あなたのすべてのデバイスでiCloudを設定したら、あとはすべてが自動です。

まず、あなたのiPhone、iPad、iPod touch、MacでiCloudを
使えるようにしておきましょう。あとは、ほんの数ステップで、
あなたのWindowsパソコンでもiCloudを設定できます。

ステップ1

iCloudコントロールパネルをダウンロードします。

WindowsパソコンでiCloudを有効にするには、あなたのほかのデバイスでiCloudを設定してから、Windows用iCloudコントロールパネルをインストールしてください(Windows 7またはWindows 8が必要です)。

今すぐダウンロード

ステップ2

iCloudをオンにします。

iCloudコントロールパネルを開き、iCloudアカウントの作成に使用したApple IDを入力してください。次に、有効にしたいiCloudサービスを選択して「適用」をクリックします。

ステップ3

自動ダウンロードを有効にします。

音楽、アプリケーション、本の自動ダウンロードを有効にするには、iTunesを開いて「編集」「環境設定」「Store」の順に選択し、「ミュージック」「App」「ブック」を選びます*。

*自動ダウンロードと購入済みのアイテムのダウンロードには、iOS 4.3.3以降を搭載したiPhone 3Gs以降、iPod touch(第3世代以降)、iPad、iPad mini、iOS 5以降を搭載したiPhone 4(CDMAモデル)、iTunes 10.3.1以降を搭載したMacまたはWindowsパソコンが必要です。以前に購入したアイテムでも、現在iTunes Store、App Store、iBooksで提供されていないものは利用できない場合があります。購入済みの映画のダウンロードには、iTunes 10.6以降、iOS 5以降、またはApple TVソフトウェア4.3以降が必要です。映画によっては、以前に購入したものを他のデバイスにダウンロードできない場合があります。iTunesを無料でダウンロード

iCloudを利用するには、iOS 5以降を搭載したiPhone 3Gs以降、iPod touch(第3世代以降)、iPad、iPad mini、OS X Lion v10.7.5以降を搭載したMac、Windows 7またはWindows 8を搭載したWindowsパソコン(Eメール、連絡先、カレンダーへのアクセスにはOutlook 2007以降、または最新のブラウザ)が必要です。一部の機能にはiOS 7とOS X Mavericksが必要です。一部の機能にはWi-Fi接続が必要です。国によっては一部の機能を利用できない場合があります。一部のサービスへのアクセスは最大10台のデバイスに制限されます。