“センサーおよび使用状況データ”とプライバシー

“センサーおよび使用状況データ”はあなたの個人情報を保護するように設計され、どの情報を共有するかを選択できるようになっています。

iOSおよびwatchOSデバイス上のセンサーまたはそれらのデバイスにペアリングされているセンサーとのエンゲージメント、およびデバイスおよびソフトウェアとのやり取りに関する特定の情報を研究調査と共有することを選択できます。この“センサーおよび使用状況データ”には、これらのAppがほかの目的では使用できない情報ソースが含まれている場合があります。

“センサーおよび使用状況データ”は、情報の共有を承認したあとにのみ調査と共有されます。この情報は、登録することを選択した研究調査でのみ利用できます。Appleは、研究調査Appと調査が“センサーおよび使用状況データ”へのアクセスを要求する前に、次のような特定の要件を満たしていることを要求します:

• 研究調査Appは主に、健康とウェルネス研究を行うために設計されている必要があります。

• 研究調査Appデベロッパは、データ収集またはアクセス対象の研究調査に対して承認するデータ収集、使用、共有(“センサーおよび使用状況データ”のみを使用する場合を含めます)に関する一定の制限に同意する必要があります。

• 各調査は、研究倫理委員会によって審査される必要があります。

データの種類

センサーデータは、光センサー、加速度計、ジャイロスコープなどのiOSおよびwatchOSセンサー、または研究調査の一環として使用する可能性があるその他のデバイスから取得されます。これには、iOS、watchOS、またはペアリングされているその他のセンサーから取得される指標や予測が含まれる場合があります。例えば、顔の位置や声の特徴を高精度に測定します。これらの情報には、オーディオのRAWデータまたは写真は含まれません。

使用状況データは、iOSとwatchOSのデバイスとソフトウェアをどのように使用して操作するかに関する情報です。例えば、キーボードの使用状況、送信するメッセージの数、送受信する通話の数、使用するAppのカテゴリ、アクセスするWebサイトのカテゴリ、いつApple Watchを装着するかなどの情報が含まれます。

特定の“センサーおよび使用状況データ”の場合、研究調査Appで利用できる情報は、ほかのAppで利用できるデータよりも詳細度と解像度が高い場合があります。

データの共有と保存

“センサーおよび使用状況データ”は、モーション、読み上げ、歩数計、メッセージなどのカテゴリにグループ化されており、参加する各研究調査と共有するカテゴリを制御できます。登録時に、“センサーおよび使用状況データ”へのアクセスを要求する研究調査Appから、データを共有したいかどうかをカテゴリごとに確認されます。“センサーおよび使用状況データ”を共有しているAppと調査、および共有しているデータのカテゴリは、“設定”>“プライバシー”>“リサーチセンサーおよび使用状況データ”でいつでも見ることができます。

“センサーおよび使用状況データ”は、あなたの同意を得て、研究調査の一環としてwatchOSまたはiOSデバイスで収集されます。データは、承認された調査とデータが共有される前の約1日間、iOSデバイスに保存されます。この期間中は、データを削除することができ、どの調査とも共有されません。“センサーおよび使用状況データ”は、iOSデバイスにも7日間保存されます。7日後、iOSデバイスから削除され、あとで承認する調査と共有されることはありません。

“設定”>“プライバシー”>“リサーチセンサーおよび使用状況データ”に移動することで、いつでも“センサーおよび使用状況データ”の共有を停止できます。“センサーおよび使用状況データ”の研究調査との共有を停止することを選択した場合、それ以降のデータは調査と共有されません。ただし、その調査からは以前に共有したデータに引き続きアクセスできます。すでに共有されている“センサーおよび使用状況データ”を削除または共有解除することはできません。研究調査とのデータの共有を停止するか、研究調査Appを削除しても、調査からは離脱されない場合があります。調査から離脱したい場合は、その調査の同意書に記載されている指示に従ってください。