Appleの広告とプライバシー

Appleが提供する広告は、ユーザのプライバシーを尊重しながら、App、製品、サービスを見つけるお手伝いをします。Appleの広告プラットフォームは個人情報を保護するように設計されており、Appleがどのように個人情報を使うかをユーザが決定できます。Appleの広告プラットフォームは、個人データを他社と共有しません。

Appleの広告プラットフォームによって配信される広告は、App Store、Apple News、“株価”、Apple TV Appに表示される場合があります。Appleの広告プラットフォームはあなたを追跡しません。つまり、Apple製Appから収集されたユーザやデバイスのデータを、他社製Appから収集されたユーザやデバイスのデータと組み合わせて、ターゲティング広告または広告測定のために使用しません。また、ユーザやデバイスのデータをデータブローカーと共有しません。

コンテクスト情報

広告を提供するために、以下のコンテクスト情報が使用される場合があります:

  • デバイスの情報: キーボードの言語設定、デバイスのタイプ、OSのバージョン、携帯電話通信業者、接続のタイプ。
  • デバイスの場所: 位置情報サービスがオンになっていて、App Store App、Apple News App、またはApple TV Appに位置情報へのアクセスを許可した場合は、地理的に関連のある広告を提供するためにおおよその位置情報が使用される場合があります。Appleの広告プラットフォームでは、あなたの位置情報からプロファイルが構築されることはなく、Appに正確な位置情報へのアクセスを許可した場合でも、あなたの正確な位置情報が使用または保存されることはありません。この設定にアクセスするには、“設定”>“プライバシーとセキュリティ”>“位置情報サービス”に移動します。
  • App Store: 検索を行ったときのクエリー、および閲覧するページについての情報が、関連性のある広告を提供するために使用される場合があります。
  • Apple Newsと“株価”: 閲覧する記事の種類が、適切な広告を選択するために使用される場合があります。

セグメント

Appleは、App Store、Apple News、および“株価”でパーソナライズされた広告を配信するためにセグメントを作成します。セグメントは、似たような特徴を持つユーザのグループです。あなたの情報は、割り当てるセグメントおよび配信する広告を決定するために使用される場合があります。プライバシーを保護するため、パーソナライズされた広告は5,000人以上のユーザが広告主によって選択されたターゲット基準に該当する場合のみ配信されます。

セグメントに割り当てるために、以下のような情報が使用される場合があります:

  • アカウントの情報: Apple IDアカウントに登録された名前、住所、年齢、性別、デバイス。Apple ID登録ページの名前(名)やApple IDアカウントの敬称などの情報は、性別を推測するために使用される場合があります。アカウント情報は、Apple IDのWebサイトでアップデートできます。
  • ダウンロードまたは購入した項目とサブスクリプション: ダウンロードした音楽、映画、ブック、テレビ番組、Appと、App内の課金およびサブスクリプション。App Storeから特定のAppをダウンロードしたことや、App Storeからの特定のApp内での課金(サブスクリプションを含む)に基づくターゲティングは、そのAppのデベロッパによるものでない限り許可されません。
  • Apple Newsと“株価”: 閲覧した記事のトピックやカテゴリのほか、フォロー、登録、または通知するように設定している出版物。
  • 広告: Appleの広告プラットフォームによって配信された広告に対する操作。

対象となる複数の広告から表示する広告を選択するときは、上記のいくつかの情報に加え、App Storeの検索と閲覧アクティビティも使用して、ユーザに最も関連性が高いと考えられる広告を決定します。App Storeの閲覧アクティビティには、App Storeの閲覧中にタップして表示したコンテンツおよびAppが含まれます。この情報は複数のユーザから集約されるので、個人は特定されません。よく使用されるAppなどの、デバイスに保存された情報を使用してどの広告を表示するか選択するために、デバイス上のローカル処理を使用する場合があります。

Appleの広告プラットフォームは、Apple IDに関連付けられていないランダムな識別子に対してタップして表示される広告に関する情報を受け取ります。

Appleは、個人データを他社と共有しません。Appleは、広告主、およびAppleと連携しながらAppleの製品およびサービスを提供したり、Appleのマーケティングに協力したり、Appleの代わりに広告を販売したりする戦略的パートナーに、個人を特定しないデータを提供します。Apple Payの取引やヘルスケアAppのデータは、Appleの広告プラットフォームによってアクセスされたり広告目的に使用されたりすることはありません。Appleは、あなたの性的指向、宗教的信条、または支持政党に関する情報には関知せず、広告主にも提供しません。

広告の環境設定

この広告について
特定の広告がApp Store、Apple News、または“株価”に表示された理由を知るには、“広告”ボタンをタップします。セグメントと、どの広告をあなたが受信するか決定するために使用された人口統計情報などのその他の情報が表示されます。

広告ターゲティングの情報
Appleの広告プラットフォームでターゲット広告の配信に使用される可能性のある情報(あなたが属しているセグメントなど)を確認する方法について。

この情報をiOSまたはiPadOSデバイスで確認するには、“設定”>“プライバシーとセキュリティ”>“Appleの広告”に移動し、“広告ターゲティングの情報を表示”をタップします。Macでは、“システム設定”>“プライバシーとセキュリティ”>“プライバシー”に移動し、“Appleの広告”をクリックしてから、“広告ターゲティングの情報を表示”をクリックします。

ご自分に関する情報が不正確と思われる場合は、Apple IDアカウントの情報を更新することができます。

位置情報に基づいた広告
App Store、Apple News、またはApple TV Appに位置情報へのアクセスを許可した場合、Appleの広告プラットフォームは、地理的にターゲットされた広告を表示するためにデバイスのおおよその現在地を使用することがあります。

広告などの位置情報に基づくAppの機能を使用しないように選択することができます。iOSまたはiPadOSデバイスでは、“設定”>“プライバシーとセキュリティ”>“位置情報サービス”の順にタップしてから、位置情報サービスをオフにするか、App Store、Apple News、またはApple TV Appのアクセスを“許可しない”に設定します。Macでは、“システム設定”>“プライバシーとセキュリティ”>“プライバシー”に移動し、“位置情報サービス”をクリックして、“位置情報サービスを有効にする”の選択を解除するか、NewsまたはTVの位置情報へのアクセス許可をオフにします。tvOSでは、“設定”>“一般”>“プライバシー”>“位置情報サービス”に移動し、“位置情報サービス”をオフにするか、Apple TV Appのアクセスを“なし”に設定します。

お使いのデバイスで“位置情報サービス”をオフにしている場合、Appleの広告プラットフォームは位置に基づく情報を受信しません。

パーソナライズされた広告
“パーソナライズされた広告”をオンにした場合、Appleの広告プラットフォームは、App Store、Apple News、“株価”でより関連性の高い広告を提供するために、あなたの個人情報を使用する場合があります。“パーソナライズされた広告”をオフにすると、Appleはあなたの個人情報を広告のパーソナライズに使用しなくなります。これにより、受信する広告の数が減るとは限りませんが、広告があなたと関連性の低いものになる可能性があります。

iOSまたはiPadOSデバイスでパーソナライズされた広告をオフにするには、“設定”>“プライバシーとセキュリティ”>“Appleの広告”に移動し、“パーソナライズされた広告”をタップしてオフにします。Macでは、“システム設定”>“プライバシーとセキュリティ”>“プライバシー”に移動し、“Appleの広告”をクリックしてから、“パーソナライズされた広告”を選択解除します。未成年である、管理対象アカウントを所有している、またはAppleがAppに広告を表示しない場所にいる場合、“パーソナライズされた広告”オプションは使用できない場合があります。

不正行為およびその他の悪意のある活動の防止

広告内の不正行為とその他の悪意のある活動を識別するために、Appleの広告プラットフォームは、App Storeでの検索、表示やタップした広告、広告から購入してダウンロードしたAppに関する情報を使用する場合があります。この情報は、Apple IDに関連付けられていないランダムな識別子に対して収集されます。

Appleが収集する情報は、いかなる場合においても、Appleのプライバシーポリシー(www.apple.com/jp/privacy を参照)に従って取り扱われます。

公開日:2022 年 12 月 12 日