• 5点中4.0

    製品としては良いが、写真Appが…

    遂に純正SDカードカメラリーダーがiPhoneにも対応したので購入しました。
    これまではWi-Fi内蔵のSDカード(Eye-fi)やWi-Fiカードリーダー(WiDrawer)を使用していましたが、読み込み速度やカメラ・リーダーのバッテリーを気にせず通信も塞がらないなど多くのメリットを享受出来ています。購入して3カ月経ち毎日持ち運びしていますが不具合はありません。
    但し、写真App側に細かい部分で改善の余地が多々あります。
    ・まず、カードのサムネイルの読み込みは必ず古い順から読み込まれる点。サムネイル表示前でもチェックマークが入っていない写真を読み込んで後で消せば良いのですが、出来れば読み込みを新しい順が古い順から選択できるようにしてくれば有り難いです。
    ・最新の写真は毎回下までスクロールする必要がある点。ここは設定でカスタマイズ出来るといいと思います。
    ・サムネールの写真を選択したときにその写真を一時的に読み込み拡大表示してくれるとうれしいです。
    ・読み込み完了のたびにカード内の写真を消すか聞いてくる点。これはSDカードを上書きや繰り返し使用せず保管する人間にとってはとても怖いです。
    どうやら、SDカードのデータを端末に読み込んだ後は毎回消去することを前提にして作られているような気がしてなりません。自分はRAWを扱うのでSDカードそのもの(現像前RAW+JPG)とNAS(現像後RAW+JPG)、iCloud(共有用に現像・書き出ししたJPEGだけ)の3箇所にデータをバックアップしていますが、データ管理の方法は人それぞれですので、ある程度の自由度を持たせられるようにしてくれるとありがたいと思いました。

  • 5点中2.0

    UHSスピードクラスがどこまで対応しているかわからない

    UHSスピードクラスがどこまで対応しているかわからない。
    iPadPRO10.5インチ以上のモデルがUSB3.0の転送速度に対応しているとことで、SDカードにもどういったSDカード規格に対応しているか、明記して頂きたいです。
    APPLE製ハードだけでなくAPPLE製アクセサリーの製品ページ(現状ストアでに簡易的な製品説明しかない)も作って頂きたいです。

    3 人中、2 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中4.0

    ワイヤードの安心感とスピード

    イマドキのデジイチやデジカメはWiFiやBluetoothでiPhoneとワイヤレス接続して画像を取り込むことが出来ますが、やはりワイヤードの安心感とその読み込みスピードには代えがたいものがあります。
    ワイヤレスでは大量の画像データをiPhoneに取り込むのに時間がかかり過ぎますし、デジカメの機種により様々なお作法があって意外に煩雑になりがちです。
    LightningSDカードカメラリーダーならば、そのままiPhoneのLightning端子に差し込むだけで「あ」という間にカメラロールに読み込み保存、また読み込み後SDカードの画像データも瞬時に削除出来て大変便利です。

    10 人中、10 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中5.0

    Twwiterへの投稿が楽になりました。

    iPhone7、iOs10.0.2で使用しています。デジカメで撮影した写真をTwwiterに投稿する際に、MacBookで読み込み加工してからアップしていましたが、フォルダ管理など写真の管理が煩わしくて、この製品を購入しました。jpeg画像が問題なく読み込めますし、大変楽になりました。製品名はSDカードリーダーとありますが、SDXCカードも問題なく使えてます。

    EOS Kiss X7iで撮影し、カードリーダーにSDカードを差し込むと写真アプリが起動し、すぐにiPhone7に読み込めます。あとは、編集ツールでチョチョイと加工し、共有からTewiterに投稿するだけで、作業が大変楽になりました。Twwiterでデジカメの写真を投稿する人にはとても便利な製品だと思います。

    価格も3200円(税抜き)とそれほど高く無いので、星5つにしました。

    15 人中、14 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中4.0

    iPad Proにおすすめ

    旧製品と比べるとケーブルが太くなり、断線する恐れが少なくなりました。
    コネクタ部も若干太くなり、製品自体が全体的に長くなっています。
    iPad Proでの読み込みは非常に早く、iPad Proで使用するならば買い換える価値はあると思います。

    44 人中、39 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中2.0

    RAWには完全には対応しているとは言えません

    SDカードを入れれば写真アプリが自動で起動し取り込み画面になるし便利です。
    JPEGファイルは問題なく転送されるのでいいのですが、
    RAWファイルはファイルは一応転送されるし画像も表示されるのですが、
    その画像をMacと同期してMac上でExif情報を見てみたら
    画像サイズが1616x1080、カメラ情報、レンズ情報、共に無し、となってしまいました。
    (SONYのRX100,α7S,α7RⅡで検証したので他社のRAWファイルではわかりません)
    同一画像をMacで取り込めばきちんと表示されるのでまだ完全にはRAW対応とは言えないと思います。

    表示がおかしいファイルを一旦MacのFinderに書き出して
    それを再度写真アプリに取り込めばきちんと表示されるようになるので
    iOS側が修正されればいいのかもしれません。
    しかし結局この製品の1番の『売り』であろうiOS端末にRAWファイルを直接取り込める、という点が
    その後にMacなりPCなりでの作業が必要ならば
    初めからそちらに取り込んだ方が面倒がありませんよね。

    JPEGファイルに関してはこう言ったことは起こらず
    今の所問題なく使えておりますので『RAW撮影をしない方』にはオススメです。

    94 人中、85 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中4.0

    一眼の画像を取り込むわずらわしさがなくなった

    今まではパソコンを介しての写真の取り込みが面倒でせっかく一眼で撮影した画像をSNSで使用できずにいました。この製品を購入してから簡単にiPhoneへ移動させることが可能になり写真を撮る意欲も湧きます。しかし、iPhoneからSDへの移動が不可能なのは残念。iCloud使えってことですかね。あと、読み込みする画像を選ぶ際に画像が拡大できない仕様なので本当に移動させたい画像なのか判断しづらいのが難点です。

    223 人中、217 人が「役に立った」と投票しています