はじめに

GarageBand とマイクさえあれば、Podcast用のコンテンツは簡単に作成できますが、放送業界のプロのような視点で録音を行うと、人々が繰り返し何度も聴きたくなるような番組を制作できます。

取り上げるトピック、ゲストのインタビュー、番組の長さなどについて、あらかじめ決めておくことが、プロ顔負けの番組を制作する秘訣です。Podcasting は完全な“生放送”とは違い、納得のいくまで気になる部分を何度でも修正できる柔軟性を備えています。

ほとんどの人はラジオ番組を聴いたことがあり、ある一定の法則に従って作り出された放送を聞くことに慣れています。Podcasting には、決まりきった枠にとらわれない独自の楽しみがありますが、初めての番組を制作する前に、基本を押さえることは決して無駄になりません。番組の構成を考えるうえで役に立つ、いくつかのポイントを紹介します。

Podcast を作成するときのポイント

  • 番組の長さは20〜30分。
  • 各トピックの長さは5〜8分以内とし、テンポ良く進行する。
  • トークが単調にならないようにゲストを招き、番組のペースと流れに変化を持たせる。
  • トピックとトピックの間に、ジングルと呼ぶ音楽や効果音など、インタールードを流す。合間に挿入するこれらの区切りはバンパーやスイーパとも呼ばれ、リスナーが聴いたばかりの内容を消化するためのワンクッションとなる。

Podcast を作成するときのサンプルガイドライン

  1. 番組のイントロとなるモノローグ(自己紹介、これから話すトピックなどについて)30〜60秒
  2. 番組のはじめに流すジングル(番組のトレードマークになるように、毎回同じジングルを使用する)30〜60秒
  3. トピック1 5分
  4. トピック2 5分
  5. インタールード(音楽/効果音など)30秒
  6. トピック3 5分
  7. トピック4 5分
  8. 番組を締めくくることば(リスナーやゲストへの感謝、次の番組の予告などを手短に)2分
  9. 番組の終わりに流すジングル(はじめに流すジングルと同じ点に留意)2分

いざ録音

GarageBand を使ってPodcastを録音する場合、楽器やボーカルの生演奏を録音、編集、ミキシングする時と同じように、いくつかの基本的な手順に分けて行うことができます。

  1. Macintosh にお気に入りのオーディオインターフェイスとマイクを接続します。ほとんどの機種で装備している内蔵マイクを使用することもできます。
  2. プリセットからお気に入りのボーカル設定を使ってリアル音源トラックを作成します。あるいは、オリジナルのリアル音源トラックを作成しても構いません。(ヒント:ゲートやコンプレッションを調節して、話していないときの雑音を取り除いたり、自分の声の聞こえ方を均質化できます。またボーカルトランスフォーマを使えば、ボーカルトラックだけを変化させ、おもしろい効果を与えられます。)
  3. オーディオインターフェイスや GarageBand のゲインを調節して、音声の録音レベルを設定します。事前にマイクの位置を変えてみて、自分の声が最も明瞭に聞こえる場所を見つけておくとよいでしょう。お使いのMacintoshに、ヘッドフォンやオーディオインターフェイスを直接つなぐと、最良の録音品質が得られます。
  4. AIFF、MP3、AACフォーマットの音楽や(保護されたAACファイルは対象外)、 GarageBand のApple Loops を使って BGM を追加します。GarageBand の Apple Loops などの音楽素材を活用すれば、BGMを柔軟に作成できます。GarageBand の Jam Pack なら、数千にものぼるプロ仕様のループが収録されているので、パンチのきいた本格的なPodcastを作成できます。プロが作る放送番組の多くは、番組の始めや終わりにジングルと呼ぶ音楽のイントロが挿入されています。Apple Loops を使えば、Podcast用に著作権フリーの自分だけのジングルを制作できます。また.Macメンバーなら、FreePlay Music の素晴らしいコレクションを是非チェックしてください。
  5. 録音を始める前に定位置にマイクを置きます。もしミスをしてももう一度録音ができますし、編集して直す事もできるという事をお忘れなく。
  6. 録音した番組の編集とミキシングを行います。
  7. iTunesに書き出して、AAC フォーマットに変換します。
  8. オーディオファイルを Blogger などのブログサービスにエンクロージャとしてアップロードします。詳細は、 http://www.blogger.com をご覧ください。
  9. Podcast を iTunes ユーザと共有するには、ブログで RSS(Really Simple Syndication)ファイルを作成します。 FeedBurner といった RSS フィードプロバイダを使えば、ブログからRSSファイルを容易に作成できます。 詳細は、 http://www.feedburner.comをご覧ください。あるいは、自分で RSS ファイルを作成することも可能です。その場合、自作の Podcast を iTunes で公開するのであれば、 iTunes Extended Podcast RSS 仕様(英語)をご覧ください。Podcast のRSSファイルを、iTunes の Podcast Directory 向けに最適化するための、さまざまな役立つ情報を提供しています。
  10. RSSファイルを作成したら、世界中の人に Podcast を聴いてもらうための準備が整いました。あなたの Podcast がより多くの人の目に留まるように、iTunes Music Storeで公開しましょう。Podcast を公開するには、iTunes を起動して、ソースリストから「ミュージックストア」を選択します。ミュージックストア のトップページで「Podcasts」をクリックし、「Submit Podcasts」をクリックした後に必要事項を入力します。

次のエピソードに取りかかりましょう!

Podcast をより魅力的に

Podcast をチャプタごとに編集して、リスナーがあなたの話しを聴きながら見ることができる写真やWebリンクを用意しましょう。チャプタを使えば、トピックと関連した写真や、より詳しい情報を提供するWebリンクを表示できるので、もっとインタラクティブな Podcast を作成できます。リスナーは、iTunesウインドウのアートワークパネルやiPodのカラーディスプレイで、写真やWebリンクを閲覧できます。

アップルは、Podcast のエピソードにチャプタマーカー、写真、Webリンクを挿入できる Chapter Toolというコマンドラインアプリケーションを提供しています。


重要: 他社の Web サイトや製品についての情報を提供しています。これらの情報は、情報提供のみの目的で提供されるものであり、Apple Computer 社がその情報を推奨したり是認するものではありません。Apple は、他社の Web サイト上の情報や製品の選択、性能、または使用に関して責任を負いません。Apple はこれらの情報をユーザの利便性のためにのみ提供します。他社の Web サイト上の情報については、Apple はテストを行っていませんし、正確性や信頼性に関する言及は行いません。インターネット上にある情報や製品を使用することは危険が伴いますが、Apple はこの点において責任を負いません。他社のサイトは、Apple とは別個の会社の管理するものであり、他社の Web サイトの内容に関しては、Apple が管理できないことをご理解ください。詳しくは各ベンダー(英語の情報です)にお問い合わせください。