• 5点中2.0点

    待望のワイヤレスだったが・・・

    • レビュアー Yasuhiro 兵庫県

    結論から言いますと、キーボードが反っています。左右端前部が数ミリ反り上がっています。タイピング時にがたつくほどではないのですが・・・こんなもんでしょうか。待望のキーボードだっただけに残念です。

    55 人中、43 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中2.0点

    Magic Keyboard(テンキー付き)- 英語(US)

    • レビュアー Yuichi 東京都

    Pros
    - テンキーを使う際は便利。(ただそこまで頻度が高くない)
    - カーソルキーはフルサイズなので良い。
    - バタフライキーボードと感触が同じ。

    Cons
    - 時間が立つ(2ヶ月くらい)とまさかの反り。これが何よりもひどい…不良品なのだろうか。それも結構沿ってガタガタ。物理的な力を加えて戻してる状態。Webのレビュー記事でも同様の指摘あり。
    - 横幅が想像以上に長い
    。カーソル・テンキー部はトラックパッドと同じくらいの横幅。キーボードのポジションから右手をマウスに持っていくまでに相当の距離があるのと、iMacに対して設置すると、キーボードの通常サイズ部分をディスプレイのセンターに持ってくるため、マウスの位置が必然的に遠くなる。
    - カーソルキーが通常サイズと異なり外に出ているので、ミスタッチがかなり多くなる。右下の「shift:↑、command:←、option:↓、control:→」と割り当ててみたが、やはり想定通りの感触にはならない。
    - fnキーも通常サイズと異なり外に出ており、左下のcontrol,option,commandの位置とサイズが異なる(一番左下がfnではなくcontrol)ので慣れが必要。サイズの異なりを最大限活かした設計にしているのかと思うが、Macbook系を併用する方も多い中、サイズによってユーザビリティが異なるのは果たしていかがなものだろうか。

    36 人中、32 人が「役に立った」と投票しています

  • 5点中2.0点

    特に気になった、前モデル(USB接続)との差異

    • レビュアー 大地 東京都

    ●左下に「caps rock」キーが付き、「option」「command」キーの横幅が変更されました。
    慣れの問題もあると思いますが、頻用する「option」「command」キーが縮小変更されたことに、現在のところ合理性を感じていません。

    ●上部ファンクションキーの縦幅が、文字キーと同じになりました。
    悪い意味で、違う機能群同士が馴染みました。
    多くのキーボードで、ファンクションキー群は縦幅を短くし、他のキー群と違う機能群であると、直感的に分かるようになっています。
    キーの縦幅が同じものも稀にありますが、ファンクションキー群から下方向に、次のキーまでスペースを取るなど、やはり配慮がされていることが殆どです。
    情報の差別化ができていないことは、機能美の劣化と考えます。
    「直感的な操作」を叶えるための美しさ、すなわちAPPLEの初期哲学部分での劣化は、残念でした。

    ●左右にあったUSBポートが無くなりました。
    私は、前モデルにUSBレシーバーを差し、ワイヤレスマウスを使用していました。
    ワイヤレス化によってMacのUSBポートの空きを期待していましたが、叶いませんでした。
    (Macの、前モデルのUSBが挿さっていた箇所に、USBレシーバーが挿さった)
    単純な確認不足でしたが、急いで買い替える場合など、注意した方が良いと思いました。

    以上です。
    キーストロークがかなり浅くなったことなど、慣れのみの問題は割愛しました。

    19 人中、18 人が「役に立った」と投票しています