• 5点中5.0

    6/6s版からさらに進化していて大変満足です

    以前apple storeからiPhone 6/6s Smart Battery Case - チャコールグレイを購入してとても便利に愛用しております。
    新たにiPone7plusを購入したため同機能の本商品を購入いたしました。

    6s版のバッテリーパックはバッテリーパックにiphone6sをセットして充電しておけばバッテリーパックとiphone6sは共に充電されかつ充電後のiPhone6s使用時は特になんの操作も必要なくバッテリーパックからiphone6sに電力供給(iPhone6sの充電)がされていました。

    8plus/7plus版である本製品は充電時はバッテリーパックより先にiPhone7plus本体が充電されiPhone7plus本体の100%充電後にバッテリーパックが充電され始めます。

    8plus/7plus版の進化の最大特徴はバッテリーパックからiPhone7plusへの電力供給(iPhone7plusの充電)は6/6s版と異なりバッテリーパックの電気容量チェックボタンを『長押し』して始めてバッテリーパックからiPhone7plusへ電力供給(iPone7plusの充電)が開始されます。
    つまり6/6s版ではバッテリーパックからiPhone6sへの電力供給(iphone6sの充電)タイミングは操作できませんでしたが8plus/7plus版では背面下部のバッテリーパックチェックボタンを『長押し』しないとiPhone7plusへの電力供給が始まらない(iPhone7plusが充電できない)ので電力供給(iPhone7plusの充電)を自分の好きなタイミングで操作できます。

    また装着時実重量は計量しておりませんが実際の使用感としては6s版に比べて軽くかつ充電しながらのiPhone使用(操作)を長期間(※6s版にて10ヶ月ほど)続けていてもiPhnoe6s本体のバッテリーが劣化する気配はいまのところみられませんので8plus/7plus版である本製品も同様であることは十分期待できます。

    ここまで長々となりましたが本製品も6/6s版に続いて大変満足して使用させていただいております。

    ただボタンを『長押し』をしないと本製品からiPhone7plusへの電力供給(iPhone7plusの充電)が始まらないというその使用方法が製品同封の説明書に明記されておらず使用方法が当初は解らなかったことと本製品の端子はmicro usbなのですでに持っているライトニングケープルが使えないことだけ注意が必要です(※本ページの記述通りmicro usbケーブルは本製品に同梱されています)。

    1 人中、1 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中1.0

    ✖︎

    すぐ壊れました。

    27 人中、17 人が「役に立った」と投票しています