wirelessヘッドフォンに搭載したApple W1チップで、音楽の楽しみ方を変えようとしています。効率のよい組み込みのW1チップは、あなたのApple製デバイスの設定や切り替えをシームレスにするだけではありません*。最大で22時間持続するバッテリー駆動時間により、Pure ANC(ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能)をオンにした状態で一日中音楽を再生できます。さらに、Fast Fuelテクノロジーを使えば、10分の充電で3時間の再生が可能です。Pure ANC(ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能)をオフにした低電力モードなら、バッテリー駆動時間が最大で40時間にもなります。

    *iCloudアカウントとmacOS Sierra、iOS 10、またはwatchOS 3以降が必要です

    どこにいても、いつでもつながれる。

    電話に出る、曲をスキップする、音量を調整する、Siriを起動する、といった操作を、便利な多機能のオンイヤーコント ロールから行なえます。Apple W1に搭載されたClass 1のBluetooth®接続により、あなたのデバイスとシームレス に同期するので、音楽の再生を続けたまま簡単に動き回れます。作業の効率が落ちることが一日中ありません。

    あなたにフィットする設計

    Beats Studio3 Wirelessヘッドフォンは、長時間身につけていても快適なように作られています。それに合わせて、バッテリーも最大22時間持続するので、一日中音楽を楽しめます。ソフトなオーバーイヤークッションは先進的なベント付き。人間工学に基づく、特徴的な回転機能も備わっているので、一人ひとりの頭の形に合わせて柔軟にフィットします。全体的に軽くて耐久性に優れ、快適な作りなので、音楽を聴くことに没頭できます。

    製品のポイント

    ピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)機能が、周囲の雑音を効果的にブロックします

    リアルタイムのサウンドキャリブレーションにより、いつでも上質なサウンドを楽しめます

    最大22時間のバッテリー駆動時間。充実した機能のワイヤレス再生を一日中持続できます

    Apple W1チップが、Class 1のBluetooth®ワイヤレス接続と優れたバッテリー効率を実現します

    Fast Fuel機能を搭載し、バッテリー残量が少なくなっても10分の充電で3時間再生できます

    Pure ANC(ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能)をオフにした低電力モードでは、バッテリー駆動時間が最大で40時間になります

    電話への応答、音楽の操作、Siriの起動もできる多機能のオンイヤーコントロールがついています

    快適さが増したソフトなオーバーイヤークッションが、ノイズアイソレーション効果を発揮

    同梱物

    Beats Studio3 Wirelessヘッドフォン

    キャリングケース

    3.5 mmのRemoteTalkケーブル

    ユニバーサルUSB充電ケーブル(USB-A - USB Micro-B)

    クイックスタートガイド 

    仕様

    その他機能 : アクティブノイズキャンセリング、折り畳み可能、トラックコントロール付きインラインマイク、インライン音量調節、ノイズアイソレーション、ステレオBluetooth、ワイヤレス

    フォームファクター : オーバーイヤー型

    接続 : Bluetooth、ワイヤレス

    Bluetooth互換性 : Bluetooth4.0

    電源 : バッテリー電源

    バッテリー : 充電式リチウムイオン

    高さ : 18.4 cm

    重量 : 260 g

  • iPhoneのモデル

    iPadのモデル

    Macのモデル

    Apple Watchのモデル

    Apple TVのモデル

    iPodのモデル

    • 2.0 out of 5 stars

      Beats Studio らしさはなくなりました。

      前モデルのBeats Studio V2 / Wireless の音がとても好みで3台ほど持っていました。 前作のBeats Studio Wireless はスピーカーから出ているような音の広がりがあり、爆音と言えるほどの音量の大きさもあったりとBeats Studio Wireless というヘッドフォンでないと 前モデルのBeats Studio V2 / Wireless の音がとても好みで3台ほど持っていました。 前作のBeats Studio Wireless はスピーカーから出ているような音の広がりがあり、爆音と言えるほどの音量の大きさもあったりとBeats Studio Wireless というヘッドフォンでないと聞くことができない音、というヘッドホンでした。 前モデルには欠点もあり、最大音量にして歩きながら聴くと、低音が多いところなどでハウジングとプラスチックが当たってしまうのかバコバコと音楽とは違う音がなってしまうんですよね。そこだけが欠点だったのですが、他の面は完璧だったので3のモデルには期待していました。 Beats Studio 3 Wireless発表時に急いで予約し、まだ店頭に出ていない時(ヨドバシカメラではマッドブラックモデルのみ先行発売していた)に購入したのですが、聞いてみると明らかに音が違いました。 なんていうか、Beats の音では無くなりました。 前モデルにあったノイズキャンセルのサーという音は無くなり、その代わりノイズキャンセルとしては強力になったのですが、その為か、まず最大音量が前モデルよりはるかに小さいです。そして、Appleもバコバコなることは認知していたのか、その分低音が明らかに出なくなりました。 最初はエイジングのせいかなと思い、何時間も曲を聞きましたがやはり前モデルと比べると、比べ物にならないほど低音が出なくなっています。 初期不良も考え、店頭の試聴機が出るようになった最近聴きに行きましたがやはり同じ音でした。 おそらく、最近言われているAppleの音になったのだと思われます。 なんていうか、音楽を忠実に再生、ということだと思われますが、Beats Studio を購入する層が求めていることはそういうことじゃないんですよね。そういう系統はソニーの分野であり、おそらくそういう層はソニーのヘッドフォンを購入すると思います。 なんというか、つまらない音になりました。 売却して、 Beats Studio V2 Wireless を在庫があるうちに買おうと思います。

      • レビュアー 正太 神奈川県

      43 人中、31 人が「役に立った」と投票しています

      このレビューは役に立ちましたか?Beats Studio らしさはなくなりました。

    • 5.0 out of 5 stars

      最高に最高

      音質に関しては、以前と比べて低音が強すぎず今まで以上に高音が綺麗になっているので、 ボーカルとバックのバランスがとてもいいです! (洋楽やボカロなどがおすすめかと思います) デザインはスタイリッシュさがあり、かっこよくもあれば可愛くもあります。 (自分は中学生ですがファッションにもワンポイントとして買っ 音質に関しては、以前と比べて低音が強すぎず今まで以上に高音が綺麗になっているので、 ボーカルとバックのバランスがとてもいいです! (洋楽やボカロなどがおすすめかと思います) デザインはスタイリッシュさがあり、かっこよくもあれば可愛くもあります。 (自分は中学生ですがファッションにもワンポイントとして買ってよかったです) NCは通勤通学時の電車やバスはもちろん、家庭での使用でも適しており、 別製品と比べても疲れがなく、周りのノイズに合わせて制御してくれるので 場面によって最高のパフォーマンスをしてくれます。 質感は他のヘッドホンと違って柔らかく、良いと思いました。

      • レビュアー 伯玖 岡山県

      2 人中、2 人が「役に立った」と投票しています

      このレビューは役に立ちましたか?最高に最高

    • 4.0 out of 5 stars

      音質よし!しかし値段高い!

      beats solo3と比べて音質はとてもいいし見た目もかっこいいです!完成度は高い!しかし、若干値段が高すぎる(ブランド料が高い)な気がします! まあ買って満足です!

      • レビュアー 大輝 熊本県

      22 人中、12 人が「役に立った」と投票しています

      このレビューは役に立ちましたか?音質よし!しかし値段高い!

    • 5.0 out of 5 stars

      最高に最高

      音質に関しては、以前と比べて低音が強すぎず今まで以上に高音が綺麗になっているので、 ボーカルとバックのバランスがとてもいいです! (洋楽やボカロなどがおすすめかと思います) デザインはスタイリッシュさがあり、かっこよくもあれば可愛くもあります。 (自分は中学生ですがファッションにもワンポイントとして買っ 音質に関しては、以前と比べて低音が強すぎず今まで以上に高音が綺麗になっているので、 ボーカルとバックのバランスがとてもいいです! (洋楽やボカロなどがおすすめかと思います) デザインはスタイリッシュさがあり、かっこよくもあれば可愛くもあります。 (自分は中学生ですがファッションにもワンポイントとして買ってよかったです) NCは通勤通学時の電車やバスはもちろん、家庭での使用でも適しており、 別製品と比べても疲れがなく、周りのノイズに合わせて制御してくれるので 場面によって最高のパフォーマンスをしてくれます。 質感は他のヘッドホンと違って柔らかく、良いと思いました。

      • レビュアー 伯玖 岡山県

      2 人中、2 人が「役に立った」と投票しています

      このレビューは役に立ちましたか?最高に最高

    • 2.0 out of 5 stars

      Beats Studio らしさはなくなりました。

      前モデルのBeats Studio V2 / Wireless の音がとても好みで3台ほど持っていました。 前作のBeats Studio Wireless はスピーカーから出ているような音の広がりがあり、爆音と言えるほどの音量の大きさもあったりとBeats Studio Wireless というヘッドフォンでないと 前モデルのBeats Studio V2 / Wireless の音がとても好みで3台ほど持っていました。 前作のBeats Studio Wireless はスピーカーから出ているような音の広がりがあり、爆音と言えるほどの音量の大きさもあったりとBeats Studio Wireless というヘッドフォンでないと聞くことができない音、というヘッドホンでした。 前モデルには欠点もあり、最大音量にして歩きながら聴くと、低音が多いところなどでハウジングとプラスチックが当たってしまうのかバコバコと音楽とは違う音がなってしまうんですよね。そこだけが欠点だったのですが、他の面は完璧だったので3のモデルには期待していました。 Beats Studio 3 Wireless発表時に急いで予約し、まだ店頭に出ていない時(ヨドバシカメラではマッドブラックモデルのみ先行発売していた)に購入したのですが、聞いてみると明らかに音が違いました。 なんていうか、Beats の音では無くなりました。 前モデルにあったノイズキャンセルのサーという音は無くなり、その代わりノイズキャンセルとしては強力になったのですが、その為か、まず最大音量が前モデルよりはるかに小さいです。そして、Appleもバコバコなることは認知していたのか、その分低音が明らかに出なくなりました。 最初はエイジングのせいかなと思い、何時間も曲を聞きましたがやはり前モデルと比べると、比べ物にならないほど低音が出なくなっています。 初期不良も考え、店頭の試聴機が出るようになった最近聴きに行きましたがやはり同じ音でした。 おそらく、最近言われているAppleの音になったのだと思われます。 なんていうか、音楽を忠実に再生、ということだと思われますが、Beats Studio を購入する層が求めていることはそういうことじゃないんですよね。そういう系統はソニーの分野であり、おそらくそういう層はソニーのヘッドフォンを購入すると思います。 なんというか、つまらない音になりました。 売却して、 Beats Studio V2 Wireless を在庫があるうちに買おうと思います。

      • レビュアー 正太 神奈川県

      43 人中、31 人が「役に立った」と投票しています

      このレビューは役に立ちましたか?Beats Studio らしさはなくなりました。

    • 4.0 out of 5 stars

      音質よし!しかし値段高い!

      beats solo3と比べて音質はとてもいいし見た目もかっこいいです!完成度は高い!しかし、若干値段が高すぎる(ブランド料が高い)な気がします! まあ買って満足です!

      • レビュアー 大輝 熊本県

      22 人中、12 人が「役に立った」と投票しています

      このレビューは役に立ちましたか?音質よし!しかし値段高い!

  • コミュニティからの回答