• 5点中5.0点

    コンパクトにできています

    • レビュアー Yasuhiro California

     旧型の85W電源にこのコンバータを付けてRetinaモデルに充電・給電しています。

     これがあると、旧MacBookAir用電源(45W)からMacBookPro Retinaモデルに充電できるか?という疑問があるかと思います。つまり、こんな感じですね。

    MBA 45W電源→コンバータ→MacBookPro Retina

    保証外ですが、Retinaモデルへの充電は可能です。ただし、通常Retinaモデルを充電するためには85W電源で12V,5Aの電力が送られますが、45W電源では12V,2A程度の電力が送られ、Retinaモデルへの充電を始めます。定電圧電源として動きますので、時間はかかりますが、Retinaモデルの充電ができます。

     が、問題は45W電源の放熱です。プラスチック自体がかなり熱くなり(手で触れないほど)、下手をすると内部のコンデンサがダメになる可能性が高く(破裂,最悪、発火する?)、完全にお勧めできません。電源アダプタの材質が熱伝導率の小さいプラスチックでできているのが問題なのですが、絶縁物でもあるので安全を考えると、どうしようもないですね。

     充電時は5Aも流れますので、接点は綿棒などでたまに掃除しておくことをお勧めします。思ったよりきれいになります。

    80 人中、72 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中5.0点

    上の方への補足ですが。。。。

    • レビュアー Yuna 神奈川県

    MagSafeコネクタは上位互換ありますので、MagSafeの規格より小さなワット数のマシンは、充電可能です。
    例えばAirであれば45W以外に、60Wでも85Wでも大丈夫です。
    MagSafe2でも同じとのこと。
    プロジェクトチーム内で新旧Macが混在しているので保険として所持しています。。。

    80 人中、70 人が「役に立った」と投票しています