• 5点中4.0点

    レザーアクセントの本当の意味は?本革か合皮か型押しだけなのか?

    • レビュアー 順一 東京都

    これに決定するまで回り道をした。
    市販の製品はフィット感がイマイチだったり高価すぎたり、そうじてコストパフォーマンスと造り込みの点で純正ケースのような品質のものは
    見当たらなかった。
    OtterBoxは頑丈が売りなのでデザイン面では若干鈍臭い印象だが、アップル専売のこの製品はなかなかの様子。
    レザーかフェルトかで悩んだが手触りはレザーが良いだろうと判断し決定。
    カラーバリエーションが貧弱なのが難点か...

    実際に届いて装着してみての印象。

    1、レザーアクセントの部分がどう考えても本革には感じられない。本革とも合皮とも異なる触感。コーティングが分厚い本革か?
    製品を見ると確かに異素材が貼り付けられているのがわかるのだが、隙間が無いため新品状態では分かりかねる。使い込んで判明するかもしれないが、商品説明には「レザーアクセント」と書いてあるのみで本革とは書いてないところが気になる。届いた商品の箱にはレザーの表記すらなかったことを明記しておく。

    2、抜群のフィット感とXRのカラーが活かせる背面デザイン。ボタンも押しやすさを損なっていない。
    透明部分は若干傷がつきやすいように感じた。この部分は背面からほんの少し浮いていて衝撃を逃す設計のよう。
    市販品でも背面がガラスで浮かせる設計のものが多かったが、カメラ部分の切り欠きから埃が侵入し放題の甘い設計のものがあったが、こちらは問題ない。

    総論:アップル純正ケースが好みで、かつXRにそれが用意されなかった事を残念に思っている方にはお勧めできる。少々高いが市販品で満足できずに回り道をすることは避けられ、結果的には散財も避けられると思われる。

    7 人中、7 人が「役に立った」と投票しています