Power Macintosh 8500/120

Power Macintosh 8500/120

Border Line  Power Macintosh 8500/120は、新しいPower Macintoshアーキテクチャを採用し、高度なマルチメディア性能を備えた、拡張性の高いコンピュータです。自社内出版、メディアオーサリング、技術分野のアプリケーションなどの目的に使用するため、高性能で拡張性があり、さまざまなメディアを簡単に扱うことのできるコンピュータを必要とする方に最適な製品です。

 放送映像に迫る高品質の内蔵ビデオ入出力機能、高解像度のグラフィックス(最大1,280×1,024ピクセル)やCDと同程度の高品質ステレオサウンドなどで、クオリティの高いマルチメディアデータが作成でき、コンピュータの新しい用途を発見できます。例えば、画面の4分の1のサイズ(320×240ピクセル)でリアルタイムでのビデオ取り込みをサポートしています。この機能とアップル社のQuickTimeソフトウェアを組み合わせることにより、メディアオーサリングはこれまでになく簡単になります。

 3基のPeripheral Component Interconnect(PCI)スロットを装備していますので、さまざまな用途の高性能な拡張カードを利用することができます。PCIは業界標準の高速データ入出力バスの規格で、ビデオ圧縮、ビデオ制作、高速ネットワークなど、さまざまな用途のためのPCIカードを利用できます。

 120MHzで動作するPowerPC 604マイクロプロセッサは、より高速のマイクロプロセッサにアップグレードすることができますので、(アップグレードの開始時期、価格、方法等は未定です。)将来の拡張性を持ち、使用することが可能です。

 Power Macintosh 8500システムは、Power Macintosh用に最適化されたパワーアプリケーションだけでなく、ほとんどの既存のMacintosh用アプリケーションが使用できます。

 Power Macintosh 8500/120は、極めて複雑なメディアオーサリング処理もこなすことのできる高水準の性能を持つ、拡張性に優れたMacintoshです。


この製品の特徴

処理能力/速度

  • 120MHzのPowerPC 604マイクロプロセッサを搭載
  • 浮動小数点演算ユニットを搭載
  • 32KBキャッシュメモリを搭載
  • 256KB二次キャッシュメモリを搭載
  • より高速なマイクロプロセッサにアップグレード可能(アップグレードの開始時期、価格、方法等は未定です。)
メモリ
  • 16MBのRAMを標準実装、512MBまで拡張可能
内蔵デバイス
  • 2GBの内蔵ハードディスクドライブを標準実装
  • AppleCD 600i4倍速CD-ROMドライブを標準実装
モニタ
  • オンボード上に2MBのVRAMを装備、最大4MBまで拡張可能
  • 最大1,280×1,024ピクセルの解像度で表示可能
通信/マルチメディア機能
  • GeoPortとLocalTalkに対応した高速シリアルポート
  • 16ビットステレオサウンド入出力
  • 4倍速のCD-ROMドライブを内蔵
  • 24ビットコンポジットおよびSビデオ入出力
  • QuickTime Conferencing(ビデオ会議)ソフトウェア付属
  • QuickDraw 3Dソフトウェア付属
拡張性
  • 周辺機器接続用ポート17基
  • PCI拡張スロット3基
  • オンボードEthernet機能
    (10Base-TおよびAAUI)
  • 追加の内蔵記憶装置用拡張ベイ
互換性
  • Open Transportネットワークソフトウェア
    (TCP/IPおよびAppleTalk)
漢字Talk 7.5システムソフトウエア
  • アプリケーション間に統一ある操作性を提供
  • 作業環境に合わせてMacintoshが簡単にカスタマイズ可能
  • Appleガイドで新しい機能を効果的に習得可能
  • PC ExchangeによりMS-DOSとMicrosoft-Windowsのディスクを直接読み書きすることが可能
  • AppleScriptによりMacintoshアプリケーションの内部および相互間でスクリプトの記述が可能
  • QuickTimeの採用によりビデオとサウンドがテキストやグラフィックスと同感覚で処理可能
  • TrueTypeフォントにより画面上と出力時に高品質な文字を表現


このシリーズに共通な特徴

機能性

  • 簡単にセットアップでき、やさしく覚えやすい操作環境を実現
継承性
  • 従来のMacintoshアプリケーションが実行可能
  • Macintosh、Microsoft-Windows、MS-DOS、OS/2のフロッピーディスクフォーマットに対応(640KB、720KB、1.44MB)*1
通信機能
  • GeoPortとLocalTalkに対応したシリアルポート
  • 16ビットステレオオーディオ入出力
  • AppleTalkネットワーク機能を内蔵
  • Ethernetネットワーク機能を内蔵
  • バックグラウンドファイル共有機能
    *1: 640KBは読み書きのみで、フォーマットはできません。


製品構成

Power Macintosh 8500/120 16MB/HD2000/CD

  • Power Macintosh 8500/120パーソナルコンピュータ
    (RAMを16MB実装、ビデオRAMを2MB実装、1.4MB Apple SuperDriveと2GBハードディスクドライブ、AppleCD 600i 4倍速CD-ROMドライブをそれぞれ1台ずつ内蔵。漢字Talk 7.5.2を内蔵ハードディスクにインストール済)
  • Apple Desktop BusマウスII
  • Apple PlainTalkマイクロフォン
  • 電源ケーブル
  • 漢字Talk 7.5.2 CD-ROM
  • Avid VideoShop 3.0Jソフトウェア
  • マニュアル一式
  • サービス保証書
注意1:別売りの漢字Talk 7.5アップグレードキット、Macintosh System 7.5および漢字Talkニューユーザキットは、当製品に対応していません。
注意2:当機対応GeoPortテレコムアダプタは今秋発売予定
(M1694J/AおよびM3127J/A GeoPortテレコムアダプタは対応していません)


技術仕様

システム条件

  • Macintosh 漢字Talk 7.5.2(専用)
マイクロプロセッサ
  • PowerPC 604 RISC(クロック120 MHz)
  • 浮動小数点演算ユニットと32KBキャッシュを搭載
  • 256KB二次キャッシュメモリを搭載
  • マイクロプロセッサアップグレード可能
    (アップグレードの開始時期、価格、方法等は未定です。)
  • 高速システムバス採用(最高50 MHz)
メモリ
  • 16MBのRAMを標準実装
  • RAMを512MBまで拡張可能*1
    (8DIMMソケット)
  • 168ピン、64bitの70ns以上の高速DRAM DIMMを使用(ペア使用時はメモリインタリーブ機能によりさらに高速化)
  • 4MBのROMを実装
    *1:DRAMキットは、正規販売代理店またはサービス実施店による設置が必要です。
ディスクドライブ
  • 1.4MBの高密度フロッピーディスクドライブApple SuperDriveを1台内蔵(Macintosh、Microsoft-Windows、MS-DOS、およびOS/2のディスクの読み書きとイニシャライズが可能)
  • 2GBのハードディスクドライブを1台内蔵
  • 4倍速のAppleCD 600i CD-ROMドライブを内蔵
  • 別売りの3.5"記憶装置を内蔵可能
24bitフルカラービデオ入力
  • 640×480ピクセル(NTSC)、768×576ピクセル(PAL, SECAM)までのリアルタイム表示
  • 最高320×240ピクセル、25フレーム/秒でのビデオ取り込み(NTSC)
  • 最大640×480ピクセルのビデオ取り込み
    (NTSC)
24bitフルカラービデオ出力
  • NTSCとPALをサポート
  • コンボリューション機能により、いかなる色数においても画面のチラつきを防止
モニタ
  • アップル社製12" 以上のモニタに対応
    (下表を参照)
  • VGA、SVGAを含む他社製モニタをサポート
    (別途適切なビデオケーブルが必要です) >
    アップル社製モニタのサイズ 2MB VRAM 4MB VRAM*
    640×480 1670万色 1670万色
    832×624 1670万色 1670万色
    1,024×768 32,768色 1670万色
    1,152×870 32,768色 1670万色
    1,280×1,024256色 32,768色
    * VRAM 2MBを増設し、4MB VRAMにした場合
ビデオRAM(VRAM)
  • オンボード上に2MBのVRAMを標準実装、4MBまで拡張可能(モニタ、ビデオ両方同時出力には4MB必要)
  • 64ビットデータバス
  • 最大75Hzのリフレッシュレート
インタフェース
  • PCI拡張カード用内部拡張スロット×3
    —PCI 2.0仕様に準拠したカードが接続可能
    (注意:本製品の内部拡張スロットはPCIスロットのみで、NuBusスロットは装備していません。)
  • Apple Desktop Bus(ADB)ポート×1
    (キーボード、マウス、その他のADB装置が3台までデイジーチェーン方式で接続可能)
  • 10Base-TおよびAAUI-15 Ethernetコネクタ
    (どちらか片方選択により使用可能)
  • LocalTalkとGeoPortに対応したDMAシリアル(RS-232/RS-422)ポート×2
  • 2チャネル高速非同期SCSIインタフェース:
    外部チャネルで最大6台までSCSI機器が接続可能(転送速度5MB/秒)、内部チャネルではハードディスクアレイ(転送速度10MB/秒)をサポート
  • ステレオライン入出力用ピンジャック
  • ステレオ入出力用ミニジャック
  • すべてのサウンド入出力ポートは、16ビットステレオ、44.1 kHzサンプリングレートをサポート
  • DB-15ビデオポートによるモニタサポート
  • コンポジットビデオ入出力用ピンジャック
  • Sビデオ入出力端子
  • ビデオ圧縮/伸長カード等用内部デジタルオーディオ/ビデオ(DAV)コネクタ
キーボード(別売り)とマウス
  • Apple Desktop Bus仕様の全キーボードに対応
  • Apple Desktop Bus マウスII
クロック/カレンダ
  • CMOSカスタムチップ
    (リチウム電池で長期間動作)
障害者用ツール
  • システムソフトウェアとしてイージーアクセスをCD-ROMに内蔵。加えてサードパーティによるオプションによって、視聴覚に障害をもたれている方々の入出力作業を支援します
ADB消費電力条件
  • 全ADB機器で500 mAを消費
    (デイジーチェーン方式でADB仕様の外部装置が3台まで接続可能)
  • マウスの消費電力  :10 mA
  • キーボードの消費電力:25〜80 mA
    (使用するキーボードモデルによる)
電力条件
  • 電源電圧  :AC100〜240 V、RMS自動設定
  • 周波数   :50〜60 Hz、単相
  • 最大消費電力:225 W
    (モニタの消費電力は含みません)
動作環境
  • 動作時温度 :10℃〜40℃
  • 保管時温度 :−40℃〜47℃
  • 相対温度  :5%〜95%(結露しないこと)
  • 動作最大高度:3,048 m
寸法/重量
  • 高さ :356 mm
  • 幅  :196 mm
  • 奥行き:400 mm
  • 重量 :12.7 kg


ホーム > 製品データシート